MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

通訳者の態度

2007-03-28 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
「病院代がおかしい。どうも外国人だからといってぼったくりではないか。」という相談が時々あります。これは結構文化の違いによるものかもしれないし、そうした差別の経験があって、この方が日常感じていることなのかもしれません。そうした質問には気をつけて答えるようにしています。

一番いけないのは、火に油を注ぐような不用意な回答。
小さい声であったとしても「高いですね。これは。外国人だから、特別料金なのかな。」とか言ったとします。そうすると、相談者の心は不信感で一杯になります。原因や理由をきちんと調べる前に、そうした発言をすると、病院はもちろん、本人にも不利益をもたらします。原因がわからない段階で、このような軽率な発言は慎むべきですね。

次に、まかせておけば大丈夫という人任せ回答。
「日本社会では、あなたの国と違ってぼったくりなんてしないし、差別もしないから、信用して払いなさい」というのもあまりに無責任ですね。原因も調べないままに、相談者を被害妄想のようにいうのでは、ご本人が納得できないばかりか、もし間違っていた場合はどうするのでしょう。これは、説明責任の放棄で、支援者としては失格です。

それでは、どうすればいいかというと・・・もうおわかりですね。
自分の意見をいうのではなく、病院の担当者や保険の窓口に連絡して、ご本人が納得いくまで説明してもらいましょう。それを通訳して、ご本人が不審に思っている点もきちんと病院に伝えます。多少時間がかかります。しかし、相談者は日本社会でこれからも暮らしていかなければならないのです。不信感を残したまま支払いをしたのでは、今回はよくても、また同じことを繰り返す結果になります。また、同じ病院にお世話にならなければいけないのは相談者本人です。できれば病院と良好な関係を作っておいたほうが、本人のためでもあります。

通訳者や支援者の意見は、心細い外国人患者に大きな影響を与えます。先入観にとらわれるような言葉、トラブルを大きくするような発言は慎むようにしなければいけませんね。

コメント   トラックバック (1)

AMDA兵庫の解散式

2007-03-21 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
17日(土)に神戸市内でAMDA兵庫の総会がありました。
10年にわたる活動にいったん区切りをつけて、新しい活動にむけての組織改正という発展的解散であると伺いました。
それでもAMDA兵庫の名前と活動が姿を変えることには、一抹の寂しさを感じます。
17日はたくさんのAMDA兵庫の関係者の方々が集まり、今までを振り返りました。
あらためて、その偉業と粘り強く途上国の病院を支え続けてきた会員の方々のご苦労に頭が下がりました。
病院を作るだけならお金さえあれば出来ることかもしれません。しかし、その病院に魂をいれ、病院システムや機材、医療者の育成まで気を配り続けるのは、並大抵の努力ではないと思います。
AMDA兵庫といえば、この「ネパールこども病院」の活動が有名ですが、私達医療通訳研究会(MEDINT)の設立にも大きくかかわってくださっています。というよりはAMDA兵庫がなければMEDINTはなかったといっても過言ではありません。
あまり宣伝せずにきてしまいましたが、AMDA兵庫には、資金的な援助だけでなく、事務所やHPサーバー、講師支援など多岐に渡ってご支援いただきました。会場として毎日新聞社をお借りできていたのもAMDA兵庫のご紹介があったからです。ちいさなNGOが生まれてヨチヨチ歩きになるまで、本当に多くの援助が必要なのですが、そういう援助の多くの部分をAMDA兵庫が担ってくれていました。本当に感謝しています。
形は変わっても、AMDA兵庫の皆さんのネパールや在住外国人に対しての想いや心意気は変わらないと思いますし、これからも活動が続くことを願っています。
活動お疲れ様でした。

詳細については、こちらのブログをご覧ください。

コメント

タイムリミット

2007-03-14 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
MRIの結果説明と今後の治療方針についての電話通訳を頼まれました。
はじめてからすでに15分が経過。医師のあせりが手に取るようにわかります。
医師としては、折角通訳が見つかったのだから、本人が納得いくまでゆっくり説明してあげたいという気持ちがひしひしと伝わってきます。
でも、次に医師から出た言葉は「ごめんなさい。患者さんがたくさん待っているので、明日の夕方4時ならもう少しゆっくりお話できると思います。30分くらいお時間がとれます。話したいことがあれば、もう一度その時間に来てください」。
仕方がありません。タイムリミットです。
幸いこの時点で患者も充分病状について理解していたので話はそこで終わりました。
通訳を使うと意思疎通は断然スムーズになります。ただ、日本語同士で話すよりも時間的なロスが出るのは仕方がないことです。ですので、できるだけ短時間で両者の要点をしっかりまとめてつたえなければなりません。通訳者としてもあせります。医師は診察時間のタイムリミットの間にできるだけ多くの疑問に答え、患者は情報を得ることが大切です。ですので、時と場合によっては、要点をまとめあげたり、くだいて説明する能力が医療通訳者には求められるのです。今までの経験で、予約なしの外来診察の場合は10分程度、15分が限界かなと思います。
医師の立場からは、完全直訳を望む声がよく聞かれますが、直訳のみでこなす場合、時間的な余裕がどれくらいあるかが重要になってきます。きれいごとだけではすまされない場合もたくさんあるのです。
医療用語は専門用語なので、一度は直訳で伝えるのですが、ご本人の教育レベルによって、すぐに理解してくれる場合とそうでない場合もあります。なかなか専門用語で伝わらない場合はいい直しをしたり、用語を使ったりして意思疎通を図りますが、その時間のタイムラグも、待っている方にはいらいらするのではないかと気が気でありません。
今日も電話機の時間を眺めながら奮闘しています。


コメント

手話通訳と言語通訳

2007-03-07 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
MEDINTは毎年4月にシンポジウムを開催します。このシンポジウムは、直接医療通訳の話ではなく、それをとりまく環境や制度化へ向けての礎となるテーマに取り組んでいます。たとえば、昨年は大阪大学の池田先生に医療人類学と人権のお話をしていただきました。
今年は、手話通訳と言語通訳の相違点にスポットをあてて考えてみたいと思います。
私達言語を通訳するものにとって、手話通訳者は近くて遠い存在です。裁判所の通訳研修などでご一緒することはあっても、基本的に通訳方法や対象が違うため、なかなか手話通訳者との交流の機会がありませんでした。
しかし、手話通訳は言語通訳に比べてはるかに日本社会に浸透しています。
テレビ番組などでも画面の一部が手話通訳だったり、地域の講演会で手話通訳や口述筆記通訳(という名称が正しいかどうかはわかりませんが)が配置されるのも珍しいことではなくなりました。また、手話ニュースはNHK教育のゴールデンタイムに毎日放送されています。もちろん手話通訳も様々な困難を克服して現在の状況を作ってこられたことでしょう。手法は違っても、こうした手話通訳者の方々の制度化までの道のりには私達も大いに学ぶところがあるのではないかと思います。
制度だけでなく手話通訳協会では倫理規定も決められており、これは私達のお手本にもなることでしょう。今回はじっくりと手話通訳の方のお話を聞きながら、言語通訳者との同じ点、違う点を考え、言語通訳の未来の形を考えてみたいと思います。
シンポジストには、手話通訳に力を入れていらっしゃる医師やプロの言語通訳者を招いて、それぞれの立場での議論を展開してもらおうと思っています。
いつもは会員限定講座ですが、シンポジウムはどなたでもご参加いただけます(要資料代)。HPに詳しいお知らせを掲載していますので、是非ご参加くださいね。

コメント