あいとポッポパーティー

あいをさぐりながら、友人に発信。
あいとへいわのあいは、解せなかったけれど注目のテーマ。

いろんな食欲

2018-05-20 20:52:28 | お子との暮らし


もうすぐ4カ月児は、吸う力が弱いのではと1カ月健診のやや後で小児科に指摘されていた。4カ月を目前に控え、哺乳瓶の乳首を新しくして差し上げたところ、吸えなかった。

母乳実感の新生児用SSと1カ月〜のSを併用してきたが、3カ月〜のMを使ってみた。するとむせるようにしながら、口の端からダバダバミルクをこぼす。あまりに不憫なので、途中でSに変えたところ、なぜかこっちまでうまく吸えなくなる始末。しかしややあって、なんとか飲みきってはいた。

これには驚いた。吸う力が弱いと言われてはいたものの、本当であったかと目の当たりにした思い。

母乳マッサージに頑張って通っているが、乳腺の開通がイマイチ進まないと指摘された。これも吸う力の弱さゆえかもしれない、と思った。

驚いたのには、3歳児が乳児だったころの印象が強いせいもあるかもしれない。
ミルクを飲んだ後に吐き出すことはあっても、飲む最中にこぼすことはほとんどなかった。
ミルクの入った哺乳瓶を前にすると、ハァハァと息が荒くなったし、冷ます時間も待てず怒り出す始末だった。
哺乳瓶に手を添えたのも早く、確か3カ月ごろには自分で持ち出していた。軽い哺乳瓶なら3〜4カ月ごろには一人で持っていたと思う。

当時は母乳への期待からミルクを絞った反動からかなとも思ったが、恐らく生来の食欲からのように思う。

もうすぐ4カ月の彼女は、今後どうなっていくのやら。ひとまず哺乳瓶の乳首は様子を見ていろいろ試しつつ、吸う力を何とか鍛えたいとも思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再再健診へ

2018-03-08 14:43:51 | お子との暮らし
1カ月健診で体重が少ないと言われて再健診となったうちのかわいい新生児改めアカンボは、ミルクを増やして再健診に臨んだものの、再び健診を指示されてしまった。なかなかガックリ。

1カ月健診の際は、確かに体重増加は乏しかった。出生日から500g足らず。ただし生理的体重減少による最低体重からは500gは超えていた。

再健診までの1週間余では、日に25gは増えていた。が、総体としてまだ取り戻せていないからと、再健診となったのだ。

いや、そんな急にブクブク増やせないよと思いながらも、日に25g増えててもダメなのかと思いながらも、助産師の指示なので従うしかないのだ。プロの指摘なので。

再々健診となる次回、まだ体重増加に不安が残る場合は医師に診てもらい、小児科を紹介されるかもとのこと。

授乳方法を教えてもらうが、人によって違ったりもする。あまり落ち込まないように、ミルクをぼちぼち増やしつつ、アカンボの様子をみてゆこうと思う。

しかし驚くのは、1カ月健診の際、確かに体重は少なかったが、身長は5センチ伸びていたことだ。
こんなに伸びて体重があまり増えていないのなら、痩せっぽちになってしまうなーとは思う。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

おかげさまで1ヶ月

2018-02-26 17:11:54 | お子との暮らし

先日、アカンボとともに1ヶ月健診に行ってきた。

私は良好。子宮もほぼ元通りだそうで、今日から風呂、運動、性生活もどうぞとのことだった。
とにかくうれしいのは風呂!おふろ!古民家(というほどいいものでもない)的なわが家の風呂は冬は冬なりにしっかり寒いので、このひと月のシャワー生活は非常につらかった。

お子の方は経過観察となり、来週も病院に行くことになってしまった。理由は体重が十分に増えていなかったこと。母乳量が不十分にもかかわらず、ミルクをあまり与えなかったためだ。

