MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

医療通訳の歴史を振り返る

2016-12-26 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
RASCコミュニティ通訳支援センター(Cots)の西村さんと話していたときのこと。
「医療通訳の歴史は大事だよね」という話になりました。
医療通訳学習テキストの中にもちょっとだけ日本の医療通訳の歴史についての標記があります。
そのことについて、今日は書いてみたいと思います。

日本の医療通訳を西暦にたとえると「BC(紀元前)」と「AD(西暦)」がある気がします。
さだかではありませんが、潮目が変わってきたのは2000年くらいかなと感じます。
医療通訳を派遣する団体MICかながわと多文化共生センターきょうとができたのがこの時期です。
このふたつに並べるのは申し訳ないですが、神戸でMEDINTが誕生したのも2002年10月です。
もちろん80年代、90年代にも医療通訳はあったし、
医療通訳をしている通訳者や支援者、家族や友人たちは存在しています。
それを団体としてまとめたり、「一般通訳」と「医療通訳」を区別し始めたのが
ちょうどこの時期かなと思います。
同じ頃、さきほどの西村さんの「言葉のプラクティス」がでています。
これはばらばらだった各地の団体を横軸として繋いだはじめての報告書だと思います。
また、CLAIRが医療通訳テキストを作って配布してくれたのもこの頃です。
その後、それまでは単語としてWikipediaにも掲載されていなかった「医療通訳」ですが、
2007年に連利博先生の「医療通訳入門」が発行されてやっと「医療通訳」という言葉が定着しました。
今はありませんが、パブリックサービス通訳(PSIT)翻訳学会がコミュニティ通訳の団体として
司法、医療、行政通訳の関係者が一緒に議論したのもひとつの流れだったと思います。

それからまだ10年たっていない段階で、
今の流れは本当にすさまじいなあと思いながら眺めています。

今、議論されている医療通訳は
訪日外国人が年間1000万人を超えたあたりから考えられているとか、
メディカルツーリズムを経産省が推奨しはじめてからと思っている人もいるかもしれません。
でも、それよりずっと前から日本の中には医療通訳の系譜があります。

私は人の名前を覚えるのが苦手なので歴女ではありませんが、
ものごとの流れを考えるときには
どのように進んできたかを振り返ることは大切です。
日本の医療通訳はなぜ議論されるようになってきたのか、
どうやって声をあげていったのか、
派遣制度を作るときにどんな問題があって
それをどう克服していったのか、
医療通訳者はその時何を感じていたのか、
医療者は、外国人患者はどう思っているのか。

そうしたことを議論することで
未来が見えてくる気がします。

医療通訳制度が
自分の研究やビジネスの我田引水にならないように。
広い視点を持つことがなによりも大切です。

今年は身体を壊すくらい辛くて、でも充実した1年でした。
バランスをとることの難しさも痛感しました。

今年の反省から、来年はじめは一時的に、
自分の専門の多文化ソーシャルワークの勉強とFP資格更新に
シフトするつもりです。

2016年はいろいろお世話になりました。
よいお年をお迎えください。
コメント (1)

合理的配慮

2016-12-19 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
週末「国際臨床医学会」の第1回学術集会が東京で開催されました。
訪日、メディカルツーリズム、在日外国人と様々なインバウンド医療についての発表と
医療通訳についても公開シンポジウムが開催されました。

今回参加して、以前に書いた「医療通訳の見え方」は
本当に人や立場によって違うのだなあと思いました。

医療通訳がビジネスチャンスに見える人、
医療通訳が新しい研究課題に見える人、
医療通訳がトレンドに見える人、
皆間違ってはいないのだと思います。
というか、私になかった視点なので新鮮でした。

ともあれ、学会は船出したばかりです。
これからの活動に期待したいと思います。

**************************************

国際看護の授業をいくつかの看護系大学で受け持っているのですが、
だいたい「制度・文化」と「コミュニケーション」の2コマ(1.5時間X2)にわけて話します。
医療現場のコミュニケーションを理解してもらうために、
まずはじめに言語を使わないで病状を伝えるワークを行います。

学生は伝えるために悪戦苦闘します。
音声や言語(手話も言語です)がないってなんて不便なんだろうと感じます。
まだ言葉を持たない赤ちゃんや言葉のいらない大恋愛中の恋人との会話以外には
言語が必要であることに気づくことでしょう。

実は絵を描いたり数字を書くことは禁止していないのですが、
なぜかいつもジェスチャーゲームのようになってしまいます。

たとえば「額に手をあてる」ことで熱があることを表現しようとしますが、
これは頭が痛いようにも見えるし、なにかでおでこを打ったようにもみえます。

「37度の熱」を伝えるときになぜか指文字を使います。
さん、なな・・・何の事だかわかりません。

「2週間前、3日前・・」などの時間の経過は
ジェスチャーではお手上げです。

「乾いた咳」も、実際にコンコンやっているのですが
学生によって表現が違うのもなかなか面白いです。

「痰」が伝わらないと困っていた学生もいました。

結局、「マイコプラズマ肺炎」の事例だったのですが、
みんなが聞き取れたのは「風邪」という一般的な症状でした。

医療通訳は患者のためだと思われがちですが、
患者の訴えをちゃんと聞きたい医療者の為ともいえます。

医療通訳を使った誤訳の心配をする人がいますが、
その前に、医療通訳を使わなかった誤診のほうが
より心配ですね。

最近、合理的配慮という言葉をよく聞きます。
障害者権利条約の第2条には以下のようにあります。

「合理的配慮」とは、障害者が他の者と平等にすべての人権及び基本的自由を享有し、
又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、
特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう。

