MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

新型インフルエンザのこと~その後

2009-05-20 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
前回の記事を書いて数日で、
神戸で渡航歴のない感染者がでました。

現在、神戸の町は8~9割の人がマスクをかけていますが、
特に目立ったパニックなどはなく、いつもどおりです。
(テレビの報道に違和感があるくらいです)

街に子どもが少ないくらいかな。

マスクをつけた人の波を見たのは、
阪神大震災のとき以来です。
あの時は、倒壊した建物から出る
ほこりやアスベスト対策だったのですが。

今回のインフルエンザは弱毒性ということもあり、
患者や医療機関の方には悪いのですが
強毒性のインフルエンザが出る際の
予行演習のようなものになっている気がします。

発熱外来へのシュミレーションにも
外国人患者の視点が必要です。
感染症には国籍や日本語能力は関係ありません。
感染の経路を突き止めたり
感染に対しての適切な対応をするために、
本人と家族に通訳を通して
説明していく必要が生じます。

月曜日以降、外国人窓口にもインフルエンザ関連の相談が
よせられるようになってきました。
発熱外来への通訳だけでなく、
インフルエンザ自身に関しての相談や情報提供、
マスクがどこで売っているかとか、
病院は大丈夫といったけど新型の症状はどんなものかとか。

中には今回の新型インフルエンザとメキシコの豚インフルエンザが
名前が違うので別のものだと思っていた人もいました。

医療通訳者自身も正しい情報提供と知識が必要ですね。

MEDINTは23日に開催する予定だった医療通訳講座を延期しました。
インフルエンザに関して必要以上に過敏な反応をする必要はありませんが、
病院関係の会員がとても参加できる状況ではないので、
こうした時期に講座を開催するよりも、
それぞれの仕事や活動に専念して欲しいという意味もあります。

新型インフルエンザが一日も早く終息することを願っています。
コメント

新型インフルエンザのこと

2009-05-13 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
スペイン語で相談を受けているというと、
さぞや新型インフルエンザに関する問い合わせがあるでしょう
とか言われるのですが・・・
私のところには全然相談がありません。

よく考えてみると、
今回の新型インフルエンザはメキシコ発。
日本よりスペイン語メディアのほうが詳しい情報が出回っています。

ペルーの人と世間話をしていると、
彼らは夜、インターネットでスペイン語のCNNや
メキシコ、スペインなどからの情報を見ているので、
日本の新型インフルエンザに関するニュースは遅い!とまで言います。

確かに、ウィキペディアでも
新型インフルエンザに関しては日本語より
スペイン語のほうが圧倒的に情報量が多かったです。

在日外国人の人たちにとって、
日本独自の情報に関しては、
日本語の壁があり、入りにくいのですが、
今回のような世界的な、特に中南米を発信源とした情報に関しては、
母語で充分入手可能であると痛感しました。

国内での流行に備えて、
行政なども通訳の確保に動いているようですが、
感染症の場合は、通訳者が同席することが出来ません。
こうしたときは、もちろん医療者の通訳が前提ですが、
それが出来ない場合は、
電話でのトリアージの方法を
通訳者も知っておく必要があると思っています。

5月9日からMEDINTの医療通訳者講座をご担当いただいている
松本先生から教えていただいたサイトです。
参考にご覧になってみてください。

http://www.aafp.org/online/en/home/publications/journals/afp/preprint/influenza-telephone-triage.html





コメント

薬の量と医療文化

2009-05-06 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
医療通訳といえば、
診察室での通訳というイメージがあると思いますが、
実際には、受付、問診票の記入や検査、
会計など様々な場面で医療通訳が必要です。
その中で意外と知られていないけれど重要なのが薬局での通訳です。

薬の飲み方というのは実は非常に繊細な説明が必要です。
普通、決められたとおりの量を飲むというのは常識ですが、
異文化に暮らす人たちにとっては通訳が必要な場面なのです。

たとえば座薬。
スペイン語でsupositorioという単語がありますが、
最初の頃は使ったことがないという人が少なくありませんでした。
何も説明しなければ、
錠剤だと思って飲んでしまったという話も聞いたことがあります。
確かに、見たことも使ったこともない人にしてみれば、
母語での説明が必要な場面です。
(実際に使用法を実演するのも難しいですし・・・)

それから、「食間」というコトバ。
これをそのまま「食事中」と理解してしまうと、
ご飯を食べながら薬を飲んでしまいます。
医療通訳者がこの単語を誤訳することはありえませんが、
通訳に知識がなければ間違って訳してしまう危険性があります。

また、自分の病気が治らないのは薬のせいだと思い、
勝手に飲む量を増やしたり、止めたりということも
文化の違いから起こりがちです。
自分たちの身体はもっと強い薬を使っているから、
日本の薬は軽すぎて効かない、
だから、いつまでたっても治らないのだといわれたことは、
一度や二度ではありません。

薬の服用は病院を離れた場所で行うために、
監視の目が行き届きません。
その分、きちんと用法や容量を説明して、
疑問点や不安点があればその場で解決しておく必要があります。

景気がこのまま回復しないと保険が未払いになってなかなか病院にいけず、
売薬で済ますケースも増えてくると思います。
医療通訳は「病院」だけの通訳ではないので、
今後増えていく服薬指導に関する勉強も
きちんとしておく必要があると痛感します。

PS:4月はとても忙しく週末はほとんど県内にいませんでした。
やっとGWでぐっすり寝て回復しました。MEDINTの活動も5月9日から開始します。

コメント