goo

冬はローラートレーニング

スタッフ朝日です。
先程もローラー台教室の記事を再掲載いたしましたが、いよいよ本格的に雪の時期に突入してきましたね。
今朝は広島市内も雪景色になっておりました。
自転車に乗るのが辛くなってしまうので、普段自転車で通勤する方も、通勤手段を変更することも多くなるかもしれません。
週末のトレーニング頻度も減ってしまう方が多いのではないでしょうか?
とはいえ競技でトレーニングをしている方はできれば冬でも頻度や強度を下げたくないですよね。
また、冬に全く乗らないと太ってしまうという方もいるかもしれません。
そんな方には、ローラー台でトレーニングすることをオススメいたします。
ローラー台にはバランスを取らないとまっすぐ走れない「3本ローラー」と完全に自転車を固定する「固定ローラー」があるというのは皆様、ご存知だと思いますが、ローラーの種類が多すぎて、区別がよくわからない方は意外と多いのではないでしょうか?
今回は特に「固定ローラー台」について、おすすめ品をご紹介したいと思います。
その前にローラー台の価格がどんな要素によって、上下するのか?ということを箇条書きにしておきたいと思います。
これが全てではなく、メーカー独自の機能などもありますが、主に以下の要素の有無よって価格が決まっていると思われます。
●負荷機能の強弱(高グレードほど、より高い負荷を設定可能)
●通信機能(これが搭載されているモデルは、センサー類を別途購入しなくても、トレーニングアプリを使用可能)
●POWER(出力)を測定できるかどうか。
●より高い静粛性



ELITE VOLANO メーカー小売希望価格:54,700円(税別)

イタリアELITE社のクラシックタイプトレーナーです。
ここでいうクラシックという意味は、「ZWIFT」をはじめとするトレーニングアプリを利用するために、別売りの「MISUROセンサー」を必要とするものを、クラシックトレーナーとメーカーは呼んでいます。
---
◎特徴
1.電源を必要としないため、どのような場面でも使用可能です。
2.インドアトレーニングから、イベント前のアップまで、幅い広く使えます。
3.「ダイレクトトランスミッション方式」「内装式フルード」採用のため、高い静粛性を誇り、静粛性に限って言えば、上位機種と遜色ありません。
4.「ZWIFT」などを遊ぶ場合のみ別途センサーが必要ですが、使わない場合はこタイプのトレーナーとしては一番安価です。
5.これまでのマグネット式と違い後輪は外して取り付けするため、専用のクイックレバーが必要なく、どのようなロードバイクでも簡単に取り付け可能です(設定を変更すれば他の車種でも使えますよ)
6.後輪は使いませんから、タイヤがリヤだけすり減ることがありません。

若干高価ではありますが、永く使うものですし、時間がないときでもしっかりとトレーニングしたい方には、ベストだと思います。
弱点として、「ZWIFT」などを本格的に楽しむためには、別途センサー類が必要となり、パワー計測も自転車側にセンサーが装備されていなければ計測できません。
このような用途まで望まれる方は以下のモデルもオススメです!
---


ELITE DIRETO メーカー小売希望価格:110,880円(税別)
こちらの「DIRETO(ディレート)」はELITE社の区分で言うと「インタラクティブトレーナー」と呼ばれる区分のセカンドモデルです。
---
◎特徴
1.電子制御の負荷機能を備えているため、100V電源を必要とします(電源のない場所では、機能のほとんどは使用できません)
2.VOLANOと同じく、リアホイールを外して取り付ける、ダイレクトトランスミッション方式を採用。高い静粛性を誇ります。
3.「ZWIFT」などに対応するセンサーを本体に内蔵していますので、べっちセンサーを購入する必要がありません。
4.誤差±2.5%という高精度出力センサーを内蔵。バイクにセンサーが装備されていなくても、パワーを測定することができます。
5.自動負荷機能搭載により「ZWIFT」などのアプリを楽しむ場合、ゲーム内のロケーション変化(勾配などの変化)に合わせて、ローラー台が自動でそれに見合った負荷に変更してくれます(最大勾配再現度14%!!)通常のクラシックトレーナを使う場合は、ユーザーが自ら負荷を変更するしかありませんので、自動負荷機能があれば、よりリアルにゲームを楽しむことができます。
---
こちらはどちらかといえば、「ZWIFT」などをかなり本格的にトレーニングに活用したい方向きのローラー台と言えますが、自転車本体に見た目や、重量、ホイール規格の問題などで出力を計測するセンサーを付けられない、もしくは付けたくない(笑)方にもオススメです。
これ一台あれば、実走のバランス感覚を養うトレーニング以外のほぼ全てのトレーニングが、手軽に実現できます。
価格から考えても、ローラー最初の1台としては買いにくいかもしれませんが、出力を含めた計測センサーのほとんどがこのローラーで使用可能になることを考えると、そのようなトレーニングをしてみたい方には一番お買い求めやすい商品だと思います(心拍センサーは別途購入の必要アリ)

店頭に商品を網羅したパンフレットをご用意しておりますので、是非ご来店ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ローラー台教... 冬の足元を快... »