MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

きれる患者

2011-06-27 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
K先生のお誘いで、
兵庫医療大学の「医療コミュニケーション」の授業に参加しました。

薬剤師の卵の5年生たちが160人。
魚眼レンズが必要なくらい横幅の広い教室です。
今回は将来薬剤師になる人たちが対象なので、
薬の文化の違いとか、
薬の通訳の時に困ることなどを中心に話しました。

まだ実習を経験していない学生は
外国人が窓口にやってくるという実感がありません。
外国語専攻の学生や通訳の集まりの時とは違って、
異文化の人々に話している疎外感が強いのですが、
頭のどこかに外国人患者のことを置いていてくれれば、
実際に来られた時に親切に対応してもらえるのではないかとの思いで
話をしています。

最後にひとつ質問がありました。
「言葉ができないって外国人が切れることってありますか?」
最初聞いたとき意味がよくわからなかったのですが、
言葉が通じないことで、医療者が外国人患者に怒られることがあるかってことですね。

他の言語の人はわかりませんが、
スペイン語の場合はそれはあまりない気がします。
まず日本の病院に行ってスペイン語が通じることを
期待するのは無理ですし。

ひとつは、やはりここは日本なので日本語のできない負い目を
外国人患者側も少なからず感じていること。
もうひとつは日本でまだまだ医療機関のほうが「上」だからです。
医師に診察してもらって薬を処方してもらっても
薬局で言葉でトラブルを起こしたら
薬をもらえなくなってしまうじゃないですか。
だからもし何かあってもできるだけ我慢する気がします。

それから切れるとしたら、それは「言葉」の問題ではないと思います。
明らかに患者を見下した態度で接したり、
日本語で暴言を吐いたりするような場合に、
(その言葉はわからなくても空気で伝わる)
人間の尊厳の問題として切れることはあると思います。
それを「言葉」の問題で切れていると勘違いすることもあるようですが、
言葉はあくまでもコミュニケーションの一部にすぎないのです。
相手を思いやって話している人は
たとえ言葉が通じなくても心が通じています。
それに対して切れる人はいません。

逆にあきらかに差別的な態度で接する人には
言葉が通じていても気分の悪いものです。

これから現場に出ていく皆さん。
くれぐれもコミュニケーションは言葉によってのみ
成り立っているものではないことを覚えておいてください。
思いやりは必ず患者に伝わりますよ。

まずは「こんにちは」と「おだいじに」だけいろんな言葉で覚えてみませんか。
コメント   この記事についてブログを書く
« 移住連名古屋大会に参加して | トップ | バウムテスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事