MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

あと20年でなくなる仕事

2015-08-31 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
お盆を過ぎると、秋のように涼しい日が続いています。
窓をあけたまま、寒くて朝起きると、少しのどが痛い・・・
体調管理の難しい季節です。
いや、その前に窓を閉めて寝るべきですかね。

先週の金曜日、ストレス解消をかねて甲子園球場で
ヤクルト阪神戦を観戦しました。
阪神先発が藤波でヤクルトは手も足も出ず、
傘(ヤクルトに点がはいると傘を振って東京音頭を踊る)は
一度も開くことなく、逆にストレスをためて帰ってきました(涙)。

先日
「あと20年でなくなる50の仕事」水野操 青春出版社
を読みました。

私の子どものころにあった仕事、
例えば駅の切符を切る人や
高速道路の料金所で働く人や
大食堂で注文を聞いてチケットを発行する人や
バスの車掌さんなどもいなくなりましたね。
そういえば私が毎週乗るリニモも自動運転です。

これからは、
人工知能(AI)でできる仕事がなくなっていくといわれています。
その中で「残る仕事」、「消える仕事」がでてくるのは時代の必然でしょう。

だいたい、通訳についてちょっとだけ知っている人からは
「翻訳は機械翻訳やアプリがでてくるからとって変わられる」と言われます。

この本の中でも「中途半端な知的労働者は容赦なく排除される」としています。
そして「翻訳者 外国語ができるだけでは機械におきかえられる」とも書かれています。

ただ、「文脈や背景を読み取り、考慮したうえで適切な言い回しを選んだり、
文化背景の違う人でもわかる言い方に置き換えたり、
ニュアンスを伝えるということも含まれる。この点は明らか人間が優位だ」とあります。

なるほど。
医療通訳者も単に単語の置き換えだけをしているのであれば
機械翻訳で十分といわれても仕方がないでしょう。
でも配慮した言葉の置き換えができる通訳者であれば
この人間優位の通訳者ともいえます。

「人間の翻訳者に求められる価値は
専門分野の知識に精通し、現場を知り、
読み手のプロフェッショナルと同じ言葉を話すことができることだ」ともあります。

私たち医療通訳者は
使い捨てになるような専門職であってはなりません。
そういう意味では、
これからは、言葉プラスアルファの知識を持つことが要求されます。
そして、そうならなければ20年後生き残る仕事となることができないのです。









コメント

医療通訳徒弟制度説

2015-08-24 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
ある講座で
「ちゃんとした通訳者」と「ちゃんとしていない通訳者」の
違いを教えてくださいと質問されました。

「あっ」と気づかされた質問でした。
話の中で、無意識にそういうあいまいな表現をしてしまっていました。

確かに、
「信頼して任せられる通訳者」とか、
「患者さんがリラックスして受診できる通訳者」とか
「医療用語を知っている通訳者」とかいろんな意見があると思います。

でもその違いは明らかです。
「トレーニングを受けた通訳者」と「トレーニングを受けていない通訳者」の違いです。
そしてトレーニングを受け続けている通訳者かどうかということです。

「通訳技術」は学校や教科書である程度は学ぶことができます。

私も、医療通訳の講座がなかったころは、
同時通訳者の講座に入れてもらったり、
看護師の勉強会に混ぜてもらったりしながら自分たちの研修を探していました。
一番勉強になったのは司法通訳者の研修でした。
同じコミュニティ通訳であるといった共通点があったからかもしれません。

「医療通訳」はプラスアルファとして
当たり前ですが感情を持つ人間の言葉をつなぎます。
また、患者は病気という痛みやつらさ、ショックから、非日常的な感情を持ちます。
医療文化の違いや医療職の考え方の違いなどにも左右されますし、
本人の病識や性格などにも左右されることがあります。

