ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

人間考えることはそんなに異ならないらしい

2010-10-18 00:45:56 | 北朝鮮・拉致問題
私が情報ネタにさせていただいているブログである「bogus-simotukareの日記」で、前警視総監氏が産経新聞に書いた記事魚拓)が紹介されていました。

前警視総監でしかも公安畑の人だそうですからどのようなことを主張しようとしているのかなと思いましたら・・・

>「レオニー」を見て、北朝鮮による一連の拉致問題に思いが及んだ。1995年8月、警察庁外事課長となった私は、北朝鮮による拉致事件の捜査に直接かかわることとなった。その第一歩が横田めぐみさんの事件であった。ジャーナリストの石高健次氏の拉致事件に関する著書も繰り返し読んだ。そして一連の捜査結果を踏まえて、ある時上司にこう申し上げた。「めぐみさんは北朝鮮によって拉致された可能性が高い。警察としてそう言うべきです」。いわゆる拉致認定である。また、拉致認定に依然として疑問を感じていた部下の一人にはこう言った。「仮に間違っておれば腹を切る(辞める)しかない。しかし自分としては、拉致しか考えられない。親としてはなんとしても子供を見つけ出したい。いま、その道は拉致認定しかないのだ」

(引用ここまで)

つまり95年当時はなかなか拉致問題について日本政府も強気なことは言えない状態だったということですね。

なおbogus-simotukareさんは

>よく考えたら決定的な証拠って、あちらさんが犯行を認めるまであまりなかったような気がするな。

と評されています。


>一連の拉致問題についていつも思うことだが、どうしてこれほどまでに複雑に扱われなければならないのか。人として、親としてもう一度わが子を、わが肉親を抱きしめたい。ただそれだけのことではないか。

(引用ここまで)

うーん、前警視総監氏、かなり書いていますねえ。氏もやはり、昨今の巣食う会や家族会の態度や行動や主張はさすがにどうかと考えているんでしょうね。


>として、親としてもう一度わが子を、わが肉親を抱きしめたい。ただそれだけのことではないか。


これは、当然北朝鮮で所在が確認されているお孫さんに(なぜか)会いにいかない横田さんのことです(よね?)。

しつこく繰り返すと、増元照明氏などは、

>ヘギョンさんと横田夫妻が面会するのは、めぐみさんと一緒に日本で面会するときだ。

とまで主張する始末で、よくぞそこまでクズなこと書けるなと私なんか驚いちゃいますが、でも巣食う会の連中はいざ知らず、まわりの人たちのなかにも「いくらなんでも」と考えている人はすくなくないんでしょうね。


> 北朝鮮を相手に「お前はなんと甘いことか」という向きもあろう。目下進行中の権力世襲についてアレコレ言うつもりもない。しかし何事にしても既成概念が優先し、またそれがあらゆる意味で桎梏(しっこく)となっているように思う。その前に人として当たり前のことが当たり前に行われることである。

(引用ここまで)

前警視総監という立場の人が、産経新聞という媒体でよくここまで書いたと思います。前警視総監氏に敬意を表します。それにしても警視総監なんていう日本の公安関係の最高レベルの責任者にまで巣食う会とか家族会は「どうしたものか」と考えられているというのは非常に興味深いですね。最後に、情報を提供してくださったbogus-simotukareさんにお礼を申し上げます。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 浅野ゆう子の写真(1) | トップ | 2010夏 香港・広州・深セン... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TR)
2010-10-18 09:08:51
「人として当たり前のことが当たり前に行われない〈甘い北朝鮮〉」が拉致問題に正面を向いて向き合わないから、問題が複雑になっている、と私は読みましたが。
あくまでも誰も現場を見ていないので100%「めぐみさんは拉致です」と言いきれない、そこに問題が複雑になる一因があるのではないかと言う、歯痒さを氏は綴られたと、私は思います。

こちらの管理人様は、どちらかと言うと「拉致なんてなかったのではないか?
されていたとしても拉致される方にも非があるのではないか?」と本心では思われているのではないでしょうか?
>TRさん (Bill McCreary)
2010-10-18 12:27:52
>こちらの管理人様は、どちらかと言うと「拉致なんてなかったのではないか?