第一子は十分に母乳が出ず、ミルク多めの混合だった。今回はわりと早めに母乳対策もし、前回からの遺産もあったためか、母乳量は比較的増えたように実感している。ゴクゴク飲んでいるし、特にこの数日はアカンボは飲んだらすぐ寝てくれていた。

が、足りてなかった…。ミルクを増やして1週間後に出直してこいというやつだ。

でもまあしょうがないよねと思う。
一人目のときと違うのは、母乳を出したいと強く念じつつも、こだわりすぎないようにしようと思えることだ。再健診はややショックではあるけど、たぶん一人目だったらもっとつらかったろうな。
お医者さんも助産師さんも、少ないけど出てはいるよね、と言ってくれたのも救いだった。

母乳ライフは本当に悩むし迷う。しかし子の哺乳力が付かないのも困るので、きちんと(ほどほどに)ミルクを足して、来週の再健診に臨もう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おもらし頻発

2018-02-25 15:24:10 | お子との暮らし


このところ、3歳児のおもらしがなかなか手強い。3歳の誕生日を前後してパンツ生活に突入したが、最近とみにトイレをいやがり、ダバダバともらしがち。

怒ってはいけないと思いつつも、がっくりしてしまう。

夜はまだおむつだが、朝目覚めてから、そのまま布団の中で最後のおしっことばかりにジャバーとし、そしてもらす。

昨日は昼間、「おしっこ」と言うのでトイレに誘うと、「あ、違う違う」と撤回。しぶとくトイレに誘い、絶対出ないね、パンツを濡らしたらおむつ履いてもらうよ、と迫るも、トイレ拒否。そして少しその場から離れて戻ると、見事にカーペットにもらし、新生児の布おむつを取り出して自分で拭いていた。

このときばかりは、「さっきあれほど言ったでしょ!もうおむつにしなさい!」ときつく迫ってしまった。本人はおむつは強く拒否し、泣きはしないがすねさせてしまった。すぐにお調子者に戻ってはいたが。

冬だから寒いトイレには行きたくないのか、新生児が産まれたことによる何らかの心の変化なのか。

ひとまず子ども用のミニ便座を久しぶりに復活させた。そこに張り付いているアンパンマン便座シートをだしに、しばらくは甘くトイレに誘いたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〆鯖かどうか

2018-02-23 21:18:56 | お子との暮らし
産後1ヶ月を目前に相方が発熱した。風邪なのか、前夜の〆鯖が当たったのかは不明。

私は1ヶ月健診を受けるまでは外出を控えなければならないのだが、緊急事態だ。3歳児の保育園の迎えに久しぶりに出かけた。担任の先生は、〆鯖による食中毒の恐怖を教えてくれた。

相方の育休中は、私は料理しないと宣言していたが、頓挫してしまった。残念。彼が復活したら再び料理しない人になろう。

今夜は私シャワー、新生児ベビーバス、3歳児湯船の三様風呂。食事や授乳や片付けや3歳児の諸要求に応じるなど、夕方以降はなかなか激しい時間であった。
よくやった私。と言いつつ、3歳児の寝かしつけはいつものように相方が担ってくれた。

世のワンオペ育児の親たちはすごすぎるなあと、しみじみ痛感する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子関係の証明は認知

2018-02-20 17:08:07 | お子との暮らし


出産前に遡るが、第一子と同様、第二子も腹にいる間に父(相方)と役所で胎児認知を行った。

事実婚ゆえ、父と子の親子関係を示すには認知が必要となる。胎児のうちにやっておけば、出生届に父の名を載せられる。

姓は胎、名は児。認知するのは相方で、私はそれを承諾する立場。

役所の窓口で、旦那様、奥様と呼ばれたのに少し違和感を覚えた。今回の手続きは子にとっての父母という身分が問われるのみで、夫婦かどうかは明らかにしてないんだけどな。ま、別にいいんだけども。

