広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

視力回復手術について Part②

2010-03-27 16:04:26 | レーシックについて
■イントラウェーブフロントレーシック
イントラウェーブフロントレーシックとは、ウェーブフロントレーシック+イントラレーシックの組み合わせ手術となります。

■クリーンルームレーシック
安定したレーザー照射により、正確で快適な手術が受けられるレーシックとなります。
クリーンルームを専用にし行う手術となります。

■ラセック
ラセック(LASEK)とは、アルコールで角膜上皮部分をめくり非常に薄いフラップを作成する手術のことです。
通常のレーシックを受ける事が難しい、角膜が薄い人や強度近視の人、眼が小さい人などでも受けることができる手術となります。

■オルソケラトロジー
オルケソラトロジーとは、寝ている間に使用する特殊なデザインの高酸素透過性ハードコンタクのことでで、近視や乱視を回復させる、手術の必要のない角膜矯正法となります。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 視力回復手術について Part① | トップ | レーシックの失敗によって失... »

レーシックについて」カテゴリの最新記事