MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

通訳者を「使う」

2016-07-26 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
日本渡航医学会の学術集会が終わりました。

私は一般演題の中で、外国人模擬患者を使った接遇トレーニングの
プログラムについてご紹介しました。

助産師教育の話だったので、
医師の多い当学会では少し反応が薄かったのが残念でした。
ただ、毎回挑戦的な演題を出し続ける歯科医のT先生のような方もいらっしゃるので、
学際的な様々な演題を排除せず受け入れる学会の自由な雰囲気は貴重です。

その中で座長をしてくださった公立甲賀病院の井田健先生からご質問をいただきました。

質問は私が説明の中で何度も

通訳の「使い方」
通訳を上手に「使う」

と道具のように通訳を「使う」と表現したことに
違和感があるとのことでした。

長年にわたって、医療通訳についてご意見を述べられ、
ご自分の病院でも医療通訳制度を作られた先生だからこその
ご質問であったと思います。

先生は医療通訳者と医師を結び付けてくださった
私にとっては恩人でもあります。

では、私がこの質問にどう答えたかというと、

まず「ああ、こうしたコメントがもらえる時代になった」のだと
しみじみと感じました。

なぜなら、これまで私は
医療通訳者は心を持った専門職であり
外国人医療においてはチームの一員として
重要な役割を担うことができると主張してきたからです。
つまり、「道具ではないぞ!」という認識です。

医療通訳者の役割として
最近では倫理規定や厚生労働省の教科書などでも
明確にいわれていることです。

それと同時に
私は通訳者としての美学みたいなものを持っています。
「通訳者がいないと思うくらい、コミュニケーションが進む」状態が
私にとっては理想なのです。

スペイン語圏は英語圏の人たちとは違い
日本社会に遠慮しながら生きていると感じます。
通訳を使うことで、彼らがいきいきと自分の主張を述べてくれることが私の喜びでもあります。
だから通訳者がしゃしゃりでるのはあまり格好のよいことではない。
そこにいないのではなく、邪魔をしないということです。

でも、日本社会では、
医療通訳者が邪魔をせずにコミュニケーションが進む現場は
まだまだ少ないです。
だから、姿をあらわさざるを得ない場面があるのですが、
それは医療通訳の使い方が医療者に浸透していないからでもあります。
その課題を解決するための接遇トレーニングなので、
私たち通訳者の役割を理解して、
外国人医療のコミュニケーションのイニシアチブを医療者にも持って欲しいというのが
発表の主旨でした。

その場ではうまく回答できなかったのでここで書いてみました。

最後に司馬遼太郎のエッセイの中に「花器」を表現している一文があります。
私はこの花器のような
花を活けてはじめて花も生き己も生きるような通訳者になるのが目標です。

******************************

ちかごろの花器は、自己主張のアクが強すぎるのではないか。
花器は「用」をはなれて存在しない。
花を活けてはじめて花も生き己も生きるというハタラキが「用」の精神というべきものだが、
若い陶芸家にはこれが満足できないらしい。
花を押しのけて自分を主張しようとする。

司馬遼太郎(薔薇の人 「未生」4-11)
******************************







コメント

こころのしこり

2016-07-12 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
バングラデシュで国際協力のために赴任していた
日本人専門家の方々がテロの犠牲となりました。

まだまだ課題が山積みの国。
貴重な志が消えたことは無念でなりません。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

かつて協力隊を受験したとき
私はバングラデシュを希望していました。
募集説明会で見た要請一覧の
バングラデシュ女性プロジェクトが魅力的で、
だから野菜栽培を選んで農業大学校を受験したのです。

農業大学校1年目の年は不合格でした。
面接で「バングラデシュ以外は行きません」といったのも
ひとつの理由かもしれません。
2年目のときも同じことを聞かれて、
今度はさすがにこれ以上浪人することはままならず
「バングラデシュ以外でも・・・・行きますが」と言って
南米のパラグアイで合格通知が届きました。

