ゆっくり のんびり

Msの写真日記

つれづれに一日一枚
ほぼ毎日更新

幸福とは

2011-05-15 | Weblog

福島第1原発事故で計画的避難区域に指定された福島県川俣町、飯舘村で避難が始まった。
事故当初の線量の多かったときには住民に知らされず、落ち着いてきた今。避難というのも少々理不尽なようにも感じる。
福島の人々の苦しみは、私たち東京の人間が享受してきた快適な生活の果てにあるもので、本当に申し訳ない。
そして、将来の人たちに大きな負担を押し付けてしまった。
どのように償えば良いのか私には分からない。あまりにも原子力の危険性に無知であった。
今も、福島原発はこの先の解決へ向かっての作業を進められないでいる。

ネット上でフリーのジャーナリストや研究者、元原発開発者などが最初から言われていたことが次々明るみに出てきており、いかに政府、電力会社、メジャーのマスコミは情報を操作しているのかを知った。

原子力発電に関しては、人々に十分な電力によって幸福な将来を見出せると信じてスタートしたのかもしれないが、専門家は程なくしてその問題点について気がついていたはずだ。
一度動き出すと、決して方向転換できないことは、最近でも干拓事業、ダム等々みてきた。本来の目的を失うと、新たな理由を付け、データ等も都合の良いように解釈、操作し推し進める。
…私たちはどうすればよいのだろうか。

写真は仕事場の窓から
アートフィルターのドラマチックトーンで
コメント