MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

病院で感じること

2006-04-26 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
日本の医療現場が欧米諸国に比べて遅れているだとか、優しくないから外国人も使いにくいというような意見を聞くことがあります。でも、それは本当でしょうか。また、医師や看護師の個人的な資質や個々の病院の体制によるものなのでしょうか?実際に病院に行ってみて、けっしてそのようには感じないのです。

特に大きな病院だと多くの患者さんが並んでいます。これを見ただけでも、効率よく、できるだけたくさんの人を診療しなければいけない現実が見えます。
たぶん、いくら言葉ができないから、習慣がわからないからといって、外国人患者を特別扱いする余裕はないと思います。それどころか、そうした制約の中でも、精一杯のコミュニケーションをとってくださっていることに頭が下がる思いをすることが多いのです。

病院に同行する時に痛感するのは、通訳者が未熟で、時間がかかったり、診察の流れを止めることがないように、できるだけの準備をして望みたいということです。
熟練した通訳者がはいれば、診察時間短縮され、意思疎通もスムーズになるということは、実は熟練した通訳者を使ったことのある医療機関なら知っています。通訳者は診察の阻害要因にはならないのです。
しかし、未熟であったり、謙虚さのない通訳者が同行すれば、その逆のケースが発生します。医師の言ったことが伝わらない苛立ち、患者が聞きたいことに答えてくれないもどかしさ、通訳者が自分の見解や意見をさしはさんだり、批判したりするといった倫理に反することが、通訳者によって行われた場合、医療現場の通訳に対してのイメージは悪くなり、診察を阻害するものとして疎まれてしまいます。

医療通訳が、まだ定着していない今の段階では、私たち通訳者の一人ひとりが「ショーケース」の役割を果たしています。通訳者を使えば、こんなにスムーズに診察が進みますよということを医療現場にわかっていただくために、がんばらなくてはと思っています。逆に、二度と通訳者なんて要らないといわれないように気をつけなければなりません。

医療通訳研究会の研修システムは、年会費だけですべての講座を聴講可能としています。勉強がしたい、勉強しなくてはならないという危機感を抱え、がんばっている人たちに、より多くの講座を提供できるようにしています。
医療通訳研究会は2004年に会員募集をはじめて、今年で3年目になります。3年続けて下さっている方々は、少数言語か現場をかかえている方々です。そうした声に答えられるように、今年も充実した講座を企画していきたいと思います。
コメント

誰のための医療通訳か

2006-04-19 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
4月16日、西宮市大学交流センターで医療通訳研究会4周年記念シンポジウムを開催しました。
テーマは「医療通訳と人権:医療人類学の視点から」で、大阪大学コミュニケーションデザインセンターの池田光穂先生に基調講演をしていただきました。中でも「医療通訳者は、文化人類学者と共通点がある。毎日がフィールドワークで異文化体験だ」といわれた時は、なんだかワクワクしました。とかくネガティブな仕事の多い医療通訳者ですが、異文化交流の担い手として、この仕事を好奇心を持って楽しめるくらいになりたいと思いました。

しかし、制度の問題を考える時も、医療文化の問題を考える時も、私たちは誰のための医療通訳者かを常に考える必要があるということを痛感します。
とにかく自分の語学を使いたいから通訳をするのか、外国人の人権を守りたいから通訳者になるのかによって、180度活動の視点は違ってきます。語学を使うことが目的であれば、自分の語学に患者さんが合う場合のみお手伝いできるでしょう。逆に、外国人の人権を守るためであるならば、まずどの言語が必要か、患者さんに自分をあわせるところからはじまるのではないででしょうか。
どのような動機であれ、優秀な医療通訳者が増えるのはよいことです。
ただ、医療通訳の活動を通じて、外国人の言葉と人権について考える機会が増えればいいなと思っています。
コメント

日本パブリックサービス通訳翻訳学会(2)

