MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

看護雑誌の連載がはじまりました

2020-02-06 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
お久しぶりです。
1月は研修三昧で飛び回ってました。
大阪府看護協会の日本国際看護師の養成研修や
静岡県や沖縄県、奈良県での外国人相談窓口研修、
岸和田市医師会の看護専門学校の授業など
昨年4月の入管法改正以来、専門職や窓口が「合理的配慮」としての
外国人に関する理解や接遇を学ぶ機会が増えてきています。

この活動は医療通訳と直接関係ないように思われますが、
外国人にかかわる専門職や窓口が
外国人対応に慣れてくれれば、
通訳者の介入もスムーズになります。
やさしい日本語の普及や音声翻訳ソフトの適切な利用なども
日本語に慣れていない外国人が困らない社会を作る社会資源です。
「言葉で困らない社会」は医療通訳者だけで作れるものではありません。
医療通訳に関する社会のコンセンサスが進んできている昨今
これから私たちが行うのは、医療通訳者が働きやすい環境の整備だと考えています。

一方で、看護・医療系出版社であるメディカ出版の22雑誌の巻末にある
共通コラム「カンパネオ」で今年の2月号から隔月連載をはじめました。
タイトルは「外国人の患者さんが来ました 国際化で求められる知識とコミュニケーション術」です。
外国人対応には専門職連携が欠かせないので、
私とゲストで質疑応答の形式をとっています。
第1回のテーマは「外来看護師」で、りんくう総合医療センターの新垣看護師と共同執筆です。
1ページのコラムですので、すぐに読めると思います。
病院や図書館にあるのを見かけたら、読んでみてください。

出張先でぎっくり腰になりました。
帰れないかと思った・・・。
皆さんも寒いのでご自愛くださいね(涙)。
コメント   この記事についてブログを書く
« 上がる下がる 増える減る ... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事