出産後、相方が育休を取得するにあたり、ハローワークに親子関係を示す書類の提出を求められた。具体的には指定されなかったが、戸籍謄本があたるだろう。

てことで謄本を取り寄せると、きちんと子どもの名前が入り、認知した事実が記載されていた。

そして当地は市長選で法定得票率に満たなかったための再選挙を待つ段階にあり、市長不在ゆえに副市長名で発行されていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二人目はあっという間(後)

2018-02-19 12:32:00 | お子との暮らし

続き。
分娩台へよぼよぼと移動する。

前回よりかなーーーり早い進行。猛烈にうれしい。分娩台では前回2時間踏ん張ったが、今回は絶対早く産んでやる!と気合を入れる。世の中には3いきみくらいで出した人もいるらしいし。

順番は忘れたけど、導尿し(これが結構痛かった)、剃毛し、子宮口は全開、破水も完了。今回は会陰切開せず。いきみたくなったらどうぞ、と言われる。先生(医師)もやってきて、さーいよいよ。

前回散々言われたのは、いきむ直前は深呼吸、いきむときは声を出さない、目は開ける、ということ。これが初めはなかなかできず、長引かせた要因でもあったと思う。
しかし今回はやったる!

と言いつつ、3いきみは無理であった。

まあ忘れたけど、時に胎児を酸素不足にしつつ、手足がしびれるので大丈夫かと助産師さんに聞くも「問題ない」とピシャリと言われ、飲み物を口に運んでもらい、寒いと訴え、で、いきんだりなんちゃらし、最後はまたまた吸引に。

この吸引の器具をつけるのがとても痛かった。お股をギュイーンと広げる感覚がよくわかり、頭にくっつけてんのかなと想像できた。前はこんなふうに感じた記憶はないのだが。

で、さーいきんでーー。
ズッポン!という感覚を味わいたかったけど、そういうのはなく、やや体が楽になり、どうやら出たらしいとわかった。
しばし空けてアカンボの泣き声。私、やりました!と一人歓喜する。

お次は胎盤を出す。
前回は助産師さんにぎゅぎゅぎゅーと押されたのだが、とても痛かった。その記憶があったのでドキドキしていた。
今回は先生がぎゅぎゅぎゅと押してきた。やはり痛くて、思わず「いてててーー」と声が出る。そして「分娩耐えた人が何言ってんだ」的なことを言われるも、「だって痛いから…」としか言いようがなかった。
会陰は少し切れたらしく、縫ってもらう。これも少しチクリと痛む。あといろいろやっていたが、あまり記憶にない。

胎盤を出す痛みはそれ自体はあまり感じないが、とにかく腹を押されるのが痛い。思えば出産後に気が抜けているところにくるので、必要以上に声が出てしまうのかも。

吸引分娩になったのは、最後にアカンボの呼吸が少しつらくなったからだそうな。へその緒のねじれが強かったともいうが、それが原因がどうかはよくわからない。

分娩台でしばしまったり。子宮の収縮が悪く、やや出血が多いらしい。ということを聞くとちょっとドキドキするが、その後の経過は順調だった。

その間に相方から電話があったようで、分娩台で寝っ転がりながら電話。無事の出産を報告する。長男を保育園に送り終えた相方は、その後病院に顔を出す。が、前の出産時と同様またカメラを忘れてきた。

フラフラしながら分娩台を降り、また隣の和室で一休み。相方が来たらアカンボを連れてきてもらい、おっぱいをあげてみたり(というフリ。まだほとんど出ないので)、撮影会をしたりした。

午後に病室に移る。夕方、相方と長男、相方の母がやってくる。アカンボの誕生を楽しみにしていた長男は、おそるおそるアカンボに手を出していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二人目はあっという間(前)

2018-02-18 21:27:00 | お子との暮らし

3年ぶりの更新ー

1月に第二子を出産した。
1人目と全く同じように、予定日より8日早かった。早くお腹の子に会いたかったし、それなりの覚悟をしていたので、ビンゴーという感じであった。

