存在感光るシニアブロガー

2021-04-10 | 社会一般

数日前の某新聞夕刊に「存在感光るシニアブロガー」という見出しで、

いつも拝見しているシニアブロガーの方々の記事が載っていたので、

身近な話題として親近感を持って読ませて頂きました。

ステイホームの期間中はもとより、この先年齢や体力の衰えで在宅時間の

多くなるシニア世代の人々にとって話題に共感出来るブロガーさん達の

ブログに接することで、楽しく参考にさせて頂いたり、自分の考えを

意識して整理したり、或いは疑問を持ったりすることでSNS独特の

仲間意識や共感が生じるように思っています。

そうして言えることは殆ど毎日コンスタントに更新されている

多くのブロガーさん達には尊敬の念をもって頭が下がる思いでいます。

読ませて頂くのは私にとって興味深く、更新することより楽なことです。

いつも書く意欲は持っているのですが、私は時間のやり繰りが下手で

怠けブロガーの域に止まっています。しかし意見としては

「シニアこそブログで繫がりを」との思いを持っておりますので

落ちこぼれない様に今後も繋がっていきたいと思っております。


(続)向こう3軒両隣の世代交代

2021-04-04 | 高齢期問題

昨年6月にお向かいの奥様が90才でお亡くなりになったのですが、

その後はやもめのご長男が同居されて96才のお父様の介護されていました。

そのお父様は奥様に先立たれたショックが大きかったのでしょうか、

3か月位で体調を崩され介護施設に入ってしまわれたのでしたが、

実は大晦日に奥様の後を追われてご逝去されたのでした。

70代の息子さんは後の整理をされていましたが、先日挨拶に来られて

自分は湘南の息子達の近くのマンションに越すことになったので

退去して手放すことにしましたということでした。

兄妹二人でいらしたのですがこの周辺の方々は相続されたた両親の

家を売却して折半されるパターンが多いようです。

又我が家の左隣は続いて2軒空き家です。奥様方は96才前後になられて

いますが介護施設に入られてそれぞれ4年と10年ほどになられます。

斜向かいの長く空き地になっていた土地では建築が始まるようで

若いご夫婦が挨拶にこられました。この辺りは分譲後50年に

なりますが、これから新旧世代の入れ替わりが激しくなり

私共は益々古株になっていきます。


庭の花々に春を知らされる。

2021-03-27 | 雑記

地震や災害に見舞われる我が国ですが、一方、四季折々の変化に富んで

それらを楽しむことが出来る時、この国に生まれた幸せを感じます。

ぼけ(大好きな花)

鬱々とした2月が去って、3月に入ってからは、庭の花木が順番に

咲き始めて、毎朝雨戸を開ける度に明るい春の息吹を感じています。

かいどう

桃の花(年々早く開花しています)

水仙

クリスマスローズ

パンジー(長いこと咲き続けてくれました)

順番で1年間努めた卓球サークルのお当番からも解放されて、

ほっとしています。只、最近の急激な体力の衰えや疲れやすさから

この先続けていけるのか自信がありません。

1月~3月末まで抽選会のみで休止状態でしたから。

運動は体調と相談しながらということにしようと思っています。

上は昨年10月~12月に室内で楽しんだシクラメンですが、

庭の管理人の夫が咲き終わったので室外に出しておいたら

2月末から外で再度咲き始めて今も楽しませてくれています。


天災と人災、東日本大震災から10年目、日本中が悲しみに暮れました。

2021-03-11 | 社会一般

予想もつかない天災と人災に襲われた東日本地方、このところ日本に続く

悲しく苦しい試練に辛く悔しい思がします。

記録によると、この三陸海岸地方には明治時代や昭和の初期にも

地震と津波が押し寄せていたとのことです。地政学上、周期的に

地震+津波が起きる可能性があるという言い伝えはあったと思います。

これは私のつたない疑問なのですが、それらの土地の歴史や古老からの

言い伝えは活かされてきたのでしょうか?

