マクロビオティック勉強会

マクロビオティック的、暮らし、生きかた。ゆる~く続けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久しぶりの勉強会

2018-04-30 | マクロビオティック料理教室
パースにお住いの日本人の方々へ、マクロビオティックをお伝えする機会を頂きました。
久しぶりの教室で緊張しましたが、ワクワクする気持ちも大きくて、結果的にとっても楽しい会に💗



黒ゴマや白キクラゲ、寒天、昆布をそろえられたのは、チャイニーズマーケットですね。
それ以外の野菜は普通のマーケットで。
玄米は日本のものと違って細長い(;^ω^)



メニューを考えたとき、何気なくカボチャのコロッケにしたら、さぁ大変💦💦💦
こちらで手に入るカボチャは、見た目は同じでも、水分量が多くてベチャベチャ!まとまらないし、味が薄い。
日本の栗カボチャのようなホクホク感も甘さも無いんです!!!
何度も宿のキッチンを借りて試作をし、オーツ麦のフレークを加えて水分を吸わせ、カボチャの種で歯ごたえを、ピーナッツバターでコクを出すことに。



こちらに住む日本人の人が、初めに必ず失敗するのがカボチャ料理だそうで、「久しぶりにカボチャコロッケが食べられて嬉しい💗」と感想を頂き、今後のヒントになれたかなぁと嬉しくなった(#^.^#)



海外にお住いの日本人の人たちは、マクロビオティックを知っていたり、ワークショップを受けたことがあるという人もいらっしゃった。しかし、日本語でしっかり理解したいというリクエストだった。
そういう方々へ、マクロビオティックという哲学を伝えていきたいなぁと思った。私の次の道かな。
コメント

オーストラリアへ✈

2018-04-24 | ひとりごと
友人に会いにオーストラリアへ~




日本と違ってベジタリアンフードを探すのに全く困らないね!
ベジ&ビーガンのカフェもあるし、普通のレストランにベジメニューがあるし。



マーケットだってオーガニックの野菜や果物、穀物などの用品が豊富にある。



思いっきりお野菜食べまくりです👍

コメント

カラスノエンドウのジェノベーゼ風パスタ

2018-03-17 | マクロビオティック料理教室
砂浜で新月ヨガ🌑
太陽礼拝をしたり、砂浜を後ろ向きで歩いたり、足首まで埋まったり。



その後、畑に生えているカラスノエンドウの新芽を摘んで、ジェノベーゼ風パスタに♪



さっと塩茹でる(30秒)だけで食べられます。
柔らかく、苦味も少なくて、春のエネルギー満載(#^.^#)



せっかくなので、アサクラさんの古代小麦の全粒粉パスタと新玉ねぎと一緒に💗
コメント

まる

2015-01-03 | まる
ブックオフオンライン












コメント

ペルーの家庭料理

2014-05-21 | ペルー
お世話になったお宅で、家庭料理を教わりました♪



ペルー人はおおらか~っていうイメージがあったのですが、
彼女は、とても丁寧です!
小さじで丁寧に塩を量り、カップでちょうどの量を量ります。
私の方がいい加減に料理をしてます・・・ははっ(汗)



日本人の舌に合う味ですよ♪
ペルーは農業大国なので、野菜やフルーツがとても豊富です。
もっと、料理を学びたかったなぁ~~~



↑庭に生えているフルーツ♪
これを絞って、朝のジュースでいただきました!
コメント

朝市へGo!

2014-05-21 | ペルー
リマから夜行バスで8時間、北上した町、ワラスです(5月1日)。



朝市が毎日のように場所や内容を変えて開かれています。
見渡す限り店が並び、地元の人たちが買い物していて、す~ごく活気があります!



お釣りが無くて、隣同士の店やお客さんで両替してたり、
「あっちのネギの方が安かったわよ!」と見知らぬお客さんが声をかけてくれたり、面白かったなぁ~♪

コメント

豊富な作物!

2014-05-18 | ペルー
ジャガイモやトマト、トウモロコシやキヌアなど、
世界中に広まっている野菜や穀物の原産国は
アンデスだって、意外に知られていないのかも!?



ジャガイモは300種類以上、トウモロコシも数百以上の種類があるそうです。
私たちの食卓が豊かなのは、アンデスのおかげですね♪



この、ボコボコした形のジャガイモは、別名「嫁泣かせ」と呼ばれていて、
これがキレイに剥けないと嫁に行けなかったそうですよ(*_*)



ちなみに、これらもジャガイモですよ!



味は、ホクホクしたもの、スープ用にサラッとしたもの、フルーツのようなものなど
日本の米のような存在で、毎日食べます。
コメント

伝統文化体験♪

2014-05-18 | ペルー
織物で有名なペルー♪
草木染を体験させてもらいました。



葉や花はもちろん、岩に生える苔やサボテンに付く虫からも
鮮やかな色素が抽出されます♪



これは、標高3500m以上の岩場に生える苔です。
紫外線が強いので、鮮やかな色が抽出されるとおっしゃっていました。



天然の素材で、こんなにカラフルな糸が出来るんですね(*'▽')



織物は、それぞれの部族で模様が違っています。
下書きも無く、親から子へ受け継がれているそうです。



子どもの頃から紡ぎゴマで、糸紡ぎが出来るんですよ♪
そして、キツク締めながら織るので、横糸が見えません!



