トロの小説修行

文学、心理学、外国語、数学、それとお酒が好き。

暗いロック

2020-07-12 05:53:03 | 音楽

特に陰気な感じのCDばかり集めてみました。

陰気といって悪ければ、内省的、静謐、と言い換えましょうかね。

僕はこういうの、わりと好きです。

自分がそれほど暗い性格だという自覚はないんですが。

能天気な明るすぎるロックは、あまり好きではないんです。

 

そういえば、うつ病にかかる人は、陽気で社交的な傾向にあるそうですが、

そういう人のほうが、無理をしやすいんでしょうね。

いかにも暗そうな人というのは、ある意味、マイペースで生きてるんだと思います。

もちろん陽気な人のほうが話してて楽しいかもしれませんが、

もしかしたらSOSのサインを出すのが苦手なのかもしれません。

周りがよく気をつけてあげたいですね。

 

 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 自然の恵み | トップ | 真っ最中♪ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (さくら小町)
2020-07-12 10:42:13
陰気なロックって面白いですね。
ロックというのは、賑やかな音楽ばかりだと思っていましたが
静かなものもあるんですね♪

確かに、いつも明るくて元気な人は
どこか無理をしているのかもしれません。
私もどちらかというと、こういうタイプかも…(^-^;
ここ何年かは、嫌なことは嫌!とはっきり言うようにはなりましたけど(^^)v
周りに合わせ過ぎず、かといってはみ出し過ぎず
自分らしさを大事にして、柔軟に生きていければいいと思っています。
こまっちゃんへ♪ (トロ)
2020-07-12 11:46:04
ロックは非常にバラエティに富んだ音楽で、
明るいもの、暗いもの、モダンなもの、古いもの…
その多様性に惹きつけられますねー。

自分のことを尊重し、かつ他人のことも尊重していれば、
無理せずに自分を出してもいいんじゃないか、という気がします。
僕も昔は対人関係でよく悩みましたが、
最近ではあまり悩まないというか、開き直ってるというか(笑)
好かれたり嫌われたりするのは、自分ではなく他人の仕事だ、
と、アドラー心理学の本に書いてありました♪
なるほどーーーーーーーー (宮ちゃん)
2020-07-12 18:23:57
トロさん、暗いロック好きーーーーーーー
まあ、人それぞれで、いいと思いますーーーー
ちなみに、宮ちゃんも、ロック、好きですよーーー
まあ、どっちかって、ゆーと
派手な感じが好きかも?
明菜の曲では「少女A」「2分の一の神話」
聖子の「チェリーブロッサム」
相川七瀬の「ブレイクアウト」
アン・ルイス「六本木心中」
ザ・ナックの「マイ・シャローナ」
柳ジョージ「さらばミシシッピー」
とかーーーーーー
あは!!!
いっぱい書いちゃったーーーーー
内容は、暗いのも明るいのも
いろいろ、あるみたいーーーーーーーー
宮ちゃん、内容より、ノリノリの曲だったら
いいみたいーーーーーーー
(笑)
Unknown (トロ)
2020-07-12 22:11:25
僕が好きなロックというと、やはり海外のものになります。
でも忌野清志郎さんは好きです。
ビートルズももちろん好きですねー。
今回は暗いロックがテーマですが、
そうなるとアメリカよりもイギリスのものが中心になります。
いろいろ聴いてみましたが、
その中でも極めつけに暗いのが、
ジョイ・デビィジョンの「クローサー」ですね。
これは、レコーディング終了後に、メンバーの一人が自殺してしまったという、
そういうエピソードで有名です。
内省的なのはいいですが、自殺は良くないですよね。

ちょっと遅くなりました。ぐっどないと!

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事