想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

感謝しています。

2019-01-06 21:27:05 | 日記
今日の夕食後、リビングのソファで横になってしまいました。
片付けも終わらないうちに…です。

食後に、主人が、「顔に表情がないけれど、大丈夫?」と
心配そうに尋ねてくれました。
「大丈夫よ。」と言ったものの、
「じゃあ、少しだけ…。」と横になり、
そのまま、気を失うかのように、寝てしまったのです。

約10分ほどで自然に目が覚めて、それ以後は、ほぼ普通と同じ気分です。

朝食後には、ほぼ毎日、震えるほどの寒さがありますが、
寝るほどのことは、ほとんどありません。

私のこうした症状が出ると、主人には心配をかけるだけではなく、
いろいろと手伝ってもらったり、気遣ってもらうことになります。

今日のような場合でも、寝る場所の確保や食器類の片付けなどの他、
夜には、毎晩、私の背中(厳密には背骨の両側)をさすってくれます。
血流が良くないらしく、身体が温まりにくく、背中が硬くなってしまいます。
さすってもらうことで眠れるのです。

更に、私が、夜中に目覚めてしまって眠れない時などでも、
それに気付くと、私が眠れるまで、背中をさすってくれるのです。
主人が寝られないことを気にする私に、
「あなたが眠ったら、僕も寝るから、心配しなくていいよ。」と
言ってくれるのです。

私って、主人のお陰で生きているわ…。

決して大袈裟ではなく、そう思っています。
そして、当然のことながら、とても感謝しています。

いつも、本当にありがとう、あなた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« コンニャク | トップ | まさに…それ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (瀬崎)
2019-01-06 21:30:52
人間は、一人では生きられませんからね。直接的、間接的に必ず誰かのお世話になっています。
すばらしいご主人ですね。きっと一番大切に思われているのでしょう。
Unknown (瀬崎様)
2019-01-07 09:08:54
コメントをいただきまして、ありがとうございます。

人は、多くの人に支えられて生きているということを、
ずっと実感しながら生きてきましたが、改めて、それを感じながら過ごしています。

すばらしいご主人…と言っていただいて、嬉しく思います。ありがとうございます。

その主人のために…、そして、まわりの人のためにも、
何かお役に立てる自分になれるよう、これからを過ごしたいと思っています。

ありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事