とてもフレンドリーで、一緒に昼食の準備をしながらおしゃべり(スペイン語と英語とケチュア語)して、
とっても楽しい経験だったなぁ~



ご飯は、1つのお皿に盛り付けて、仲間で分けながら食べるのだそうです。
同じ釜の飯を食うって感じですね♪
コメント

ん~~~、マチュピチュなぁ・・・

2014-05-18 | ペルー
ペルーの代名詞と言われる、“マチュピチュ”。
・・・でも、真っ白! 
新月には湿度が上がって霧や雲が発生しやすく、雨の確立が高くなるそうです。



残念なことに、とっても観光地化していて、
自然や歴史を感じるどころではなかったです(T_T)



人・人・人・・・解説ポイントは混雑し、バスに乗るのに長蛇の列。



(私個人の感想ですが)富士山と同じで、遠くから想いを馳せる場所ですね。
コメント

富士山より高い場所!

2014-05-18 | ペルー
ペルーへ到着した次の日、クスコへ~



標高が富士山を優に超えて、4000m近くになるそうで、
お土産で持って行った袋がパンパンに!



高山病の予防になるという“コカ茶”を毎日、飲みました。
そうすると、薬も飲まず、酸素ボンベも使わなかったのに、高山病になりませんでしたよ!



ちなみに、一度もお腹を壊しませんでした(#^.^#)
それから、紫外線が強いので、サングラスと日焼け止めは欠かせませんよ~
コメント

憧れのペルーへ!

2014-05-18 | ペルー
行ってきました地球の裏側 ペルー!



エコツアーやインタープリテーションを仕事に頑張っている、ソウルメイトに会うのが一番の目的☆



この旅は、ペルーで頑張っている彼らに会いに行くのが一番の目的だったのですが、
自分のこれまでの生き方を振り返り、変わる旅にしたいと思っていました。



魂の目的も分かったことだし、あとは、楽しみながら生きていきますよ~
コメント

アイヌ模様

2014-03-31 | Weblog
ネイティブジャパニーズであるアイヌの文化って
以前から憧れていたんですよね~
向島でワークショップしてくださるとのとこ♪
さっそく参加してきましたよ~



この模様は、“カパラミプ”と呼ばれ、
カパラ=薄い
ミプ=着るもの
という意味。
美しい着物という意味もあるそうです。



布を切り抜いてから衣類に重ねて縫い付け、
その上から刺繍をしています。



角に棘を作ります。
これが、魔除けの意味がるそうです。
そして、赤はエネルギーUP!!!

この一枚を縫うのに、4時間かかりました・・・
飽きっぽい私が頑張ったよ~~~~
コメント

子育て支援交流会

2014-03-25 | Weblog
ボランティアで子育て支援をされている方々の交流会があり、そこで、料理教室を実施しました。
縁が無いので、子守の現場の意見をうかがうことができ、大変勉強になりました!
子育ては、世代によっても違うし、それぞれの価値観が大きく影響しますから、
細心の注意が必要です。
また、その人の置かれている状況や体調によっても変わってくるので、子育ての経験だけではなく、
人間としての資質も問われるんだなぁ~と感心しました。



私の料理教室にもボランティアでヘルプの要請が出来ないか問い合わせたところ
個人事業はNGとのこと・・・残念。
公の事業には、各種のボランティア派遣があるそうなので、必要な方は問い合わせてみてくださいね。



は~~~、勉強になったなぁ~
コメント

☆春の柑橘酵素☆

2014-03-23 | 酵素づくり
ウララカな陽気に誘われて~♪
ピクニック気分で、春の野草を摘みました。



ヨモギ・カラスノエンドウ・オオイヌノフグリ・ホトケノザ・ミミナグサなど早春の野草に
様々な柑橘(八朔、紅八朔、デコポン、ダイダイ、安政柑、金柑、ネーブル、はやか、三宝柑)を足して作りました。



麦藁帽子を被って、“生き方、暮らし方”について話をしながらの作業は楽しかったなぁ~
そして、あっという間に出来上がり♪



これから、自分の手で毎日かき混ぜて、自分の身体に合った酵素に育てましょう☆
次回は、3月28日(金)@手城公民館(残席2名)です。
コメント

レモン入りイカナゴの佃煮

2014-03-22 | Weblog
瀬戸内海の春といえば、「イカナゴ」です。
友人のお宅では、レモンを入れると教えてもらったので、我が家で初めて収穫したレモンで作ってみました!!!



マクロビオティックの“一物全体”の理論から、
頭から尾まで丸ごとたべることができるイカナゴは良いですよね♪
動物性:陽性に、レモンの陰性を合わせて食べることで、
自然と体の負担を軽減させているんでしょうね。



煮ているとき、レモンの香りがして幸せでしたよ☆
一晩、味を染み込ませて、朝ごはんで頂きます。
ちなみに、醤油は、我が家の手作り醤油で~す♪
コメント