天災は本当に忘れた頃にやってくるものなのですから。

そうしてその地方に据え付けられた原発については、あってはならない

恐ろしい事故を防止する為にも、太平洋に面して津波の過去歴もある

この地方の立地条件の危なさに徹底的に対峙しなければならなかったと

思います。せめて電源を高い所に置くとか。

私はたまたま、ある場所でその年の東電の社内誌1月号に目を通したのを

思い出します。

その頃は電磁調理器の販売に力が入っていました。社長か会長の記事で

「東電は優れたノウハウを持っているのだから、これらを海外に展開しよう」と

いう様な意気込みの記事が書かれていたように覚えています。また、

福島の原発って基本構造はアメリカのGeneral Electric製だそうですが、

事故以来十分面倒見てもらっているかなと思ったりしています。

未来に向けて前向きに進むことは大変重要なことですが、

時々過去の歴史を振り返り学ぶことも必要ではないかと

被災地の復興を心から願いながら思っています。


Zoomの四方山話であれこれ意見交換

2021-03-06 | 英会話,卓球サークル

英会話講座の先生が開かれているZoom講座に毎週参加して四方山話に

花を咲かせています??  私が一番年増かもしれません。

60~70代の若い方々がいろいろな話題を提供して下さいます。

最近知った身近なことでは、お料理の出汁の話で「茅乃舎の出汁」が

が美味しいとのことでした。私には初耳でしたので早速取り寄せて

使ってみています。先日 「ハマグリの潮汁」を作ったのですが出来栄えは絶品でした。

出汁のせいか、ハマグリのせいか、私の味加減のせいか分かりませんが。

スポーツ全般、netflixやYouTubeや私の知らない利用

出来ていないNET関係の利用方法も話題になります。

上手に時間を作って楽しまれているれる方々が羨ましく思えました。

今気になっていることは、テレビの寿命です。Aさん宅のリビングのテレビがある日

突然真っ暗になり修理不可能と断定されて、新しく4Kテレビを買いに走られた

たそうで、購入後14年目だったそうです。我が家のテレビも調べてみたら2007年に

購入していましたのである程度覚悟が必要かなと少々きになりました。

最近夫は新聞を読む以外テレビの前に座っている時間が長く

私も乍ら仕事で見ていますから長時間つけっぱなし状態なのです。

それと何人かの方が気にしているのが、今使っているWindous10のパソコンです。

 私は4月でまる2年になりますが、正月早々、立ち上げても画面が真っ暗で

反応が無くなり困りました。ハードディスクが壊れたのではないかとメーカーに

問い合わせをしました。この件についてはControl とAltとDelete キーを

同時に押すことで結局解決しました。私はどうもMicrosoft Edge と

相性が悪いようで馴染めなくて戸惑うことが多いのです。数年後に次が出たら

お手上げになるかも知れません。新しい機器に慣れるのが容易でなくなってきました。


年期のいった戸建て住宅に住んでいると管理人業務が増えてきます。

2021-03-03 | 建築、ハウジング、建物

我が家は築38年になります。20年目に使い勝手の改良を考えて1階と2階の

リフォーム工事をしました。10年位前という感覚ですが、もう18年も

経ってしまいました。居住しながらの床を剥がしたり、水回り全般の工事

でしたから何かと大変でした。8割方希望通りに改良されましたが、

失敗が2割ほど。それについてはいつか経験を記録したいと思っています。

今年に入ってから主に外回りのトラブルに見舞われ、それぞれの業者さん

との交渉や工事発注などに追われました。夫は「家のことは全部家内に

任せる主義」を貫いていますので相談には乗ってくれますが、頼りなく

居ないよりましの存在です。

ある日、地下のドライエリアの揚水ポンプが音を立てて空回りし始めた

ので慌てて電源を抜き翌日メーカーに連絡、処置をしました。何しろ、

耐用年数10年位と言われているポンプが17年も稼働していたのでした。

記録を見るとその前は、7年で取り換えていました。7万円でした。

今回無事に新しいものに入れ替えて12万円の出費となりました。

(発注時の請求額は15万円だったのですが、交渉で現場検証時の

下見料金3万円は工事に繋がったということで無しにしてもらえました。)

 

