MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

語学オタクはいらない

2015-03-30 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
オタク・・・。

随分便利な言葉ができたものです。
私が若い頃には、何かを集中して好きになることは
けっこう恥ずかしいことだったので、
趣味は「読書」とか「音楽鑑賞」とか当たり障りのないことを書いていました。

最近は、女性でも野球好きや鉄道好きは珍しくなくなり
「カープ女子」とか「鉄子」とか便利な名称ができました。




医療通訳を認証するとき、
どんな医療通訳者が実際の現場で役にたつかを
考えていく必要があります。

試験をすると
とにかく単語をよく知っている人が高い点数をあげます。
もしくは、試験になれている人、特に書く事が得意な人は
テストが得意なので高評価を得がちです。

もちろん、たくさんの単語を知っている通訳者は望ましいです。
でも、医療通訳者は単語を知っているかより
知らない単語が出てきた時にどう対処できるかの能力が重要です。
医療通訳は内科、外科、小児科、産科から精神科や感染症、予防接種まで
いろんな分野の通訳をします。
その全てに精通することを望むのは不可能だと思います。
もちろん、臓器の名前や基本的な症状などでひっかかっているのは論外ですが、
専門的な単語が出てきた時に、患者も知らない単語を
そのまま訳しても伝わらないことが多々あります。

医療を含むコミュニティ通訳は
受け手がきちんと理解して、判断して、選択できるように通訳をすることが目的です。
だから、普通の人がわからない単語をそのまま訳しても伝わらない。
それよりも、わかりにくいのであれば図表を使うとか、
メモをきちんととって聞きなおすとかといった
正しく訳したいと思う謙虚な姿勢こそが重要なのだと思います。
理解できないことを、自己決定したり選択したりするのは無理です。

美しい通訳でなくてもいいのです。
使命感をもって誠実な通訳をする心構えが大切だと思うのです。

ここでは語学オタクはいりません。

単語を100知っているのもよいことだけど、
知らない単語にどう誠実に当たることができるのかの方が
医療通訳者に欲しい才能だと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 留学生が医療通訳を請け負う... | トップ | どこで死にたいか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事