MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

病院実習をやってます

2012-02-13 20:08:07 | 通訳者のつぶやき
月曜日から滋賀県の病院で
MSW(医療ソーシャルワーカー)の実習をはじめました。
毎日、退院や転院にむけたカンファレンスに同席させてもらい、
現在の医療の状況を見ています。

医療通訳として患者側(病院の外部)としての
かかわりしかなかったので、
病院の医療ソーシャルワーカー(病院の内部)からの
見え方は随分違います。

簡単に医療通訳を診療報酬に・・・と考えても
実際の医療法や診療報酬制度は
医療政策によってしっかり誘導されています。
医療機関はそれにしたがわざるを得ない状況にあると思います。
そして在宅への退院支援や医療機関の機能分化は
医療機関の現実です。

しかし、どの医療においても
外国人患者への配慮はまだほとんどなされていません。
外国人向けのパスは
外国人患者をみている人にしか作れない。

私自身の中の
医療通訳と外国人医療を見る視点が、
大きく変わりつつあります。

あと4週間ありますが、
しっかり勉強していきたいと思っています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 翻訳機に負けない医療通訳者 | トップ | 精一杯実習生してます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事