それに加えて下水道の桝もコンクリートからプラスチック製にそろそろ

交換した方がいい時期にきていることが分かり、ニ業者からの相見積もり

受け取りました。こちらは額も大きいし、緊急性はないので、結局

ゆっくりコロナ終息後の時期に考えることにしています。

それに先日の室内エアコンのクリーニング作業も重なりました。

おまけに、家の裏側の警告灯の感知装置が経年劣化で駄目になり、

これも電気屋さんに取り替えを依頼しました。こちらは¥8,800

済みました。経年劣化が次々に続いてしまいました。

一寸した電気関係の不具合工事などは、いつも近くの「町の

電気屋さん」に依頼しています。電気関係に弱い老夫婦ですので、

お馴染みになっておく方が、何かあった時に心強いと思うからです。

こういうことが煩わしいと、マンションに引っ越しされていかれる

方も多いのですが、私は今のところ少しでも住みやすくする為に

あれこれ模索して解決するのが嫌いではないのでまだ暫く頑張っ

ていくつもりです。建物の躯体はしっかりした家ですので

メンテナンス記録をしっかりとつけて親族に引き継いで貰いたいと

思っています。

 

 


鼻づまりの原因はカビのついたエアコン?

2021-02-10 | 健康

私は子供の頃から鼻や喉の耳鼻科系が弱く風邪を引くと必ず咳に繋がり

長引く体質なのです。ですからこのコロナ禍、一日も早く終わって

ほしいと願いながら、鼻や喉の調子に気を付けています。

風邪は5~6年ひいていませんが、このところ、鼻がずっと詰り気味で

耳鼻科でアレルギーの薬を頂いたり鼻洗いをしたりしていました。

就寝前だけエアコンで和室の寝室を暖めているのですが、気になる匂いが

続いていました。洗濯物の生乾きのような匂いです。

エアコンは7年目ですが、セルフクリーニンが付いているのをいいことに

1度もクリーニンを頼んだことがありませんでした。

(このエアコン、保証期間内の3年目に作動不良でモーターを取り替えています。)

メーカーに事情を言って相談をしましたら、取り外してメーカーの工場で

クリーニングをするのがベストだとのこと。料金は¥25,000との

ことで早速お願いしました。

3日程でエアコンはキレイなって戻ってきました。埃やカビがついて

いたそうです。乾燥するのを嫌って加湿器を、毎晩つけっぱなしにして

いました。毎朝かなりの結露が出ていて拭きとりが大変でした。

これも影響していたと思います。

クリーニングしたエアコンをつけ始めてからは、匂いもなく明らかに

鼻詰まりが解消したのです。鼻がフィルターの役目をしていたような

気がしています。

又繰り返すかも知れないし、うちでは、エアコンは主に夏の熱中症予防に

使っていますので、来冬からは他の暖房器具に変えようかと思っています。


午後のウオーキングが日課になってきました。

2021-02-07 | 建築、ハウジング、建物

長い間「亭主元気で外がいい」と別行動をしていた私達夫婦

ですが、コロナ発生以来、午後のウオーキングを出来るだけ

実行するように心掛けるようになりました。

「しにあのウォーキング」の画像検索結果

外出の機会を失ってしまった夫は運動不足の為か、年相応

ではありますが老化現象が急に出てきたように感じられます。

興味を持って歩くことで足腰や脳が刺激されていいと聞いて

いますので、買い物を兼ねたウオーキングを3000~4000歩を

目標にする様にしています。あの道この道と毎回コースを

変えて歩いていると、毎回新しい発見があり楽しいものです。

「街並み イラスト」の画像検索結果

私は、道を歩きながら、建ち並ぶ家々を見ては、人々の

暮らし方の工夫などを知るのが好きな性分のようです。

降り返ってみると、子供の頃から、家(ハウジング)のことを

いろいろ考えるのが好きでした。

家の間取りを始め、今迄に住んだ家の間取りは大体思い出せます。

「二階建て イラスト」の画像検索結果

小学生の頃の夢は2階建ての家に住むことでした。

いつの世でも快適なマイホームは人々の夢ですね。

 


ラインやメールは便利だけれど、一寸疲れます。

2021-02-04 | 家族

ラインやメールは自分の空いた時間を使って無料かそれに近い

安価な料金で交信出来るので、私も頻繁に使っています。

しかし最近は少々SMS疲れしてきました。

孫達も含む家族、友人、グループ等と範囲が広がるにつれ、

主に音声入力を使っていても、書き直しもあり、かなりの

時間を使うことになってくたびれ気味です。

勿論相手によっては、無料電話を使ったりしています。

疲れるといえば、80才過ぎて13食準備するのも体力の

いることです。何時まで続けられることでしょうか?

