想いのままに…

日々の生活の中で感じたことを、想いのままに綴りたいと思います。

漢字の勉強

2018-08-05 22:10:57 | 日記
年齢と共に、手紙などの書き物を、手書きですることが少なくなりました。
それでも、手書きすることが、全くなくなったわけでもありません。
そんな時に困るのが、漢字をすぐに思い出せないことです。

日頃は、パソコンを使いますので、平仮名を入力すると漢字が出てきますから、
その中からの選択に困ることは、ほとんどありません。
だからといって、今のままでは、認知症に一直線かもしれません。

そこで、今日から、漢字の勉強を始めました。
思い出すための勉強という方がいいかもしれません。

昨年もしていたのですが、いつの頃からか止めてしまっていたのです。
それは、たとえば『糸編』の字を書き出す…というもの。

私の場合は、常用漢字の他、それ以外で、よく目にする漢字も含めて、
思い出せる漢字を書き出した後、漢字の辞典で答え合わせをし、
間違えていた漢字や思い出せなかった漢字を、正しく覚えるのです。

それを、適当な時間を置きながら繰り返すことで、
まず、漢字を正しく覚えること、覚え直すことができます。
何よりも、思い出そうとすることで、脳への刺激を促せることになります。

事実、何度か書くうちに、書ける漢字数が多くなっていくのです。

若かった頃には、漢字検定を受けるために勉強をしたことがありましたが、
書くことが少なくなり、パソコンの便利さに助けられることもあって、
漢字を書く…ということを意識しなくなっていました。

でも、それは、頭を使わない部分が多くなっているということになります。
つまり、認知症になる可能性が高くなっているのでしょう。

今日、私が漢字の勉強を始めましたが、
実は、数日前から、主人は始めていたのです。
因みに、主人のそれは、私とは違って、もっとたくさんの漢字を覚えているのです。
主人も、以前していましたので、再開ということになります。
そんな主人の影響を受けて、私もがんばることにしました。

そうそう、あまり熱が入ると、私の場合、鼻血が出てしまうことがあり、
今日も、いきなり、鼻血が流れ出てしまいました。
ほどほどに…、がんばります。


 朝の空。
 こんな空も、いいなと思って、写真を撮りました。
コメント