いや、そんなことは考えていませんよ。実際に北朝鮮に拉致された被害者がいたんだから、やっぱり拉致はあったわけです。

>されていたとしても拉致される方にも非があるのではないか?」と本心では思われているのではないでしょうか?

いや、これもそうは考えませんよ。世間で発表されている限りの情報では、拉致被害者に非があると主張するのは無理です。

拉致といってもだまされて北朝鮮に行った人(久米さんとか)もいますが、これもだました奴が悪いと思います。有本さんとかも、もうちょっと常識を働かせよなんて話をいまさらしたって仕方ないでしょう。よど号の連中とかを非難するしかありません。
Unknown (bogus-simotukare)
2010-10-18 18:27:12
>情報を提供してくださったbogus-simotukareさんにお礼を申し上げます。

いや私の方こそ何度も紹介していただきありがとうございます。
正直、この文章、タイトルの「レオニー」って誰それ、外国人拉致被害者?って思って読んだら、「イサム・ノグチの母」って書いてあって、「はあ、何それ?、拉致関係ねえじゃん。安藤さんみたいな、またいつもの産経のトンデモか、時間があったらあとでまた突っ込みエントリでも書いてみるか」と思って最後まで読んだら、意外にもまともでした(苦笑)
タイトルに「レオニー」ってなかったら読まなかったかも。

私も米村さんのぼかした文章は「救う会」「家族会」批判だと思うので、McCrearyさんに同感だと言われると嬉しいです。深読みのしすぎかなと思っていたので。
しかしなぜこういう文章があの産経にのるのか。あそこは誤植も酷いしまともにチェックしてないんですかね?
Unknown (bogus-simotukare)
2010-10-18 18:30:56
連チャンですいません。

>拉致といってもだまされて北朝鮮に行った人(久米さんとか)もいますが、これもだました奴が悪いと思います。

同感なんですが
ウヨの中には「従軍慰安婦が騙されたとしても騙された方が悪い」とか言う奴がいるのは何だかなあと。旧日本軍も同じコトしてるのに北朝鮮だけ叩くとはどういう頭の構造してるんだろうか?
Unknown (t)
2010-10-18 23:20:41
上のTRさんは何を言いたいんですかね?
「強硬論に文句言う奴は北朝鮮シンパだ」などと思っちゃう1ビット思考のお方ですか?
>bogus-simotukareさん (Bill McCreary)
2010-10-18 23:23:00
>レオニー

私もこの映画の予告編は見ました。なんだか縁があるみたいだから、見てみようかな(笑)と。

>私も米村さんのぼかした文章は「救う会」「家族会」批判だと思うので、McCrearyさんに同感だと言われると嬉しいです。深読みのしすぎかなと思っていたので。

私の解釈はbogus-simotukareさんと同じですが、上のTRさんみたいな解釈もありですからね。どちらが正しいのかは難しいところです。

>ウヨの中には「従軍慰安婦が騙されたとしても騙された方が悪い」とか言う奴がいるのは何だかなあと。旧日本軍も同じコトしてるのに北朝鮮だけ叩くとはどういう頭の構造してるんだろうか?

これはよく話題になりますよね。安倍とか一部の人間は、強制連行のみが従軍慰安婦問題だという主張をしますが、久米さんや有村さんはだまされて北朝鮮へ行った(あるいは海に突き落とされた)わけで、それを「拉致」だというのなら従軍慰安婦だってねえ。従軍慰安婦だってだまされたことに落ち度はないですよねえ。強制連行よりだますほうがコストもかからないわけで。典型的なダブルスタンダードです。
>tさん (Bill McCreary)
2010-10-18 23:35:38
まあ私は家族会や巣食う会その他周辺の反北朝鮮の人はやたら批判しますが、北朝鮮そのものはあんまり批判しませんので、そういった誤解をするんかなというところでしょう。私個人としては、北朝鮮の批判は、他人さまにお任せするというところです。

>1ビット思考のお方

北朝鮮や中国がらみですとそうなっちゃう人は少なくないのでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。