MEDINT(医療通訳研究会)便り

医療通訳の制度化を目指す医療通訳研究会(MEDINT)のコラム
~みんなで 医療通訳者を増やし、守り、育てよう!~

医療とコミュニケーション「通訳を担う子どもたち」

2013-07-01 00:00:00 | 通訳者のつぶやき
みなさん

昨年12月に開催した神戸市看護大学国際フォーラム
「医療とコミュニケーション~通訳を担う子どもたち」の
プロシーディングはお手にとっていただけたでしょうか?

基調講演にリリアン・テルミ・ハタノ先生をお招きし、
子供の福祉と教育の視点からお話いただきました。
そのあとのシンポジウムでは、
手話・ベトナム語・スペイン語の通訳者の方々に
子供の頃、家族の通訳をした経験と
コミュニティの子供たちのお話をしていただきました。

子供が医療通訳をすることについては
決してネガティブな側面ばかりではありません。
ただ、周りの大人たちがこどもの能力や性格、場面などを
きちんと判断することが大切です。
できれば、医療職の方や子供たちを支援されている方々に
読んで頂ければと思います。

1冊500円です。ご希望の方は
振込先:郵便振替口座 00960-9-129522 医療通訳研究会
振込用紙に「書籍名と冊数」「送付先ご住所・お名前」「領収書の要・不
要(領収書の宛名、但し書きを指定する場合はその旨)」をご記入くださ
い。

送料は1~4冊80円、5~8冊160円です。(ヤマト運輸メール便でお届しま
す。郵便ではありませんので転送は不可です。必ず届くご住所をご記入く
ださい)


日経新聞の報道は こちら
JAPANTIMESの報道は こちら
コメント   この記事についてブログを書く
« 卵が先か鶏(にわとり)が先か? | トップ | 怒りの矛先 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事