想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

コンニャク

2019-01-05 21:35:13 | 日記
今日の副菜として、糸コンニャクを使いました。

私が子供の頃は、コンニャクと言えば、黒っぽい板コンニャクでした。
母は、食べやすく、しかも、味が沁み込みやすいようにと、
薄く切り目を入れたり、手綱コンニャクや突きコンニャクにしてくれていましたが、
私にとって、コンニャクは、あまり好きな食べ物とはいえませんでした。
噛んでから飲み込むまでがたいへんだったことが、蘇ります。

結婚すると、主人が、コンニャクをそれなりに食べることがわかり、
いろいろと使うことが増えていきました。

板コンニャクですと、やはり、味が沁み込みやすいように、
スプーンで一口大にちぎったり、薄く切り目を入れたり、
手綱コンニャクにしたり…。
おでんですと、三角に切ったり、結びコンニャクを入れたり、
また、糸コンニャクは、お鍋物や炒め物、煮物にも使って…。

とにかく、コンニャクは、今や我が家の買い置き食材となっています。

そして今日、副菜として作ったのが、炒め物。
豚の細切れを油でさっと炒めたところに、
糸コンニャクを食べやすい長さに切って入れ、
シメジやエノキ、ホウレンソウも入れて、更に炒めます。
たらこを半腹分とラカントSを小匙3分の1、少々のお醤油で味付け。
最後に溶き卵を入れて仕上げます。

糸コンニャクに、いろいろな具材を足しましたが、
今日のメイン料理が、鮭をロースターで焼いたもの。
ちょっと小振りの鮭でしたので、副菜にお肉を使いました。

今日の副菜について、主人の感想は、
「とても美味しかったよ。」とのこと。
良かったです。

最近は寒い日が多いこともあって、鍋物をすることが多いのですが、
鍋物ではない日には、基本的には副菜を作っています。
副菜のメニューを考えるのが、楽しみにもなっています…が、
結果的には、いつも似たような副菜になっているので、
主人には、申し訳なく思っています。
ごめんなさいね、あなた。

近いうちに、新しいメニューを考えて、作ってみますね。


 今日の富士山は、雲に隠れていました。


 八ヶ岳も、やはり、雲に隠れていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 下コース | トップ | 感謝しています。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事