MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

国際ワークショップ終わりました

2015-02-25 21:00:39 | 通訳者のつぶやき
今日は、東京で外務省、IOM、葛飾区主催の国際ワークショップに参加してきました。

11年続いているこのワークショップの今年のテーマは「医療」
医療通訳だけでなく、EPAや保険の問題、メディカルツーリズムまで
特にシンポジウムは、とてもバランスのいい、聞きどころの多い議論でした。

私は医療通訳の体験談を話しましたが、
実はぎりぎりまで原稿が決まらず、
その上、私の前に体験談を話されたEPA介護福祉士のピンキーさんの話が
素晴らしすぎて感動し、
自分の番になると壇上に上がったとたんに、頭が真っ白になってしまいました。
せっかくいろんな話を聞いてほしいと鼻息荒く東京に乗り込んだ(笑)のに、
自分の度胸のなさを感じます。
感染症現場の通訳と精神疾患の通訳のつらさと危険さを話しましたが、
怖がらせるわけではなく、医療者の理解と協力がなければ
通訳環境の整備はできないということ訴えたつもりです。

ぼろぼろの発表でしたが、後日ネット上で公開されるので、
また時間のある方はみてやってください。

シンポジウム前日には葛飾区内の
グループホームと母子支援NPOを見学させていただきました。
なかなか外部の人間が興味本位で行ける場所ではないので、
葛飾区の先進事例は各地でも活用できると思いました。
特に、子育て中のお母さんとこどもが自由に利用できる居場所が
保健所の建物の中にあるのは素晴らしいと思います。
神戸にもあればいいのに・・・と痛感しました。

葛飾の例で感心したのは、
外国人施策ではなく、日本人も外国人も使えるサービスになっていることです。
社会統合という意味では、誰でも使えるサービスに多言語表記があるということ。
常々特別扱いは必要ないけれど、配慮が必要と考えているので、
こうした自然な対応は素晴らしいなと思いました。

医療通訳は、日本語での会話や読み書きに問題のない人には
必要のないサービスかもしれません。
でも、医療は誰にでも必要なサービス。
そこに医療通訳を置くだけで、外国人もろう者も使えるようになります。

医療通訳が一日も早く普通のことになるようにと
思いを強くしました。

明日は滋賀のJIAMで「医療通訳研修」です。
土曜日はNGO神戸外国人救援ネットさんのDV被害者支援通訳の研修、
日曜日はあいち医療通訳システムの通訳者研修です。
いろんな通訳者さんやコーディネーターさんにお会いできるのが楽しみです。

Yさん、かりん飴ありがとう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 病院通いについて | トップ | MEDINT看護部会主催の研修会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事