MEDINT(医療通訳研究会)便り+

医療通訳だけでなく、広く在住外国人のコミュニケーション支援について考えていきます。

第35回びわ湖国際医療フォーラムです!

2017-05-30 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
季節は変わり初夏になりました。
49日も終わり、ぼちぼち日常に戻りつつあります。

お待たせしました。
ブログを再開します。

まだ、読んだり書いたりがしんどい部分もありますが、
1月以降にもいろんな場所にでかけていたので
それについても少しづつ報告するつもりです。

まずは、7月8日(土)に近づいてきた
第35回びわ湖国際医療フォーラムについてのお知らせです。
(ちらしはMEDINTのHPの他団体関連にアップしています。)

今回、当番世話人をさせていただくことになりました。
ですので、できれば外国人医療、支援関連の演題が
たくさんでてくれればうれしいなと思っています。
演題は6月11日まで受け付けています。

詳細はびわ湖国際医療フォーラムのHPをご覧ください。
皆さんのご応募お待ちしています。

私も講演デビューはこのフォーラムでした。
そして、外国人支援者に遠い存在だった医師や医療スタッフの人たちと
はじめて対等な立場で議論できたのもこの場所でした。
当時、代表をされていた井田健先生には病院のこと、医療スタッフのことなど
たくさんのことを教えていただきました。

だから、これから外国人医療や医療通訳の研究や活動をはじめたいと思っている人に
是非、この場所からチャレンジしてほしいと思います。
肩書きがなくても、学位がなくても、所属がなくても発表できます。

基調講演にはMICかながわの沢田貴志先生にお越しいただきます。
日本の外国人医療の現在、過去、未来について
広い視野で総括できる方のお一人だと思います。
お忙しい先生に関西でご講演いただくことはずっと念願でもあったので、
この機会にたくさんの方にご参加いただければうれしいです。

コメント

それから

2017-05-08 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
最近では、ひとりの現役社会人がいなくなると
これだけたくさんの手続きが必要なのだということを
痛感する日々を過ごしています。

毎日、夜妹が住んでいた自宅へ行って
お線香をたいて、陰膳を用意して、
書類を捜したり、関係機関に電話をかけたり
支払したり・・・が続いています。

死ぬ前と死んでからの大きな違いは
死ぬ前は少なくとも患者本人がいることだけど
それ以外に、医療者や介護者がまわりにいて、
一緒に考えながらやっていけることのような気がします。
当たり前だけど、死後は本人の意思も確認できないし
医療者のサポートはなくなってしまう。
それまでは、がん相談や地域連携の看護師さんに支えてもらっていたので、
その支えがなくなり、
相談相手がいなくなるというがきつい。

死後は、葬儀、会社、保険、銀行、住宅、クレジットカード・・
すべてがばらばらで、片付けていかなければいけない。
一緒に考えてくれたり、選択肢をくれるような人は
もういないのだと思います。

妹はメモ魔だったので
闘病のメモはすごくたくさん出てきました。
飲んだ薬の名前や量、医療者の言葉、
病気への不安などはたくさん残っています。

GWを過ぎるとたぶん通常の日常がもどってきます。
このままでやっていけるかなあと少し心配です。

友人と話していたら全部終わったのは年末くらいかなといわれ
それくらいかかるのかと覚悟しています。

本来は個人的なことをブログに書くのはよくないんですが、
いろんな方に迷惑をおかけしてきたのは否めません。
ただ、個人的には、身体に気を付けてと言われるよりも
今は任せてと言ってくれる仲間の存在が一番ありがたかったです。
私も通訳者の人が立ち止まっているとき
仕事だからと励ますのでなく、止まる時間も大切であることを
伝えられるようになりたいとおもいます。

雑文ですみません・・・。
コメント