MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

感染症の通訳

2015-06-20 19:06:41 | 通訳者のつぶやき
移住連の北九州フォーラムも終わり、
ここ2週間でホテル暮らしが5泊という旅人ぶりです。

フォーラムの医療分科会は佐賀、北九州、熊本、長崎の
医療通訳の現状が直接聞けて充実した内容でした。

集住地区ではなく、
外国人も通訳者も少ない地方都市で
どれだけ枠組みを作れるかは本当にそこにいる人たちの
情熱にかかっているのだなと思います。

***************************

ある県の方からお問い合わせをいただきました。
感染症患者の医療通訳派遣についてです。

結核の医療通訳の需要は結構あります。
日本人より栄養状況が悪いとか
もともと結核感染していて日本でひどくなったとか
理由は専門家ではないのでわかりませんが、
私も何度か通訳しています。
特に90年代は多かった気がします。

今でも過去の病気ではない結核。
私の子供の頃は身近な病気でした。

私自身、小児結核患者でしたが、
親には別の病気だと聞かされて育ちました。
治療をして排菌はしていませんでしたが、
子どもなので考えずに病名をしゃべって、お友達をなくさないように
親自身が考えたことなのだと思います。
それくらい怖い病気でした。

今でも結核だけでなく
感染症には感染リスクがあります。

「結核に医療通訳を派遣していいのかどうか悩んでます。
医療機関は派遣してと言ってきているのですが」と
言われたので、
「同行は断って電話対応に切り替えてください」と伝えました。
医療通訳は同行が理想ですが、
コミュニケーションだけなら熟練した医療通訳者なら
電話でもほとんどのことを伝えることができます。

「同行でなければ診ない」と言われることもありますが、
感染症に関してはそれは医療機関の甘えだと感じます。
病院外の通訳者は感染症に備えて予防注射をしているわけでもありませんし、
特別な防護をしてもらえる補償もありません。
もし、感染しても病院に責任を持ってもらえるわけではないし、
患者に補償を求めるわけにもいきません。

それなら感染しない電話や遠隔通訳に切り替えることが
ベストでなくてもベターな方法ではないでしょうか。

いままで医療通訳者は
病院、患者の無理をずいぶん聞いてきました。
それはひとえに患者のためでもありました。
でも、改善できることはあると思います。

こうした感染症の通訳は
インフルエンザも含めて通訳者の安全にも気を配るべきです。

と、いうことで、
医療通訳は同行ありきではないと、医療者の皆さんにも
頭を切り替えてほしいと思っています。

****************************


スペイン語話者待望の連続ドラマが日曜日のNHKで始まりました。

情熱のシーラです。

音声切り替えするとスペイン語に切り替わります。
「スペインのスペイン語」ですが、
字幕も見ることができるので、スペイン語の勉強になります。

初回から、主人公シーラが婚約中だったまじめな青年から、
どこからみても女たらし(?)の男に心変わりする展開!
第2回を見ると案の定、男は逃げてしまいました。
まあ、よくある話ではあります。
それからたぶん、一人で強く生きていく細腕繁盛記的なお話になるのでしょうが、
おばちゃんとしては、今からハラハラドキドキしています。



コメント (6)