それから私の南米とのかかわりが始まるのですが、
今ならバングラデシュでの農業指導は南米よりもはるかに
技術的に難しいものだったことは理解できます。

今回のテロも
テロリストとバングラデシュ人は違う。
このことをしっかり理解しておかなければいけないと思います。

************************

ペルー人の相談支援の仕事をしていて、
私の心の中にひとつのしこりがあります。

1991年の今日7月12日におきたワラル事件です。
JICAの農業試験場で3名の専門家の方々が
テロの犠牲になりました。
お1人は直前までパラグアイの農業試験場にいらした方なので
指導を受けたことがありました。

80年代南米はとても危険でした。

でも、私たちは
国際協力で来ているから、
日本人だから、
現地の人たちに溶け込んで同じ生活をしているから、
「大丈夫」だと思いながら活動をしていました。

でも、ペルーでJICA専門家の方々が標的になった。
これはとても衝撃的でした。

帰国して、スペイン語の相談員をはじめたころ、
多くのペルー日系人たちの来日動機が
「安全」であることをひしひしと感じました。
彼らもまた、危険な状況から安全な場所を求めていたのでした。

テロリストとペルー人は違う。
それは頭でわかっています。

でも、心がなかなか受け付けられない。
「なぜ」犠牲にならなければいけなかったのかという
しこりとして残り続けています。

今日も変わらずスペイン語の相談を受け、通訳をしています。
平和な一日であることを祈って。
コメント

第20回日本渡航医学会へのお誘い

2016-07-04 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
今までは医療通訳者の立場で現場について訴えてきましたが、
これからの流れは、医療通訳者がどのように医療専門職の一員として
今の日本の外国人医療を支える側に立つかに移ってきたと感じます。

MEDINTを作ってからずっと取り組んできたことは
医療職者との相互理解をすすめることであり、
どうしたら日本にいる外国人が安心して受診できる
外国人医療環境を実現できるかということです。

日本渡航医学会に参加し
評議員として活動してきたこともその一環です。

今月、第20回日本渡航医学会学術集会が岡山県倉敷市で開催されます。

学会といえば少し敷居が高いかもしれませんが、
普通では聞けない医療の最先端の話が聞けて、
なんといっても医師や看護師の方々や
研究者の方々と同じ視点で議論ができるので
ものすごく勉強になります。

医療通訳者の参加はまだ少ないので、
今回は締め切りましたが、演題の提出や学術誌への投稿にも挑戦してくださいね。

プログラムは こちら

私も今年は一般演題を提出しました。
テーマは「医療通訳者と外国人模擬患者(SP)を活用した助産師養成教育における外国人接遇研修」です。
7月23日(土)一般演題「インバウンド」で発表します。

また、昨年からインバウンド委員会の活動がはじまり
中村先生を座長に在住外国人の医療を考える動きが加速化しています。

シンポジウム1 【インバウンド委員会企画】7月23日(土) 10:45-12:15 第1会場

インバウンド医療の未来像:外国人が安心して受診できる病院に変えよう!
ファシリテーター:中村 安秀(大阪大学大学院人間科学研究科)
         村松 紀子(医療通訳研究会(MEDINT))  

1.外国人が安心して受診できる病院
中村 安秀  大阪大学大学院人間科学研究科

2.異なる文化とことばの間で医療通訳をするということ
森田 直美  東京医科大学 人文科学領域英語教室
       多言語社会リソースかながわ(MICかながわ) 

3.国立大学病院での外国人患者診療と海外医療従事者研修の受入れ
吉川 絵里  大阪大学医学部附属病院 国際医療センター
       大阪大学大学院医学系研究科 国際・未来医療学講座

4.遠隔医療通訳の可能性とめざすもの
澤田 真弓  一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ


会場は倉敷の美観地区にあり、観光もできます。
皆さん、ご参加をお待ちしています。
コメント (4)