MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

見えないものの通訳

2007-06-27 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
今朝は朝から立て続けに病院からの電話がはいりました。
どちらも症状を説明して、医師と看護婦からの説明を患者(もしくは親)に通訳し、支払いについての通訳をして、次回予約を取り、調剤薬局で薬についての説明をしました。
別に特別難しい通訳ではありませんでした。ただ、少し面白いなと思ったことがあります。
以下は調剤薬局での通訳です。

薬「えっと、薬は粉2種類ですね」
通訳(通)「薬は粉のものが2種類です」
薬「こちらが、抗生物質で・・・・」
通訳「すみません、どっちですか?」
薬「あ、えっと」
通訳「色はついてますか?」
薬「ああ、オレンジ色です」
通訳(通)「オレンジ色の粉薬が抗生物質です」
薬「1日3回1包食後に飲んでください」
通訳(通)「1日3回、朝食、昼食、夕食の後にのんでください」
薬「それから、もうひとつは痛み止めなので、1メモリだけ飲んでください。」
通訳「1メモリ?粉薬ではなかったのですか?
薬「ああ、粉ではなかったですね。すみません。シロップでした。」
通訳「メモリはどこについてますか?」
薬「ビンの横についてます」
通訳(通)「もうひとつの薬は粉ではなく液体シロップです。痛み止めです。1回の分量はビンの横についているメモリの1メモリ分です」

なんともまどろっこしい通訳でしょう?もし、これが同行していたり、テレビ電話で薬が見えていれば、聞き返すことなく通訳しているのですが、電話の場合は見えないので、通訳対象を言葉にしてもらわなければ通訳できないことがあります。
たとえばこういう場合は通訳の使い方を少しトレーニングするだけで、聞き返しはぐんと少なくなります。以前から、医療従事者にユーザートレーニングをして欲しいというのはこういうことなのです。ただ、見えているものを言葉にするのはなかなか難しいですね。
逆に先日ある区役所の国民健康保険係の方との通訳をしたとき、その方の日本語がとてもわかりやすく通訳しやすいように分解されていて感心しました。最後に「あなたの日本語はとても通訳しやすい良い日本語です」というとキョトンとされました(笑)。
訓練はもちろん大切ですが、それだけではなく、相手にわかってもらいたいという気持ちの部分がとても大きいのではないかとおもいます。
コメント   この記事についてブログを書く
« 子供の誕生 | トップ | 通訳者はどこにいますか? »
最近の画像もっと見る

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事