ふらふらおさんぽ日記

おもしろいものをつくりたい
おもしろいものにであいたい
だからきょうもさがしつづける
in Londonなう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

”come and see” 「炎628」by Elem Klimov

2013-01-15 19:56:59 | 芸術
先日、Farringtonにある22-26というバーでElem Klimovの”come and see”をスクリーニングしていたので友人と一緒に見に行った。

日本題は『炎628』。舞台は白ロシア(Byelorussian SSR)で、1943年の第二次世界大戦中に白ロシアの628村がナチスのドイツ軍によって焼かれ、大量虐殺が行われたことが描かれている戦争映画だ。
映画は1985年に作られたのだけど、カメラワークも素晴らしくて、全く古さを感じさせない、美しくて激しくて衝撃的で、ただ目が離せずにそこから動けない146分だった。
もうはっきり言ってあの衝撃を言葉で表すのは不可能な気がするけれど、がんばって文章にしてみよう。
かなり残虐なシーンも多いと思うのだけど、それよりも主人公の少年や彼を取り巻く人たちが精神的にダメージを受けていくのが目に見えてわかるのがとても痛々しかった。
主役のFlyoraという少年は、映画の冒頭ではへらへら笑う無垢な普通の子(戦時中なので普通ではないシーンは多々あるとして)だったのに、
もう映画後半では顔の表情がどんどん険しくなって、皺の入りようも尋常じゃなく、40歳くらいの貫禄が出ていた。
私は戦争映画というのはそんなに見たことがないが、ハリウッドやそれ以外などで戦争を扱った映画で大衆的に見られるもの、涙を誘うものにとても違和感を感じてきた。
なんで戦争映画なのにこんなに感動して泣いてしまうのか、ちょっと良い気持ちになってしまうのは何故か。そういうことじゃないはずなのにと思っていた。
そしてcome and seeを見てやっとわかったのだが、私はいつも物語に出てくる登場人物たちのリレーションシップ(男女であれ家族であれ)にごまかされて感動してしまい、戦争というものには結局目がいかなかったのだ。
Come and seeでもFlyoraとGlasha、Glashaのパルチザンの隊長に対する思いなど、ちょっとしたリレーションシップはでてくる。でも途中からそんなものはどうでもよくなるのである。彼らにそんな余裕はないのである。
また、映画は残虐で衝撃的だが、実際に人が撃たれる血がどろどろの瞬間とかレイプされるシーンとかがあるわけではない。
そういったことは想像できるけれど、映画の中では直接的には見せていない。あくまで映画において叙情的なのだ。

YouTubeで監督のインタビューがあったので見てみた。彼はもうあの作品を作った後、映画を作るのをやめてしまったらしい。あれだけやれば、そりゃそうだ。もう何も排出したくないだろう。インタビューで興味深かったのは、come and seeの最初のタイトル案がKill Hitlerだったこと。確かに映画の中でもHitler人形を作ったりと、Hitlerに対しての憎しみはにじみ出ていた。ただ、Kill HitlerというタイトルにHitlerただ一人への憎悪を込めたわけではないとのこと。私はKill hitlerからcome and seeへのタイトルの変換はとても素晴らしいと思う。タイトル一つでこんなに映画の印象が違うのだ。日本題で「炎628」になってしまったのがとても残念だ。そしてインタビューでは主役の少年についても述べられていた。少年はcome and seeが初めての出演らしく、Kimovはやはり映画の内容が内容なので彼の精神面などとても心配だったらしく、催眠療法などを使いながらケアしたそうだ。実際に村の住人が一掃に虐殺される場面で彼はほとんど正気を失いそうになったらしい。その少年も今ではおじさんだが、俳優業はずっと続けているようだ。

監督インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=VN9_r1NEnGM

映画
http://www.imdb.com/title/tt0091251/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寿司とミャンマー人