元々外食はせっかちのせいか、待つ時間が勿体ないので

たまにしか行きませんでした。ゆとりのない性格なのです。

ですから現在の巣ごもり生活には違和感がありません。

コロナ禍が終わっても好奇心一杯で情報収集と近隣散歩を

欠かさない今の生活スタイルが基本になると思います。


コロナ感染に怯える日々

2021-01-24 | 健康

コロナ禍が始まって、もう1年になるというのに、政府のコロナ対策は

後手後手で迷走し続け医療崩壊、社会崩壊を招いている感じがして

います。運悪くコロナに感染してもPCR検査を受けるのにも手間どり、

入院などは日に日に病床数が逼迫してきて不可能な状況になってきてい

ます。高齢者の私は怯えながら自己防衛するしかないとワクチンに

望みを託しています。

本庶氏ら4人のノーベル賞の受賞者の方々や、有識者の方々が以前から

コロナ制圧の一番の近道はPCR検査を拡充して、発生源である

無症状患者を2週間隔離することであるとの進言をされ続けていますが、

未だに検査件数は先進国で最少の数字に抑えられています。

ワクチン接種が始まってもPCR検査の拡充が「いろは」の「い」では

ないかと思います。政府は医療崩壊やオリンピック開催を控えていて、

公式患者数を低く抑えたいのか、厚生労働省関連の利権のがらみ

なのか、発生源の放置の結果が今日の国民や関連業者を縛る

緊急事態を招いたと思っています。

一応コロナを制圧した国々、(中国、台湾、オーストラリア、

ニュージーランド ベトナム)がどのような対策を取って成功して

いるかが明らかなのに、小康状態の夏の間に国民の命を守るために

何を予測し方針を立てて制圧すべく実行してきたのでしょうか?

国民皆保険を世界に誇る国なのに頼りにならないと感じています。ただ

自由にものが言える国であることは幸せなことだと思っています。


みかんは絞ってジュースにして飲んでいます。

2021-01-17 | 健康

子供の頃から冬になると毎日みかんを食べていました。

そのせいで掌は冬の間、黄色くなっていました。みかんは

ビタミンCが豊富なので風邪予防になると信じて今も常備しています。

最近は皮をむいて食べるのが面倒なので、横半分に切って搾り器で

搾ってミカンジュースにして飲んでいます。みかん2~3個分です。

一方、今年は庭のレモンが鈴なりで大豊作でした。

ご近所に配ってもまだまだ沢山残っています。

購読している雑誌で「レモンで血糖値抑制効果を確認」という記事

を読み食膳にレモン果汁の摂取をなるべく実行することにしました。

最近の私の血糖値はまあまあで、HbA1c(ヘモグロビン値)は

6.2で先生からも「大丈夫」と云われているのですが、

豊富なレモンで「はちみつレモン」を作って冷蔵庫に

常備して、食膳はもとより随時飲むことにしました。

一方、友人から貰った沢山のブランドクッキーやチョコレートは

孫達にも分配して食べ過ぎない様に楽しんでいます。

 


遅れてきたクリスマスプレゼント

2021-01-17 | 交友関係

毎年クリスマスと誕生日にカナダの友人とプレゼント交換しています。

主に嗜好品です。年末は海外航空便が混雑するので早めに出すように

しているのですが、今年はコロナ禍で混乱や遅延が酷かったようです。

友人は12月7日に追跡調査の出来るEMSで発送していましたが、

空の便が大きく減少してカナダを出国できなかった為、

(友人も心配して何度も電話で連絡を取り合っていましたが。)

到着は1月9日でした。友人はラッピングの名人、開けるのをためらって

写真を撮りました。そうしてゆっくり楽しんでいます。

一方私の方は一昨年、追跡調査の出来ないSAL便で出した荷物が、

バンクーバーで何処かに紛れ込んで、先方に1月末に到着した経験が

あるので、11月24日に郵便局に持ち込みました。

そこで局員から「今日からカナダ行きEMS便は受け付け停止です。

SAL便でしか受け付けられません。」と云われ、仕方なく荷ほどきして、

何品が抜き取り重量を減らしてSAL便で出したのでした。

運が良かったのか、こちらは12月初めにトロント郊外の先方に到着し

たのです。その時の運もあるようです。

 


今年の冬は暦通りに進んでいる?

2021-01-13 | 雑記

今年の冬の気候は今のところ暦どおりに進んでいるように思えます。

正月5日に小寒を迎え、寒い日々が続いています。

暖冬という言葉は聞こえてきません。今年こそ暖冬であればコロナ

罹患患者もう少し少なかったでしょうか?関係ないのでしょうか?

