goo

新製品!DURA-ACE ホイールがお奨めです!

店主・仲西です。
昨日、ついに発表された新型 DURA-ACE と ULTEGRA 。
ワイヤレス化された STI レバーや 12速のリヤスプロケット等、パーツスペックについてのトピックに注目が集まりますが、実は今回の新製品でお奨めしたいのは新型の「ホイール」です!

只今、ご予約注文受付中です!
新型 DURA-ACE コンポーネントと合わせてご検討くださいませ!


【 従来品からの主な変更点 】
-----
1・販売価格が大幅に安くなった!
2・CL & TL 仕様は更に軽量化された!
3・新型12S用フリーボディで駆動効率が大幅に向上した!
4・空気抵抗を軽減された!

-----
*CL = クリンチャー、TL = チューブレスレディ
-----
★WH-R9270-C36 定価:233,530円(税込/前後SET)
★WH-R9270-C50 定価:233,530円(税込/前後SET)
★WH-R9270-C60 定価:233,530円(税込/前後SET)

-----
*リムブレーキ、ディスクブレーキ同価格
*チューブラー、クリンチャー&チューブレスレディ同価格
-----

お客様にとって何より嬉しいのは「価格が安くなった」事ですね!
【 比較例 】
-----
従来品 WH-R9170 C60 TU 定価:360,855円(税込/前後SET)
新製品 WH-R9270-C60 TU 定価:233,530円(税込/前後SET)
-----
チューブラー、ディスクブレーキ、リムハイト 60mm 仕様で価格を比較した場合、新製品の方がなんと 127,325円!もお安くなっています!
しかも特筆すべきは、従来品はリム高さや適合タイヤの仕様によって価格が異なっておりましたが、新製品では全ての仕様で同価格(定価:233,530円/税込)に統一されました!
価格統一により、お客様の使用目的やお好みに合わせてホイールを選びやすくなりました。



更に新しく開発された 12S 専用フリーボディは、内部のラチェット構造が変更され、駆動効率(ペダル・ギヤクランクで上側のチェーンを引っ張る力がホイールを回転させる時の効率)が大幅に向上されましたので、これまで以上に「良く進む」「良く回る」ようになっています。

個人的に一番お奨めしたいポイントは「チューブラータイヤ仕様」がラインナップされている事です!
最近はチューブラータイヤを使用されるお客様が非常に少なくなっておりますが、現在主流となっているクリンチャーやチューブレスレディと比較しても、タイヤ自体の走行性能は今でもチューブラータイヤが圧倒的に良いんです。
特にカーボン製リムの場合は、チューブラータイヤ仕様の方がリム自体も軽くなるし、リム自体の剛性や強度面でも有利になります。
残念ながら各ホイールメーカーは単純に沢山「売れない」ので、どんどんチューブラータイヤ仕様のホイールが廃盤となり消えてしまっています。
お客様の選択肢が少なくなっている現状で、チューブラータイヤ仕様のホイールが継続販売されているのは、ありがたいですね。
チューブラータイヤはパンクした時の対応が面倒くさそう…と気にされているお客様も多いですね。
クリンチャータイヤにしても同じなんですが、パンクした時の対応方法が違うだけで、正しいやり方を覚えれば手間自体は同じです。
チューブラータイヤを普段のサイクリングで使用する場合は、タイヤが「かさばる」のは致し方ない部分ではありますが、プロっぽく(苦笑)上手に折り畳んで収納・持ち運びする事も出来ますよ。
トライアスロンやロードレース、ヒルクライムレースにチャレンジするお客様は、決戦用(笑)ホイールとしてチューブラータイヤをぜひご使用くださいませ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 新型 DURA-ACE... 新型!第五世... »