2012-01-11 07:02:05 | ロンドン(生活) 
もうだいぶ前のような気がしますが、実際だいぶ前ですが、去年の9月に大学院を修了しました。
イギリスのMAは一年だけで終わるのが多いので、なんだか卒業といっても気持ち的にあっさりしたもので、
その後二年間のポストスタディーワークビザも無事にとりブログのタイトル通り旅行にいったりふらふらしています。

今までいろいろめんどくさがってやらなかったことをこの二年でこなすというのが目標です。
ブログも記録のためにいろいろ書いていこうと思います。

突然ですが、去年から寿司屋でバイトを始めました。しかもキッチンで。
フルタイムのビザを持っているのにパートタイムでしか働かないというやる気のなさですが、
せっせと真面目に寿司を握ったり巻いたり切ったりしてます。
意外と料理が好きなのと働けば食べ物にも困らないだろうというのとどんな人が働いているのか気になり始めてみました。

入ってみるとそこはミャンマー人だらけでした。
最近は国籍にばらつきがあるものの、入ったころはビルマ語しか聞こえてこないときがありました。
店長はイギリス人ですが。

なぜそんなにたくさんいるのかというと、彼らは母国が政治的に不安定なため、イギリスで五年間の就労ビザがとれるらしいのです。いわゆるAsylumというやつですね。
彼らはてきぱきよく働きます。生活かかってるしね。

だいたいみんな滞在して3年目とかです。
ほとんどの人は母国でちゃんと教育を受けているひとばかりで、会計とかエンジニアのデグリーをもっているみたいですが、なにせイギリスのデグリーがなければなかなかそういう仕事につくのはこっちでは難しいという
せちがらい世の中です。

わたしは「Burma VJ」というドキュメンタリー映画をみたいなと思っていて、ちょっとそのことについて聞いてみました。
映画は2007年にお坊さんたちがスーチーさんの釈放を求めるプロテストを行ったことについてです。それを取材していた日本人の映像ジャーナリストの長井さんが射殺されたことなども少し出てくるみたいです。

同い年(26歳)くらいのミャンマー人の男の子一人に映画について聞いてみると、映画のことは知らなかったみたいですが、日本人の記者が軍に射殺されたことは彼も覚えていました。
日本にいたときに射殺の事件のニュースを見たことは覚えていたし、すごい人もいるんだなぁと思っていましたが、それがミャンマーで起こっていた話で、ロンドンに来てミャンマー人とそのことについて話すとは想像もしていませんでした。

彼にとっては2007年のプロテストはそこまでおおごとではなかったようです。
それまでにもいろいろあったという意味で。

以下、会話より。

「あのプロテストはそんなに大きくなくて。」

「え、そうなの?」 (なんかわたしにはすっごく衝撃的なようなきがしたのだけど)

「ミャンマーは軍事国家だから、僕が3歳くらいの時はよくアーミーがモンク(僧)の生首を竹にさして歩いてたりしてたよ。はははは。」

「ええええ! ・・・・・・まじで?・・・えええええええ?」

それは子どもが見るものではないし、子どもじゃなくても見たくありませんーーーー。

これを本当に生き抜くということなんだと思いました。
そういう経験をしつつも健やかに育つってすごいと真剣に思いました。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展示用機械

2011-08-13 06:59:10 | ロンドン(大学)
一年というのは早いもので、MAも9月には卒業。

チェルシーは9月2日からデグリーショーが始まる。
日本でいう修了制作展みたいなもの。

搬入終了まであと3週間。
ゆううつ。

今回は展示用に使う機械について書きたいと思う。

わたしはたぶんビデオ作品をいくつかプロジェクターで映す。
チェルシーはデグリーショーの時にプロジェクターを一切貸してくれないから
自分たちで用意するしかない。

BAとPGDipの生徒たちは日立からスポンサーシップをもらって
プロジェクターを全部ただで貸してもらっていたのだが、
わたしたちは申請したものの、なんと断られる。
理由はBAとPGDipに貸した時にいくつかなくなったりとか壊れたりとか
したかららしい。
MAshowは一番最後だから、こういうとき運悪い。