ですので、ケーススタディや倫理に関するロールプレイで
こんなときどうするという事例を経験者とともに学ぶ必要があるのです。

医師や看護師といった専門職には実習が課せられています。
国家試験に通ったからすぐに医師や看護師になるのではなくて、
先輩から現場で様々なことを学びます。
現場が新人を育てるシステムができています。
中には教科書には載っていないこと、
人生経験を問われるようなことも含まれています。
また、医師や看護師になった後でも、研修会で学び続けブラッシュアップしていきます。
医療の技術はどんどん新しくなり、
倫理や患者への接遇も時代とともに変わっていくからです。
それにしっかりついていかなければなりません。

私は医療通訳は「職人色」が強い仕事だと思っています。
机に座って単語を学んでも、患者を前にすると
様々な不測の事態が発生します。
そんなときにどう対処するかは実は経験値から導かれることが少なくありません。
もちろん、いくら経験を積んでいるからがすべてではありませんが。

日本の中で、成功している医療通訳団体は、
MICかながわやIMEDIATAのように
ベテランの通訳者について経験の少ない通訳者が学ぶ機会があります。
これは医療通訳には絶対必要なことだと思います。
なぜなら医療通訳にはOJTはないから。
診察はそのときそのときが勝負だから、新人だからといって間違いは許されません。

先日のJAMIでの医療通訳者のセッションで、
医療通訳には「徒弟制度」が必要だなと強く感じました。
こうしたしくみをつくってこそ、
医療通訳者はバーンアウトせず、増えていく仕組みが作れるのです。

すべての地域で
経験者から学ぶシステムを作るのが難しいのであれば、
せめて研修はきちんと受けておくことが望ましいのです。

コメント

「悪医」(久坂部羊著)を読む

2015-08-14 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
私は大学の採点作業が終わり、やっと夏休みになりました。
読みたかった本(漫画含む)、見たかった映画、行きたかった温泉を楽しむ予定です。

さて今回は、この夏におすすめの本をご紹介します。

「悪医」(久坂部羊著)

主人公は二人。
「末期がんの男性患者」と「拠点病院の外科医」です。
両方が交互に物語を紡いでいきます。

題名は「悪医」となっていますが、
この外科医がひどい人というのではないのです。
逆に、患者が治らないがんに対して、無理に治療することに躊躇する
きわめて一般的な考え方の医師です。
そして、治療をあきらめたことに対しての患者の怒りに、
わだかまりを抱えています。

*****************(書評より)

がん治療の拠点病院で、52歳の胃がん患者の小仲辰郎はがんが再発したあと、外科医の森川良生医師より「これ以上、治療の余地がありません」と告げられた。
「私にすれば、死ねと言われたのも同然」と、小仲は衝撃のあまり診察室を飛び出す。
小仲は大学病院でのセカンドオピニオンを断られ、抗がん剤を専門とする腫瘍内科、免疫細胞療法のクリニック、そしてホスピスへ。
一方、森川は現在の医療体制のもと、患者同士のいさかい、診療での「えこひいき」問題など忙殺されるなか、
診療を中断した小仲のことを忘れることができず、末期がん患者にどのように対したらよいのか思い悩む日々がつづく。

******************

この本を読みながら、
2年前になくなったAさんのことを思い出しました。
乳がんの再発から10年近くのお付き合いになりましたが、
いつも家族思いで前向きなAさんがなくなる日がくるとは思ってませんでした。
何度かセカンドオピニオンを受けに他の病院にもいったし、
日本で受けている治療内容の翻訳をもって帰国することも考えていました。

今でも、私の心にひっかかっているのは、
なくなる2ヶ月前に担当医を変えたいとAさんに相談されたことです。
Aさんは「まだ癌と闘いたい」と訴えました。
でも、担当医がもう緩和ケアにうつりましょうと言う。
それがどうしても受け容れられない・・・と。

医師はずっとAさんの治療を続けてきた医師です。
Aさんの身体のことや家族のことも理解しています。
その医師が、もう彼女にあきらめろというのかと彼女は絶望していました。

