MEDINT(医療通訳研究会)便り+

医療通訳だけでなく、広く在住外国人のコミュニケーション支援について考えていきます。

みのお英語医療通訳研究会の休止について

2012-04-16 00:00:00 | 通訳者のつぶやき

みのお英語医療通訳研究会代表の西野さんから
以下のご連絡をいただきました。

************************************

「みのお英語医療通訳研究会休止のお知らせ」

当研究会は、2003年4月に医療通訳の啓蒙と人材の育成を目的として発足いたしました。
当初は、「医療通訳が何か」ということから説明をするような状況でしたが、
最近では医療通訳者が常駐している病院や、派遣する団体も増えてきて、医療通訳も市民権を得てまいりました。
当研究会の、目的であった「啓蒙活動」もかなり達成できたのではないかと、自負しております。

活動中には、多大なご指導やご支援を賜り、誠にありがとうございました。
心より、お礼申し上げます。

************************************

みのおさんとはMEDINT設立の頃から
一緒にいろいろな活動をしてきました。

2004年大阪国際会議場での「言葉の壁」シンポジウムや
アメリカでの倫理規定を紹介した金襴大学でのシンポジウムなど
まだ「医療通訳って何?」という状況から
当時ではまだ少し早いかなと思われるテーマにも
積極的に取り組み、プロシーディングなどの資料を残してくれました。

みのおさんは医療英語に特化し、
原書などを積極的に導入して高度な研修を実施されてきました。
MEDINTは多言語での活動であったので、
研修の内容は違いましたが、
たとえボランティアであったとしても
「医療通訳には常に謙虚で自己研鑽と研修が必要である」という部分では
一致していたと思います。

10年にわたる活動を休止されたことは
私たちにはとてもさびしいですが、
これからも見守っていただきたいと思います。
お疲れ様でした。
コメント   この記事についてブログを書く
« 医療現場と患者の「間」 | トップ | 皆さんの力を貸してください »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事