前と違ったのは、出産にかかる時間が短かかったこと。
前は前駆陣痛をまる1日体験し、翌日未明に入院、その日の午後に出産となった。分娩時間は16時間33分。

今回は前駆なしのいきなりの本陣痛。未明に入院、その日の朝には産まれた。7時間であった。

記録的な大雪となった1月のさる日、上の子は保育園を休ませ、一緒に庭の雪かきをした。騒動はその夜から始まった。

妊娠中は前回と違ってほとんど便秘もなく、毎日快調だったにもかかわらず、この日は不調。なんとなく気持ちが悪いし、もういつ出産となるかもわからないので、産科でもらった下剤を夕方飲んだ。

その夜23時ごろ、腹が痛い。これはお通じの予兆か…? あまり痛がるので、相方は陣痛を疑うが、私は便通の前兆だと主張する。が、出ない。

仕方がないので就寝モードへ。0時過ぎに布団に入ると、腹はどんどん痛くなる。
これはお通じじゃない!陣痛だ!とすぐに確信する。トイレのハライタとはレベルの違う、あの痛み。ちょっと懐かしい。

痛みの間隔はいきなり10分ごと。経産婦は15分間隔の陣痛が来たら入院、と教わっていたのに、予兆なしに来てしまったのか。

陣痛アプリとにらめっこしながら、これはもう行くタイミングなのだろうかと、病院に電話する。2時半ごろ。すると「来てください」とのこと。つい、「前駆陣痛もなく、陣痛が始まって間もないのですが」と言うも、それはよくあることとあっさり返され、ですよね〜となった。

相方に見送られ、陣痛110番登録してあったタクシーで病院に向かった。3時過ぎに病院に着き、入院となる。子宮口は3センチほど開いているとのこと。

分娩室に近い2階の個室は4つ全て埋まっていたため、ひとまず1階の相部屋に入る。そのまま陣痛乗り越えグッズを持ち、分娩室隣の小さな和室へ。分娩台で1時間ほど検査等々した後、この和室で一人陣痛と向き合う。

分娩台は3年前からリニューアルされていた。前回の分娩台は固く、それによって尾てい骨の痛みを悪化させたように思うが、今回はフカフカで腰付近によくフィットする。これはありがたかった。

前回は入院から分娩まで16時間以上かかった。その間担当してくださった助産師さんの支えが、今回も大いに生きた。落ち着いて寄り添ってくれ、一緒に呼吸を促してくれた。思い返すと無我夢中の前回だったが、今回は当時の記憶をしっかり活かすことができた。

和室に移り、一人陣痛とたたかう。一人目のときは相方が付き添い、腰をさするなどしてくれた。今回は孤独なたたかいだが、たたかい方がわかっている。むやみに叫び転げていた前回とは違う。リズムよく大きく呼吸して、痛みを散らすのだ。

とはいえ痛い。2人目の妊娠が発覚した瞬間は、なぜか3人持つのもいいかもなあなんて思ったが、このときはもう無理だと思った。陣痛ってこんなにつらかったんだーと、ようやく身を持って思い出した。

助産師さんが顔を出す。子宮口はまだ全開ならず。「いきみたくなった?」と聞かれたが、そういえばまだ達してないなと気付く。

10分ごとだった痛みが、6時を過ぎて5分置きになる。陣痛アプリはとても便利。前回は手書きで、相方に記録してもらったものだ。

助産師さんを呼ぶタイミングがよくわならない。どれくらい耐えたらいいんだろう…。前回の教訓は、そう簡単には産まれないということではあるが。

しかしいよいよ痛みが強く、忘れていた「いきみたい」感覚が出てきた。「これよこれー」と思い、ナースコール。そして分娩台へ。

ちなみに陣痛乗り越えグッズとして持参したおいしいクッキーには手を付けず、ウィダーinゼリーは少し飲んだ。100均で買ったペットボトルに装着するストローは大いに役立った。