今のところ表日本には雪はあまり降らなくて済んでいますが、

裏日本の豪雪は高速道路での立ち往生や孤立地域など過酷すぎます。

子供の頃、富山県の高岡市に住んでいましたが、1メートル一寸の

積雪は子供にとっては、雪遊びのチャンスでしたが。

 

今年の新成人の若い方々はコロナ禍で楽しみにしていた成人式を

大らかに祝えなくてお気の毒に思いました。

我が家の孫娘達が4年前に憧れの振袖を着て祝っていたのを思い出して

います。それに増しても受験生とそのご家庭のご苦労は如何ばかりかと。

間もなく来る20日の大寒を底にして、2月に入り土用が明けて節分が

来ればもう立春、早い春の訪れを待ちわびています。

二度目の緊急事態宣言下、もう少しの辛抱と我慢で済むように

願っています。

 


初春のお慶びを申し上げます。

2021-01-02 | 家族

皆様には良いお年をお迎えになったことと存じあげます。

新年に当たりまずは皆さまのご健康をお祈り申し上げます。

昨年暮からお断りもなくずっとご無沙汰してしまいフォロワーの

皆様には申し訳ございませんでした。

年相応の健康状態で日々を送っておりましたが、家庭内で想定外のことが起きて

しまいました。(人生は想定外の出来事の連続ですが。)

夫の急激な老化現象の進行があり、また調子を崩して検査中だった娘の一人が

このコロナ禍、ある病を告知されてショックでした。

最寄りのクリニックや近隣の病院を経て、幸いにして懇意にしている夫の

大学の後輩の同窓生の専門医の紹介で、心から信頼出来る先生にたどり着く

ことが出来ました。

この後は本人の意思に任せて必要とされることで支えていくしかないかと

漠然と思っております。

気持ちが落ち着かず、暫く又ご無沙汰することになるかと存じますが、

ご了解くださいます様お願い申し上げます。

 


興味のあるサークルに行きつくまで

2020-11-17 | 趣味関連

 70才前後になった頃、近くにいる孫達も中学生や高校生になり、少し

自分自身の 時間が出来た頃から地域のいろいろなグループ活動に興味と

意欲を抱き始めました。 以前から、下手の横好きで飯田深雪先生や

菊田せつ子先生の私邸を兼ねたお料理教室に 、美味しいお料理を食べに

通うのが楽しみではありました。

歳をとっていくので、これからは近隣地域でと思っていたところ

直ぐ近くのYさんが ご自宅を開放されて開かれた家庭的な「英会話」

教室を知り通い始めました。

近隣に友人が殆どいなかったのですが、そちらで幾人かの方々との出会い

がありました。 その教室から」エヴィリンさんご自宅での多国籍料理、

更にAさんの「ハーブ教室」 Sさんの「煎茶」などが派生し輪が広がって

いきました。 (エヴィリンさん)

Yさんはその頃ご主人が特許を取得されて、会社を立ち上げられて

事業が大きく伸び大成功されたのでした。一旦、教室を閉じられて、

昔から彼女の夢であった「一軒家カルチャースクール」を

新たに立ち上げられたのでした。

しかし、場所や費用面などで存続に無理があったのか?

分かりませんが、最近は介護関係事業に 転用されているようです。

退職後のシニア達は暇な時間はあっても、経済的にはシビアですから。

多くの方々が、市や区の催す講座に参加して、そこからサークルを立ち

上げる場合が 多いようです。

私の地域ではそうして出来た多くのサークルを、これから何かやりたいと

思っているシニアの人々に紹介して下さっていました。

そこでいくつかのサークルの中から現在お世話になっている

「英会話サークル」を紹介して頂きました。

NOVAが閉鎖されたときに、そこでの先生二人を支えるような形で

NさんとHさんが区の提供施設を使って毎週献身的に続けて来られもう

10年以上続いているクラスです。

コロナ禍に入り現在はキーを打てる方は「Chat」で、お話上手の方は

「Zoom」でと引き継いでいます。

実は私、今となっては、これらの方式の方が大助かりで、都合が良くて、

助かっています。 何といっても安全ですし、往復の時間、身づくろい、

夫を残して家を空ける気兼ね等も無くなり、参加者の皆さんと

在宅のまま気楽に情報交換しています。