真佐美 ジュン

昭和40年代、手塚治虫先生との思い出「http://mcsammy.fc2web.com」の制作メモ&「日々の日誌」

1月12日(金)くるくる講座に向けて

2018年01月12日 23時58分18秒 | ジュンの日記
 ブログを投稿したが、次から次と、調べ物などしていた。

石森章太郎さんの思い出、野口 勲さんの事、宮﨑駿さんの、発言の件など、思い出にふける。

昭和42年になって、社長室に、慣れて来ると、自分でも何か描ける気がして、失敗した、用紙など貰って、
誰もいない、暇な時間に書いてみた。
 素人が、簡単に書けるなら、世の中、漫画家ばかりだよね。
石森章太郎先生が、「マンガ家入門」を出版していたので、昭和42年3月に買った。
COMに、連載していた「ジュン」が、斬新で、手塚先生も、ほめていたし、コマ割りなど、実験的で、漫画的詩、であった。
 ちなみに、当時女子大生に、人気のあった、やなせたかし先生の、「詩とメルヘン」などが、社員の間で人気があり、読んでいた。
 そこで、「龍神沼」を、模写していたのであった。
解説があって、何とかなりそうに思えた。

 ある日、その作業をたまたま、仕事の終わった、手塚先生に、見つかってしまった。
野口事件を知っているだけに。怖かった。
(どんな漫画が、好きか尋ねられ、正直に、先生以外の名前を挙げたらしく、結果、先生の仕事が遅れたせいになり、関係がない、他社の編集長に、脅かされた)
 ところが、怒るどころか、ペンなどの使い方を教えてくれ、
「今使っている、ペン先が、生産中止になるのです、使い慣れるため、違うペン先を使うので、これを上げますと、
使いかけと一箱のペン先を下さった。
それだけではなく、ペン軸を下さった。
アシスタントは、いたが、お弟子さんは取らなかった。
 手塚先生の唯一のお弟子さんになった。

(ものにならない事を、ご存じだったので)

後日、アシスタントの人たちに、「先生から、ペン軸を貰ったが、使い古して、折れていた」と言ったら、
寄ってたかって殴られたよ。

 先生は、自分が使いやすいように、ペン軸を折る(削る)と言う。
「今まで、先生のペン軸を頂けた人は、居ないのに、なんて事を言うんだ」


野口 勲さんの事、は、日記で見た気がしたので、古い日記を調べてみた。
昭和42年1月10日(火)晴 9時、社長室に入ると、手塚先生と野口さんが、床に布団を敷いて、寝ていた。
 物音に気付かれた、手塚先生は、目を覚まされ、私にご挨拶をなさった。

昭和42年2月16日昼に、野口 勲さんと、COMの事で、ちばてつや先生のお宅へ伺っていた。
 野口さんは、私の事を、覚えていなかったが、写真を見て面影があり、会っていますよと言っていた。

 手塚先生の追悼記事が、出て、宮崎駿さんの、コメントが出た。
作品が好きなだけに、森室長のように、なかなか嫌いとは言えなかった。

 でも、私より4つ年上、先生と言っていたが、宮﨑駿さんも手塚先生を、さん、呼びしているのであえて「さん」で呼ぶ。
あなたの、心無い、デリカシーにかけた、増上慢な記事に寄り、手塚 治虫が原因で、アニメーターが苦しんでいる」
と言う噂が広まった。
せめて訂正してもらいたかったが、現在に至るも、何もなさらない。

 なら、私も、言いがかりをつけよう。
当時の、虫プロには、労働組合とは名ばかりの、火曜会と言う親睦会があったが。
 そこに乗り込んできたのが東映動画の、宮崎書記長であった。
手塚 治虫をしたって入ってきた虫プロ、社員は耳を貸さなかったが、当時入社したての婦女子や新入者などを利用し、
 組合運動なるものを起こした、
参加しているものは、知らない人ばかり、東映動画の組合員だった。
その連中が、虫プロを倒産に追い込んだのだ。

 虫プロでは、技術者に対しては破格の賃金を払っていた。
私たち、制作進行や、事務関係でも他よりは、少し良かった程度であったが、3倍以上の給料を最低でも払っていた。
 ジャングル大帝の作曲担当さんなど破格の作曲料を頂き、御殿が建ったし、
アトムの、作曲さんも、相場の、3倍も、頂いたという。
 辻真先先生も、脚本料は、通常の2,3倍貰ったと言っている。
当時の東映動画こそが、その根源であるのに、人に責任を展開するなんぞは、まだまだ餓鬼のなせる業。