しょうがないので皆個々で買うはめに。
みんなebayとかでセカンドハンドを買ったりしている。
わたしは学校のテクニシャンに教えてもらったパソコン関係のものを安く
売っているウエブサイトを教えてもらった。

http://www.morecomputers.com/

SDのプロジェクター、236.70ポンド。
安い。これなら買える。
品物もそんなに悪くない。

しかしそこで問題なのが、私の映像はだいたいキャノンのEOS60Dでとっているので
全部FullHDである。
さすがにHDプロジェクターはまだ高く、最低でも700ポンド以上はしそうなので諦める。
SDプロジェクターでも例えばパソコンでつなげて映像を流すと、
そんなにクオリティは悪くない。
SDだとresolutionは800×600だから、確かにHDではないのだけど、
映像のクオリティがいいからパソコンでつないだ時はそんなにクオリティは気にならない。
でもDVDプレーヤーとプロジェクターをつなげるとなると、
DVDに焼かないといかず、SDになるので画質は必然的に下がる。
パソコン上で比べてみただけでも残念なくらい画質が違うので、
せっかくいいカメラで撮ってるのになーとなかなか納得できなかった。
そこでブルーレイを使おうかと思ったけれど、
はたして私のパソコンはプルーレイ対応しているのかわからない。
まぁ学校のパソコン使えばできるかもしれないけど、
なんとなく今後、展示が終わった後で使う気になれなさそうだな。

mac miniを使えば、HDのまま映像流せるけど、高い。。
300ポンドくらいはした気がする。

そこで機械にくわしいクラスメートになんとなくその話しをすると、
なんかウエスタンデジタルメディアプレーヤーとかいうのがあるらしい。
えーなにそれ。
彼も使ったことはないらしいけど、とりあずmac miniみたいなやつらしい。

早速ググってみると、おーいろいろあるし、安い!
再生専用だけでUSBメモリースティックとか外付けHDDつければ映像とか画像をプロジェクターやテレビ
を通して見られるものと、データを保管できて再生できるものとある。

再生専用のものだと50ポンドくらいからある。DVDプレーヤーよりお得な気がする。
データも入れられるものだと1TBで、110ポンド前後。
おおー
プロジェクターとはHDMIかトリプルRCAでつなげば、
HDクオリティでも綺麗に映せる。
HDMIが良さそうだけど、HDMIの線は40ポンドもする。
そして私が買おうとするプロジェクターはSDなのでHDMIのジャックがないー
トリプルRCAで確実につなげるやつがいい。

そこでウエスタンデジタルではないのだけど、1080pが再生できる再生専用のメディアプレーヤーを
viewsonicで発見したので購入してみることに。
maplinのサイトで49.99ポンドだった。

http://www.viewsoniceurope.com/uk/products/mediaplayer/specs.php?n=VMP73

western degitalのもので45ポンドくらいのがあったのだけれど、1080iだったので
どっちもあんまり変わらないけど、viewsonicにしてみた。

来週届く予定なので、かなり待ち遠しい。
果たしてうまくいくかどうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車

2011-06-17 07:48:52 | ロンドン(生活) 
ロンドンは大都市とはいえども、物理的な広さでいったら東京よりもものすごく小さい。

郊外に向けて電車に一時間強乗ったら、窓からは緑と牛しか見えない。

だけどロンドン中心はごちゃごちゃしていて朝と夕方は渋滞がひどくて窮屈である。
わたしは基本的にチューブ(地下鉄)とバスが乗り放題のマンスリーオイスターカードでどこでも
身軽に出かけるのが好きなのだけれど、ロンドンには自転車を愛用するもっと身軽な人がたくさんいる。
街が狭いから結構自転車でどこでも行けるし他の交通機関より早かったりするから慣れてる人には快適なんだと思う。