続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祖父の思い出

2015-03-14 01:06:29 | 日記

2月末に母方の祖父が亡くなった。
3年前の同じころに祖母が亡くなり、父方の祖父母はとうになく、私にとってのおじいちゃん・おばあちゃんは皆いなくなってしまった。

葬儀に参加するに当たり、大いに迷ったがうちの赤子も連れて行くことにした。このことについてはまた別途。
そして大いに迷ったが、通夜から火葬場まで全て参加した。結果的に、とてもよかった。

祖父は94歳だった。
7人きょうだいであること、渥美生まれであること、名古屋の呉服屋に奉公に出ていたことなど、知らないことだらけだった。映画やおしゃれを楽しんでいたが、「軍国主義の足音の中で」(と告別式で司会が表現していた)、それも叶わなくなってしまったようだ。

戦争で南方に送られた。このことは、よくバナナを焼いて食べたのだと聞いていた。
私は大学の課題を口実に聞き取りをしていたので、さらに少しだけ深く聞いたことがあった。でもほとんど忘れてしまったのが惜しい。ラバウルにも立ち寄ったと話していたのは覚えている。
戦争については、あまり多くを語り残していないようだ。
そう言えば祖父が近年施設に入り、お見舞いに行った際、戦争のことを少し聞いたことがある。バナナを焼いて食べたんだよねと聞いたら、そうだったと答えてくれた。それ以上を聞こうとしたら、忘れちゃったと話していた。すでに記憶が曖昧だったので、そのせいなのか何なのかはわからない。
まだ大学の課題は印字したものが残っているだろうか。久しぶりに読みたくなった。

告別式で、孫の思い出として姉がまとめたものが読み上げられた。
とろろ芋を作ったこと、ウズラを育て上げたこと…。
暮らしの一コマとして、あまりにすっと刷り込まれていることが、姉が文章にしてくれたことで大事な思い出に変わったような気がする。不思議なものだ。
とろろは自然薯が手に入ると、すり鉢にだしとともに入れてよく擦り合わせた。そうしたときは我々孫たちも手伝いに訪ね、一家で夕食をともにしたものだった。

母ももういない。でも母のきょうだいたち、私のおじおばたちが私たちを、かわいがってくれる。
さびしいけど、残された者同士の惹かれ合いも強くなってゆくのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BCGでもらい泣き

2015-03-10 10:00:30 | お子との暮らし

5カ月児、人生で4回目の予防接種を受ける。
今回は4種混合とBCG。ともに定期接種なので、会計なし。

最近は4本接種が続いていたので、今回は2本だけだから少し安心していたら、BCGはあの針の多さに加え、2回もぺったんするのであった。薬を塗り、その上からぺったん…て、これほど恐ろしいものとは知らんかった!

ぺったんというより、ぎゅううーと押し付けるもので、5カ月児はギャーギャー泣き。私も衝撃を受け、ほんの少しもらい泣きをしてしまった。
はっと我に返り、自分になんでやねんとツッコミを入れ、持ちこたえるのであった。

その後、薬が乾くまでの15分、処置室で待機。
5カ月児の腕をつかんでじっと待つ間、とにかく泣き叫び続ける。頭の汗、鼻の汗、鼻水、よだれと、顔中くちゃくちゃで私の腕もじっとり。
タンポポを歌ったり、沖縄を返せを歌ったり。さすがに病院の中なので、沖縄~はやや小声で。
それでも5カ月児は泣き止みませんでした。


ところで、小児保健法制定を目指す動きがあることを、院内のポスターで知った。詳しくはちとよくわからないが、全ての予防接種無料化はすばらしい。
ただ、すこーしぐぐりてみたところ、人によっては消費税に財源を求める論もあるようで、それでは歪んだ社会保障のままだ。
しかしまずは、子どもの権利条約を守る、という精神には大いに賛同するのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加