MEDINT(医療通訳研究会)便り+

医療通訳だけでなく、広く在住外国人のコミュニケーション支援について考えていきます。

あなたはどうしますか

2021-04-26 23:55:04 | 通訳者のつぶやき
先日、他分野の研究者の方と医療通訳に関する議論をしていたときに、
「不法滞在(非正規滞在)の人に医療通訳が必要な時、どうしますか」と聞かれました。

「普通に通訳しますよ」と答えました。

医師や看護師といった医療従事者の方々も
目の前に患者がいれば、その人の救命に全力を注がれると思います。

もし、患者のバックグラウンドによって通訳が変わるようであれば
それは自分が受けてはいけない通訳だと思います。
私たちは人間なので、いろんな感情や価値観があります。

医療通訳者としての仕事(役割)が、自分の感情や価値観に飲み込まれそうなときは
きちんと断ることが必要です。

ソーシャルワークの中に「自己覚知(じこかくち)」という言葉がありますが、
それは、支援者が「自分のことを知っておくこと」つまり通訳者にあてはめると
「通訳者としての自分をコントロールするために、自分の価値観を知っておくこと」です。

医療通訳の学習の中に「医療通訳者の自己管理」という単元があります。
この自己覚知は、職業人としての自分をコントロールして、よい通訳をするために、必要なことです。
そして、それは通訳者としての自分自身を守るとともに、患者を守ることにもなります。

感染症は、すべての人が対象です。
ワクチンも治療もすべての人が対象にならなければ感染は収まりません。
高齢者のワクチン接種が始まりました。
言葉の問題で、ワクチン接種を受けるべき人が受けられないことがないように
医療通訳者ができることをやろうと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« MEDINTのマスコットキャラを... | トップ | ヤングケアラー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

通訳者のつぶやき」カテゴリの最新記事