 駿ちゃん、若いわね。
私はけして、彼の作品を否定しない。
否定すれば、自分を否定することぐらいは、わかっている心算。

 良い作品は、誰が見ても良い作品
恵まれているよね、好きなことが出来ている。

 手塚先生の場合は、自分の意思を殺し、仲間を育てようとした。
自分がやればよいものが作れることぐらいは、わかっている。

でもそうしない、時代的に、出来なかったのかも。
出来上がった、作品は、考えていた10%の出来。
でも人を、育てることに使命を感じていた人。

 もっと、長生きして、本当に作りたい作品を、作って貰いたかった。

 4時を過ぎた、木は絵などし、下に行き、歯磨き。
厚着して、懐中電灯を持って、六仙公園に、見回りに行く。
 外套はまだ点いていないので、真っ暗。
 4時25分、清掃の、Aさんが、自転車で来た。
 4時30分、八小広場の梅の木、花が咲いたよ。
 西口からSaさんがやはり、自転車で来る。
降りて押して、バックヤードに行く。
学習広場からは、Siさんが歩いて、懐中電灯を照らしながら来る。
 一緒にバックヤードへ行くと、S譲さんも来ている。
 あいさつする。
公園を一周。

 6時、街灯が点く。
 6時10分、家に戻る、長男の部屋の明かりが、まだ点いている。
休みなのであろうか。
 部屋に戻る。
歯磨き洗顔。
 2階に行き布団に入る。

 7時15分「花子とアン」
 7時30分「わろてんか」
 8時10分、下に行き、階段に向けて、席胃兪ファンヒーターをつけてl来る。
 9時30分、外に出ると長男のバイクがない。
休みではなかったのだ。
 燃やせるゴミ出しの日。
20リッターの袋には、入りきりそうにない。

 細かくしたり、入れなおしたりで何とか一袋にする。
有料の袋、高いからね。
小さなペットボトルなどその間、何回かに分けて、回収ボックスに捨てて来る。
10時30分、塀際に出してくる。

手などを洗う。
2階に戻り布団に入るテレビを見る。

10時45分、血圧体温を記録し、
 体重を量る。
着替えをして、湯たんぽ2つ持って、下に行く。
 石油ストーブをつけ、ファンヒーターを部屋に持ち込む。
11時15分、稲荷餅、を電子レンジで作る、
お餅が、小さいのが2個と普通が1個。
湯たんぽ一つ、入れて来る。
11時25分、お昼と一緒だね
 インスタントのシジミの味噌汁もね!
パソコン、
12時45分、お湯を沸くのをまとう。
 インスタントの醤油ラーメンにお湯を入れる。
結局昼食、お勝手で食べた。
13時湯たんぽにお湯を入れ、2階に持って行く。 
布団に入って、テレビを見る。


ちょっと寝たかな。
14時30分、起きて着替え。
 六仙公園に行く。
14時45分、朝爺の家の前に行く。
車がない、出かけたね。
 一人でイオンに行く。
15時05分、ラウンジへ行く。
珈琲2杯と新聞2紙。
15時45分、ラウンジを出る。
1階の食品売り場。
一回りするが、今日はイオンに来ないと言っていた。

15時55分、紅サケノリ弁当をセルフレジで買う。
16時25分、母屋へ寄る。
妻、戻っていた。
南沢交番先の、広島焼へ行って今日の夕飯を買って来たらしい。
部屋に戻り、パソコン。
17時30分メールのチェックなど。
 取り込みなど。
18時27分、ブログを書き始める。
18時40分、チャイムが鳴る
母屋へ行き風呂に入る。
19時25分、風呂から出て、干し魚の焼いたのを貰い、部屋に戻る。
 おそばを茹でる。
19時45分、天丼を買ってあった。
干し魚、天丼から、具を2つ貰い、おそばで夕食。
パックが二つあったが、もうひつとつに、広島焼半分が入っていた。
 ちょっと、食べすぎ。

20時10分、ブログ、再開。
時間がかかったね。
23時08分だって、もう少し。歩こうと思っていたが、イオンは終わった。
明日、七福神、少し歩けるであろう。
23時58分、ブログを投稿する。
 7,472位 / 2,798,848ブログ ,昨日5224歩、起床:-時--分.血圧:120.61、脈拍:60.体温:35.7、体重:64.0、天気:晴 
コメント   この記事についてブログを書く
« 1月11日(木)一人で、ラウンジへ | トップ | 1月13日(土)東久留米七福神め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジュンの日記」カテゴリの最新記事