想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

コメントをいただき、改めて…

2017-08-09 21:50:45 | 日記
今日、私のブログにコメントをつけてくださった方がありました。
実際には、昨日のことだったのですが、
申し訳ないことに、気付いたのは今日だったのです。

そのコメントは、私が5年ほど前に書いたブログに対してだったのです。
そんなに以前のブログに対してだったことは、ちょっと驚きでした。
でも、そのブログに対しては、
2年近く前にも、おふたりの違う方から、コメントをいただいたことがあったのです。

その時のブログのタイトルは『師の恩

半世紀…以上も前、まだ小学生だった私の心に深く沁みこんだ歌。
そして、今でも時々口ずさむ歌。
それが『師の恩』なのです。

ブログを書いた5年前にはコメントはなかったのですが、
それから3年を過ぎた頃に2度と、5年を過ぎた今回、
しかも、コメントをいただいた方は、どなたも広島県のご出身とのこと。

広島県では歌われていたということになるのでしょうけれど、
他の都道府県では、歌われていなかったのでしょうか。
因みに、お隣りの県、鳥取県出身の主人は、この歌を知りませんでした。

今の人が聞けば「昔の歌」という感じがすると思いますが、
この歌の意味を考えながら聞けば…、あるいは、意味を考えながら歌えば…、
とてもいい歌であることに気付いてもらえるのではないかしら…と思います。

私は、歌詞には書き表されていないけれども、
この歌の向こうに、大きく深い愛を感じ、それが、両親にダブってくる時があります。

文を読むこと、物を書くこと、その他にも教えてもらったことは山ほどあって、
それが無償の愛であったことを、
この歌を口ずさむたびに、心に強く深く感じます。
その「愛」に、私が育てられたことを誇りに思い、心から感謝したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おもてなしの準備 | トップ | 来年のために »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事