日本も自転車に乗るのは当たり前だけど、ロンドンで自転車に乗る人はみんなものすごい形相で
走っている。
なぜかというと、歩道は走ってはいけないので、皆道路を車とバスに混じって走らなければいけないからです。
私が日本で自転車に乗る感覚でロンドンで自転車に乗ったら、5分後に事故に合うのでは。
車の運転はかなり荒いし、信号が黄色になったとたんに走り出すし、歩いてる人も信号は無視(すいません、私もです)。

自転車に乗る人はヘルメットをかぶったり黄色いベスト(電気に当たると光ったりする。)を着ている。
最近は貸し自転車なるものも街中に点在していて、自転車はとっても便利なのだけれども、
私はこの街ではやっぱり乗りたくないな。

なぜかというと今年に入ってからでも、知り合いで事故にあったの4件、ニュースで読んだの1件。

そのうち一件はMAファインアートのコースディレクターである。
もうかなり爺さんなんだけれども、いつも自転車用の全身スーツみたいのを着て自転車通勤をしていたのだが
ついに事故ったらしい。幸い、腕の負傷ですんだらしいが、そのせいでMAのUnit1の点数付けの期間に
全く来れず。もう絶対自転車通勤はしないでほしい。

その数週間後、次はなんとクラスメート(ぺインター)の一人がまた自転車事故に!
かなり軽い怪我ですんだみたいだけど。
あのものすごく繊細な、ドローイングとペインティングが描けなくなったらどうするんだろうか。

あとはまた他のクラスメートの女の子が、自転車を見せながらなにやら説明をしてくれた。
「この間、自転車をとめておいたら車がいきなり衝突して、このタイヤが半分に曲がってハンドルが全部壊れたんだよね。
だからハンドルの部分をウッドワークショップで自分で作って直したんだ!」
えええ、でもものすごく嬉しそうである。
「そっかーでもほんとに自転車だけですんでよかったね。。」

他にもすごく残念なのは、私のフラットに前住んでいた女の子が、片足を切断しなければならないくらい
大きな自転車事故にあってしまったり、ニュースで読んだのはセントマのファッションに通っていた女の子が
自転車に乗っている最中にバスに巻き込まれて亡くなってしまったり、ということがありました。

なぜそこまでして皆、自転車に乗りたがるのでしょうか。
せめて自転車用道路を作ればいいのに。
そういえばドイツはほとんどすべての道路に自転車用道路がありますね。
ドイツのミュンスターで、ママチャリ的な感覚で自転車に乗っているおばあさんを見たことがあります。
そして私は、その時ドイツは全て右側通行だったということをすっかり忘れており、左側を歩いていたので
そのおばあさんに怒られました。
ドイツ語だったので最初何に怒っているのか全くわかりませんでしたが。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポスタルオーダー

2010-10-27 08:03:27 | ロンドン(大学)

二週間前からチェルシーでのMAが始まった。

英語の点数もクリアし、日本にも一瞬帰り、
ビザのためのbank statementを手に入れるのにいろいろ
時間と手間がかかったけれど、昨日やっとビザの書類HOME OFFICEに送った。。

ビザの書類を送る前に大学で書類をチェックしてもらって、
完璧の状態で郵便局にいったのだけど、申請料を郵便局で買わなければならず、
ポスタルオーダーという小切手みたいなものを購入。
しかし郵便局が混んでいたので焦って金額だけ確認して
封筒に入れて出した。

そして郵便局から出て歩いてたら、ふと自分の名前とか何も
ポスタルオーダーに書いてないことに気づき
頭真っ白になる。

…そういえば、友達が住所と誕生日書いたって言ってた!!!

しまった、サインとかしないとお金が落ちないのでは?

郵便局まで走って戻るが、もうおじさんがドアに鍵を閉める寸前。
ドアを無理やり開けながら
インド人のおじさんと戦う。

私:ちょっとちょっとちょっと聞きたいんだけど!!!

