MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

「支援・サポート」と「通訳」の違い

2007-04-25 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
医療通訳の話の中に、「外国人医療支援・サポーター」と「医療通訳」というふたつの言葉がでてきます。この言い方が正式かどうかはわかりませんが、この「違い」は実際にやっている方以外にはなかなか理解しづらいのではないかと思います。
ですので、今日はこの「支援・サポート」と「通訳」の違いについて述べたいと思います。
これは私の意見として聞いていただきたいのですが、「外国人支援・サポート」している時と「通訳」しているときでは、頭の使い方及び使っている場所が違います。メモの取り方も違います。
実は、「支援・サポート」の時は、頭の中で必ずしも日本語に訳していません。スペイン語のまま話を聞いて理解しています。ですので、頭の中では日本語へ翻訳していない状態にあります。頭の中のメモも手元のメモもスペイン語のままです。考えるときも日本語を通り越してスペイン語で考えるようにしています。
なので突然「今、日本語でなんていったの?」と聞かれると混乱してしまいます。両方を使い分けることの出来る器用な通訳者もいるかもしれませんが、たいていの場合、話を聞き理解することに集中するか、翻訳することに集中するかのどちらかだと思うのです。
逆に通訳に集中している時は、私の考えや感想などは頭の中から一切排除しますから、言われたことをそのままメモをとり、一字一句間違えないように通訳します。頭の中にはなにも残しません。その場を去ればすっきりと忘れてしまいます。だから、逆にこういう場面で「あなたの考えはどうなの?」とか聞かれても困ってしまいます。
依頼者の中には、そのふたつを同時にやれという無茶な人がいますが、それはとても難しいということをご理解いただきたいと思います。
ただ、現実の支援現場では、同時にこなさなければいけない場面はたくさん出てきますが、私達はできるだけ選別していきたいと思っています。
通訳を依頼する場合は、通訳者にどのような形での関与を求めるのか(「支援・サポート」は本来の通訳者の業務ではありませんが)は大切なことです。それによって、使い方が変わってくるからです。だからこそ、通訳を使う人、つまりユーザーのトレーニングが必要なのです。

コメント   この記事についてブログを書く
« ごめんなさい 通訳できません | トップ | 母子保健なのにお父さんの通訳? »
最新の画像もっと見る

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事