外国人は障がい者ではありません。
でも、私が医療通訳に求めているのはまさにこういうことです。
特別扱いするのではなく、
医療サービスにアクセスする権利を理解してもらうことが、
どうしてこれほど難しいのかということを昨今痛感しています。
コメント

一般社団法人 全国医療通訳者協会(NAMI)設立

2016-12-12 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
12月10日のセミナーには
東京、大阪、愛知の3会場合計で130名以上の方が
集まってくださいました。

具体的な研修ではなく、
医療通訳制度や医療通訳の未来を考える研修会に
果たして人は集まってくれるのかと心配していたのですが、
杞憂(きゆう)でした。

私は自分の活動場所である関西ではなく、
愛知会場を担当しましたが、
先週書いた「医療通訳はひとつではない」を本当に実感しました。
愛知のみなさん、スカイプ音声やPPのずれなど
なれないことが多くてお見苦しい、お聞き苦しいところがあったと思います。
すみませんでした。
会場を貸してくださった愛知県立大学、
お手伝いくださった県大医療分野スペイン語ポルトガル語のかわいいOVたち、
元同僚のYさんありがとう。

また、忙しい中、特に地方では
移住デー関連のイベントやフォローアップ研修などとも重なる中、
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

みなさんにご報告です。

やっと医療通訳者の職能団体
「一般社団法人 全国医療通訳者協会」(愛称 NAMI)が
設立されました。

HPは こちら

なかなかすぐには検索に反映されないので、
検索してくださる方々のために、
とりあえず、このブログで宣伝させてもらいます!
是非、HPをチェックして、できれば「ブックマーク(お気に入り)」してくださいね。

医療通訳者は団体を持たない、
医療通訳者には力がない、
医療通訳者は上手に使ってあげることが大切

と、ずっと言われ続けてきました。
学会などで発言しても、他の偉い先生方の発言にかき消され、
書籍で書いてもなかなか他の人の発言が続かない。
結局、通訳者の意見は少数派になり、
いつも忸怩(じくじ)たる思いをしてきました。

今回やっと専門職としての職能団体がたちあがったことは、
道のりとしては長かったですが、ようやくだと思います。

苦情を言う人はたくさんいます。
でも今回、前段階の準備会として参加していたメンバーは
通訳者として関わり続けながら、他の医療通訳者にも思いをはせることができます。
何よりも「ひとり倒れても、活動は続く」とはっきりといってくれる仲間に
やっと出会えたという思いがします。
また、法人の立ち上げや趣意書の作成、HPの作成など
私にはできなかったことをやれる人たちが集まっています。

これからは、MEDINTとNAMIの2つの団体でバランスをとりながら、
医療通訳の次の未来を一緒に考えていきたいと思います。
コメント

ここから見える景色

2016-12-05 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
医療通訳に関する議論が活発になってきています。

医療通訳者や外国人医療支援者だけでなく、
研究者、病院、政策担当者様々な人たちが
医療通訳に関する議論に参加してきています。

今まで、「医療通訳」という分野すら注目されてこなかったのに
ここ数年の動きは地方にいるとついていけないくらいの速さです。

いろんなレポートや発言を聞いていて
ひとつだけ心にひっかかっていることがあります。
今日はそのことについて書いておきたいと思います。

私も含めて、いろんな人が医療通訳を語りますが、
「医療通訳」はひとつではありません。
極端なことをいうと、
医療通訳はその人が見ているもの、その人から見えるものがすべてであって、
日本各地で起こっている現象を総称しているものではない気がするのです。

だから、東京から医療通訳を見ると
訪日外国人の救急医療が課題になっているし
難民の医療が大きな問題になっています。
南米の人たちの多い地域ではポルトガル語やスペイン語だし、
フィリピン人配偶者の多い地域ではタガログ語の産科・小児科が緊急課題かもしれません。
在日韓国朝鮮の人たちの多い地域では、高齢者医療や認知症ケアの問題が、
中国のメディカルツーリズムの多い地域では不妊治療が人気だったりします。
九州では、メディカルツーリズムで東アジアから来る人たちがいたり、
新潟や北海道ではロシアから来る人たちがいると聞いています。
インドネシアやベトナムの技能実習生が多い地域では
怪我や事故が問題になっているかもしれませんね。
また、感染症や精神疾患は見えにくいですが、どの外国人にもかかわってきます。

とにかく、日本人と同じで
その人の生活スタイルによって、医療は変わっています。
もし、医療通訳を議論するならば、
今自分が立っている位置からだけではなく、
広く日本の中の外国人医療を見ていく必要があります。

東京から見える景色だけで医療通訳の制度を作ってしまうと
地方では使えないものになります。
訪日外国人のブームも今後は落ち着いてくるでしょう。
誰をイメージして、医療通訳制度を作るのか。
この一番根本の問題が共通認識にないような気がします。
ここを徹底的に議論しておかなければいけない。

何度も言いますが、
自己負担でやってくるメディカルツーリズムと公的保険を使う在日外国人医療は別物です。
メディカルツーリズムからのトリックルダウンは起きません。

制度を考えるときに、まず在日外国人医療を充実させて、
その社会資源を訪日、メディカルツーリズムに使うほうが現実的です。

みなさんからは、どんな外国人医療が、医療通訳現場が見えていますか。
それは普遍的なものですか?
それともあなたの周辺だけに見えている景色ですか?
コメント