MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~そもそも医療通訳ってなんのためにあるの~

残暑お見舞いの季節になりました

2017-08-10 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
またしてもブログのアップが滞っています。
もう、1ヶ月以上とまっているので
見ている人もういないだろうな・・。

けっしてブログを辞めたわけではないのですが、
今度は母が闘病をはじめており
再び書けない状況になりました。

現実には5月末くらいから通常に仕事を入れるようになって
6~7月はいろんなところに出かけて忙しくしていたのですが、
その合間に母の入院、検査、治療開始となり
今は退院後の介護保険申請や住宅の整備などの準備しています。

7月には
びわ湖国際医療フォーラム、
糸魚川医療通訳フォーラム
CLAIRの相談員研修
兵庫県放射線技師会
三重県人権研修
福島県災害ボランティア研修

そして、8月になって
全国医療通訳者協会の全国大会がありました。

本当は、それぞれにコメントをいれたいところです。
医療通訳は様々な形で展開してきていて
その周辺、専門職教育や災害、人権関連などにも波及してきている感じがします。
外国人支援は、もともと境界のない支援なので
理解者が様々なところに増えていくことはとても大切です。

今の私の一番の関心は
医療専門職(及び福祉専門職)に医療通訳や外国人支援の理解者を増やし
医療通訳と上手に連携できる環境を作っていくことです。
そのために研修協力からすすめていきたいと考えています。

そんなわけで今年はまとまった夏休みはとれないのですが
福島県に行ったときに秘湯「玉子湯」にはいれたこと(いいお湯でした!)と
前々から予定していた恒例のマツダスタジアムに行くことで
ストレスを小出しに発散しようと思っています。

今は月末にある
兵庫県者社会福祉士会の「滞日外国人ソーシャルワーク」研修の準備をしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月は忙しい≡≡≡ヘ(*--)ノ | トップ | 活動を続けるということ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
暑中見舞い申し上げます。 (IN)
2017-08-10 21:06:29
暑中見舞い申し上げます。
ブログ見てますよ。
一市民として生活し医療通訳や外国人支援を、実際に行っている方の
ブログを読むことは、
医療通訳や外国人支援を理解する上で、より深い視点に気づかされます。
自分に、寄り沿ってこその活動と思います。ご自愛下さい。
IN様 (MEDINT)
2017-08-14 16:46:06
温かいコメントありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。

「自分に寄り添ってこその活動」という言葉・・
MEDINTを作ってから突っ走ってきた自分が、今立ち止まらなければいけない状況にあることには、きっと理由があるのだと思います。

NGO活動を続ける中で、やめていった人たち、やめざるを得なかった人たちを考えることが、今までの私にはあまりなかったし、その葛藤も本当の意味で理解できていなかったです。

今の状況は、自分ひとりで抱え込まないことや助けてくれる本当の仲間を見つけるという意味で、様々な学びがあるととらえることにしました。
歩みののろい活動ですが、どうか末永く見守っていただければうれしいです。

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事