goo

カンパニョーロ13速にピッタリ?

スタッフ朝日です。
先日発表され、世界に衝撃を与えた、イタリアのコンポーネントメーカー「CAMPANOLO」のグラベルバイクコンポーネント「EKAR」。
フロントシングル、リア13速等、様々な新機構を採用した、CAMPANOLOのNEWコンポーネントです。

グラベルロードは、まだジャンルとして歴史が短いため(実際にはツーリングのためのバイクなので、クラシックなものは存在していますが)SHIMANOの「GRX」しか専用コンポーネントは存在せず、それ以外の選択肢としては、従来のロードコンポーネントを採用しているバイクが多いのが現状でした。
もちろんそれでも性能的に何の問題もないのですが、高級なグラベルバイクに採用したくなるような「雰囲気」のあるコンポーネントがなかったんですよね(抽象的な個人の感想です笑)
そこに登場したのがこの「EKAR」
決してお求めやすい価格のコンポーネントではありませんが(GRXのDI2よりも高価です)価格以上の価値を持つ、グラベルツーリングバイクに仕上げることができるコンポーネントだと思います!
そしてこのコンポーネントと組み合わせるのはやはり「イタリアン」メーカーのグラベルフレームがピッタリではないでしょうか!
当店にも「EKAR」にピッタリのフレームを在庫しています。

 






PINARELLO GRAVIL 
メーカー小売り希望価格:380,000円(税抜き)
※写真はイメージです。
フレームセットでの販売となります。

PINARELLOが初めてラインナップしたグラベルバイクです。
オンロードを太めのタイヤでのんびりと走るために最適なバイクとなっています。
「のんびり」と表現してしまうと、人によっては、軽快な走りができない重い感じの自転車をイメージしてしまうかもしれません。
しかし、レーシングブランドであるPINARELLOは「低速でしか走れないバイク」はもちろん作りません(笑)
PINARELLOらしい高級感のあるデザインと、走りの基本的な性能は、しっかりと残している万能バイクとなっています。
タイヤ幅を狭くすることによって、軽快に走ることも可能ですし、ブロックパターンのタイヤを取り付ければ、未舗装路走行や、シクロクロスレースへの転用も可能ですので、通常のレーシングモデルと「比較したとき」にのんびりと走ることが得意なバイクと思っていただければよいと思います。
レーサータイプとはまた違う「大人の雰囲気」を醸し出しているフレームです。
自動車の世界でいえば「高級なSUV」でしょうか?
どんな遊び方もユーザーに合わせてできる万能高級車というイメージがしっくりくるかもしれませんね。
この大人の雰囲気を持つ高級ツーリングバイクには、先ほど紹介した「CAMPANOLO EKAR」が最高に似合うと思います(笑)
最近の完成車では、ほとんど選択できなくなってきた「すべてイタリアメーカー」の自転車を、ぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?
きっと最高の所有欲を満たせると思います(笑)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 100キロサイク... 10月後半から1... »