おじさん:もう終わりだから。他のお客さんでるからどいて。

そして鍵閉められる。

くそおやじーーー

でもねばってまたおじさんが次のお客さんを出すために鍵をあけに来るまで待つ。

私:さっきポスタルオーダー買ったんだけど、名前とか書くの忘れた!!!

おじさん:もう配達にだされたよ!

鍵閉められる。

………

今日の朝、郵便局にもホームオフィスにも電話しました。
ホームオフィスは完全に役に立たなかったけれど、郵便局によると
ポスタルオーダーはどこに払うかというのだけ記せばよくて、
とくに自分の詳細は書かなくていいらしい。
宛先は郵便局のおじさんがプリントしてくれたから平気なはず。

でもそれでも心配だったから、大学のビザのアドバイザーにまた聞きに行った。

あなた昨日も来たじゃない~と笑われる。
それだけ心配なんですよ。

そして結果、
基本的に宛名がわかればいいらしい。
でもなんでポスタルオーダーに名前を書いた方がいいのかというと、
たまにホームオフィスがなくしたりとか誰のかわかんなくなったりするからだそうです!!

そんな理由かよ。

まぁ、とにかくよかった、そんな理由で。
一応アドバイザーがホームオフィスに私のポスタルオーダーの番号をメールしてくれることに。
良かった、私が送るより絶対見てくれる気がする。。

早く新しいビザをくれ。


それはそうと、
今年のMAファインアートはものすごい人数が多い。
全部で74人で、そのうちアジア人が27人くらい。
日本人6人、中国人4人、タイワニーズ1人、タイ人1人、韓国14人くらい。
インド人、パキスタン人も少しいる。

不景気だから留学生は大学の宝だと思う。

それでも皆モチベーション高いし、ヨーロッパの人たちはやっぱりディスカッションが好きで、作品はよくわからない。

私はまだ英語に自信がないのだけど、それでもアジア人が多いから
ういてしまうことはないし、なんとかやっていける気がする。

けど、レクチャーとか、アーティストトークとか、何言ってるか全くわからない。

今日はコレクターとアーティストとギャラリストのトークがあった。
アーティストがどうやってアーティストとしてやっていくかとかそういう話。
ヨーロッパの人たちがいろいろ質問したりしてるのだけど
よくわからない。とりあえずわからない。

もはや、英語力だけが問題じゃなく、ヨーロッパでのアートのシステムとかもろもろ
分かってないから理解できないのだと思う。

いろいろ調べなきゃいけない。。と思いつつテスコに行くと何食べるかで悩んで全て忘れてしまう私。

今日は家が近い中国人の友人Fと一緒に帰ったからいろいろ聞いてみる。
彼女はチェルシーでPGDipもやっていたからいろいろ教えてくれる。

私:レクチャーの内容とか全部わかる?

F:わかんない。そんなの無理だよ。一応メインポイントだけおさえるようにしてる。

私:そっかー私もわからないんだよね。英語力だけじゃないよね。

F:うん、でももしMA終わって日本に帰るんだったらそんなに知る必要ないよ。
  終わったらどうするの?

私:えー、まだわかんないけどpost-study visaがとれるならまだ残りたい。
  中国帰るの?

F:うん、終わったらすぐ帰る。結婚する。

私:………!!
  誰と?

F:彼氏と。

(そうだよね、当たり前の質問でごめん。)

F:彼は中国にいるから。
  結婚しても何か作りたいとは思うけど。

そっかーそういう選択肢か。
Fは私と同い年で中国で美大出てからこっちきてPGDip終えてからMAまできた。
やっぱりロンドン、ビザとるだけでもめんどくさいし
アーティストになるったって大変だもんね。

この間、私より少し年上の韓国人の友人が
結婚とか考えなきゃねーとか言いながら全然かんがえてなさそうだった。

私は…

とりあえずビザだよビザ
早く新しいビザがほしい。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加