この本の主人公や登場人物も同じことを訴えます。
それに対して、医師の立場からの考えが述べられます。
医師はこういうことを考えていたのか・・と今になって理解できました。
もう少し早くこの本を読んでいたら、
医師の考えや言葉も、もう少しうまくAさんに伝えられたかもしれません。
この小説の著者は医師です。だから、こうしたリアルな情景がかけるのでしょう。

Aさんは最後のお願いだから担当医を変えて欲しいと訴えました。
まだ若いAさんは最後まで闘いたかったのだと思います。
私はそのとき、なぜ医師が患者より先にあきらめるのかが理解できませんでした。
結局、担当医をかえてもらうように病院と交渉することになりました。

それがよかったことなのかどうか。
今でも自問しています。

医療通訳者としてできることは、
本人の希望を病院に伝え、また病院の治療方針を患者に理解してもらうこと。
両者のコミュニケーションの橋渡し役です。

でも、それが本当に難しい。
そのことを教えてもらった気がします。

是非、読んでみてください。



コメント (2)

医療通訳の棚

2015-08-06 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
「医療通訳」を一般名詞にしたいと思ってはや10年。

次の目標は本屋さんに医療通訳の棚ができることです。

連利博編「医療通訳入門」がでたのが2007年。
当時も報告書や冊子類はすでにあったのですが、
本として刊行され「医療通訳」を題名としたはじめての和書として、
発行されて、去年やっと増刷されました。

いろんなところの本屋をのぞくたびに
「医療通訳入門」のおいてある場所を探します。
一番多いのが看護英語や医学英語の棚です。
英語を学ぶ医師や看護師が手に取りやすい場所です。

ただ、ここに置いておくのでは通訳者や翻訳者が手にとることはありません。
よほど、医学英語を学んでいる人や医学翻訳をしている人くらいしかないと思います。

私は本当はこの本を「通訳・翻訳」の棚において欲しい。
通訳の一分野として、通訳者の人たちに手にとって欲しいからです。
せめて「司法通訳」や「教育通訳」「外国人支援」の人たちが
覗く本棚において欲しいと思います。

そのために、医療通訳の本を増やしていかなければと思っています。

「医療通訳士という仕事」が大阪大学出版から出たのが昨年10月
沢田先生が監修された「医療通訳学習テキスト」がRASCから自費出版されたのが今年の7月
李節子先生編集の「医療通訳と保健医療福祉」が杏林書院から出たのが8月
少しずつ医療通訳関連の書籍が増えています。

昨日、仕事帰りにジュンク堂書店三宮店に寄りました。
「医療通訳入門」と「医療通訳士という仕事」は「医学英語」の棚にありました。
メジカルビュー社からでている西村明夫さんの「外国人診療ガイド」も同じ棚にあります。
また、MEDINTの英語分科会をご担当いただいている坂尾先生とコンロイ先生の
英語で診療シリーズ全5冊も同じ棚。
そういえば、この本は先日の日本渡航医学会の図書販売で平積みで販売されていました。

どうしても「医療通訳」はまだ医療・医学のカテゴリーに落ち着いたみたいです。

手話は「ボランティア・手話・点字」で福祉系の棚に作られていました。
最近読んで感銘を受けたあべやすし先生の「ことばのバリアフリー」はこちらの棚。

実は9月に松柏社から「医療通訳入門」の第2弾が発売予定です。
いくつかたまればフェアーとか持ち込めるのかな。
とにかく、医療通訳を学ぶツールがたくさん増えること。
何よりも、「医療通訳」という概念が正しくいろんな人の目に触れることが現在の目標です。
皆さんのご近所の書店も少し覗いてみてください。

ちなみに
ブログランキングにも「医療通訳」カテゴリーを登録しています。
今のところ、医療通訳そのもののブログは私だけのようですが、
これも増えてほしいところです。







コメント