goo

AERO 60遂に入荷してきました!

スタッフ朝日です。
現在、当店で一番人気のサイクルコンピューター「Bryton」の最上級モデル Aero 60 が、やっとこさ入荷して来ました~!
ご注文頂いておりましたお客様、長らくお待たせして申し訳ありませんでした。
-
早速、Aero 60 T(心拍・ケイデンス付)は店頭在庫しています!(1個のみ!)
(*本体のみの販売は次回入荷11月末頃の予定です。)
----------------------------------
Bryton・Aero 60 E(本体のみ)定価:23,800円(税別)
----------------------------------
Bryton・Aero 60 T(心拍・ケイデンス付)定価:32,800円(税別)
----------------------------------
*充電用USBケーブル、専用アウトフロントマウント、クイックスタートガイドは標準付属します。
★当店の販売価格は店頭にてご確認くださいませ。
----------------------------------
http://www.fukaya-nagoya.co.jp/brand/bryton/products/aero60/
----------------------------------

今回の新製品「Aero 60」の特徴を抜粋してみると・・・

・GPSの精度が格段に向上している
受信できる信号がGPS信号に加えて複数の、新たな信号を受信できるようになったため、正確な測位、素早い同期が可能になりました。

・ルートナビで地図表示が可能になった
事前に作成した地図データを本体に取り込んで、ルートナビを行う基本機能に変更ありません。
今回追加されたのは、今どこを走っているのかが、簡易な地図データデータ上で分かるようになる機能です。

これはrider530のルートナビ画面ですが、見てわかる通り簡単な線でしかルートが分からないようになっておりましたので、大幅に設定したルートから逸れると、ルートを逸れていることは案内してくれても、どう戻るかがよく分かりませんでした(笑)
結果、事前に自分がルートを把握していないと、ほとんど役に立たない機能になってしまっておりました。
私も530にて何度か、この機能を使ってみたのですが、このモードにすると大幅に表示情報が少なくなるし(距離スピードくらいしか出ない)、その割にルートもよく分からないということで、ほとんど使っていませんでした(笑)

ところが今回は

簡単ではありますが、地図データの中で案内が出るようになりましたので、少なくともどこを走っているのかは、明確になりました。
測位も複数の衛星信号を受信して行えるようになっているので、自分の位置が正確に表示されるようになっているはずです。
これであれば、道標としての最低限の機能は満たせると思います。
もちろん、カラー表示で、音声案内までを求めるのなら、GARMINを買う必要がありますが、そこまでこだわらない方なら、これで十分ですね。

・Shimano/Di2、Campagnolo/EPS、SRAM/E-TAPに対応
以前からシマノ電動変速「Di2」には対応しておりましたが、新たにカンパニョーロ「EPS」
スラム「e-TAP」にも対応しました。
これで、ほとんどの市場に出回っている電動変速に対応したことになりますね。

・電話やメールの着信通知機能
これはrider410から搭載された機能ですが、他のメーカーのサイクルコンピュータでは、大抵搭載されていた、この機能がブライトンには、なぜかありませんでした。
410とAERO60からは、ようやくこの機能が搭載されましたので、事前にスマホやiPhoneと同期させておけば、メールや電話、アプリからの通知などが、画面上に表示されます。
通知される情報は、メールのみ、電話のみ、又は両方という感じで、選ぶことができます。

・空気抵抗軽減(エアロ効果)を意識したデザイン
これはAERO60の名前の通り、この機種だけに採用されています。
ディンプル加工(ゴルフボールのような窪みを設ける加工)された本体と、前方投影面積を減らした、専用の取り付けマウントにより、従来のサイクルコンピュータに比較して、大幅な空気抵抗の削減を実現しました。
最近は画面がどんどん大きくなるので、以外に効果があるのかもしれません(笑)
それに伴って、マウントが樹脂から金属に変更されましたので、耐久性も向上していますし、走行中にコンピュータが外れてしまうようなことも少なくなると思われます(代わりに、以前は付属していた、シリコンバンドで取り付ける方式のマウントは付属していません。以前のモデルに付属している物も流用出来ません)

・パワートレーニングにおけるトレーニングメニューが追加
これも410から採用された機能ですが、パワー計測が出来るだけではなく、パワー計測を利用したトレーニングメニューを表示できるようになりました。
それに沿ってトレーニングすると、パワー向上が、望めるかもしれませんね!

以上が大きく変更、追加された機能です。
実際は説明書には、触れられていないだけで、過去のモデルで出たエラーやトラブル等もアップデートで解決されているはずですから、今からブライトンを検討されるなら、このモデルかRIDER410が良いと思います。
サイクルコンピュータは、そうそう何回も買うものではありませんので、拡張性の高い最新モデルを買って、長持ちさせた方がお得ですよ!
AERO60に関しましては、新モデルのため、一時的にメーカー在庫が不足する可能性もございます。
ご興味のある方はお早めにご相談ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 明日はサタモ... 店内完成車、... »