2006-04-12 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
日本パブリックサービス通訳翻訳(JAPSIT)学会の目指すところは、在住外国人の人権としての通訳・翻訳を学際的に研究し、社会化していくことだと私は思っています。
在住外国人のための通訳・翻訳の多くは、「その状況が我慢ならない」ボランティアの正義感によって成り立っています。また、「目の前にいる人を助けないではいられない」ボランティアの善意に頼っているのが現状ともいえます。一部、司法(当番弁護士・警察・検察・裁判所)通訳に関しては、きちんとした報酬を確保された上で運用されているようですが、医療通訳の分野では、専門通訳として扱い、通訳にふさわしい報酬を確保しているのは非常にまれなケースです。
しかし、現状を嘆いているだけでは、事態は好転しません。それは、10年間外国人相談窓口でひたすら通訳をし続けても何も変わらなかった自身の無力感に由来する実感です。
パブリックサービス通訳翻訳の分野は大きく分けて、司法・医療・行政に分類されます。本当は「教育」もいれたかったのですが、とりあえず行政に含むことにしました。この3つの分野はそれぞれ違いもありますが、クライアントや問題の根本は非常に似ている部分も多いのです。そこで、医療通訳単体の活動とは別に、一緒に活動のできる学会を立ち上げました。
この在住外国人のための通訳翻訳サービスの現状を明確化し、制度化し、当たり前の状態にするにはどうしたらいいのか。
まずは、厚生労働省や医師会といった高い壁に向かって叫ぶよりも、その壁の周りにいる良心的な人々と手をつなぐことからはじめることが近道なのではないかと思っています。
ですので、JAPSIT学会はパブリックサービス通訳・翻訳と通訳者・翻訳者に関する研究と活動をする場ですが、ユーザーである弁護士や医師、行政に積極的に参加してもらうことを目的にしています。自分の業務の中で発生していることを認識し、改善のために一緒に声をあげてくれる仲間を一人でも増やすこと。その上で、日本に「在住外国人のための通訳・翻訳」という活動(職業)があるということ、それはボランティアであってもプロフェッショナルでなければこなせない仕事であること。そこに、外国人の人間としての尊厳や命がかかっていること。その重要性を一人でも多くの当事者を中心とした人々に知ってもらう必要があるのです。
また、様々な分野の研究者にも学際的な立場で参加してもらい議論を膨らましていくことを目的としています。
先日3月26日に第1回の大会が西宮市で開催されました。司法1題、医療4題、行政2題の発表がありました。活動ははじまったばかりですが、あまりゆっくりもしていられません。次回9月の大会では、もっと多くの方にご参加いただけるように広報にも力を入れていきたいと思っています。

コメント

日本パブリックサービス通訳翻訳学会(1)

2006-04-05 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
前回まで、医療通訳研究会(MEDINT)の成り立ちのお話をしました。
ただ、以前よりずっと気になっていたことがあります。それは、日本の通訳者に2種類の通訳者がいるということです。
ひとつは、いわゆる会議などの同時通訳や会社取引などの商用通訳、外国語放送の通訳やエンターテインメントの通訳など、プロの通訳者と呼ばれる人たちです。欧米の言葉が中心ですが、立派な職業として成り立っています。
もうひとつの通訳者、日本に住んでいる外国人が使う通訳者の現場はどうしょう。警察や裁判所、病院や行政窓口など専門の窓口では、100%日本語での会話ができない外国人はたくさんいます。彼らは日常生活においては「日本語」を使うことが前提と考えられていて、母語でのサービスを受けるには自分で通訳者を探してくるしかないのが現状です。そうした人々のアクセス権を支援するのが、もうひとつの通訳者、パブリックサービス通訳者です。専門用語への精通はもちろんのこと、在住外国人を取り巻く状況や制度などにも精通し、人権の立場で活動します。しかし、来日日数の浅い外国人の中に通訳支援が必要な人が多いことから、クライアント自身が支払うことができないために、こうした通訳者は未だプロ化されておらず、多くの場所でまだ無償ボランティア(私はこの言葉が嫌いです)に頼っています。
医療通訳では、一部集住地区の病院で、通訳者を雇用している場所はありますが、それはまだ非常にレアケースで、日本中どこでも外国人が医療通訳者を使って受診することができるという環境は整っていません。医療通訳の制度化にむけて、モデルケースを探して悩んでいました。
私は、まだ「通訳制度」と「外国人の人権」が完璧に保障された国家は存在していないと思っています。欧米のどんなモデルを日本にあてはめても、その背後にある文化的な配慮がなければ、失敗してしまうという考えです。
そこで、目をつけたのが日本の「司法通訳人」制度です。私自身、当番弁護士通訳や接見、刑事裁判の通訳の経験がありますが、書記官というコーディネーターの存在、不明瞭ではあるけれどきちんと裁判所から振り込まれる通訳料は、医療通訳の現状にくらべれば、はるかに整備されたものです。しかし、そう遠くない昔には、こうした司法通訳人はほとんど存在しなかったはずです。では、誰がこの制度を作るために動いたのか。すでに日本社会で定着しつつあるこの制度の、人と組織から学ぶことが一番の早道ではないかと気づきました。それが「日本司法通訳人協会(JJIA)」です。
会長の長尾先生は、通訳の世界ではとても有名な方です。お声をかけるにはかなり勇気がいったのですが、とても気さくに、話を聞いてくださいました。司法通訳もまだ完璧な制度にはなっていませんが、それでもJJIA(日本司法通訳人協会)の皆さんは10年かけて様々な問題を解決してきました。「司法が10年かかったのだから、医療もそれよりも短い期間で制度化が可能。司法のたどった道を参考にすればいい。」と力強い言葉をもらいました。その頃は、まだ夢だと思っていた「司法」「医療」「行政」のパブリックサービス専門通訳がひとつになって一気に動きだしました。 続く


コメント