ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

ビョルン・アンドレセンの人気は今でもなかなかのようだ(今年4月撮影の彼の近影をご紹介)

2018-06-21 00:00:00 | 映画

6月19日の拙ブログのアクセスを見て、「おや」と思いました。

なんでこんなにアクセス数が多いのかです。読まれた記事をみますと・・・

これ見た時、もしかしたらビョルン・アンドレセンにやばいことが、と思いました。現実、そういうことがあればアクセスは上がります。

結論から言うと、この日にNHKのBSで、『ベニスに死す』が放送されただけでした。それで彼に興味を持った人が検索して、拙ブログを閲覧したということです。

それならよかったと思いました。しかしいまさら『ベニスに死す』の放送で拙ブログのアクセスが上がるかなあという気がひしひしと。でも、たぶんビョルンのことをよく知らないで、映画を観て、それで彼を検索してこのブログに行きあたったのであれば、それはそれでいろいろな意味でうれしいというものです。

そういうわけで彼のことを検索しましたら、いくつか面白い写真も発見できたので、また読者の方々もご興味があるでしょうからご紹介します。『ベニスに死す』の写真は、いくらでもよそで探せますから、こちらはそうでない写真をご紹介します。

これは、日本に来日した際に、某さんの家ですき焼きを食べたという彼の姿です。これは公表されたときけっこう話題になりました。うーん、すごい写真。

最近の彼の姿です。

お孫さんらしき人物と。彼には娘さんがいるそうですから、その子どもでしょう。

彼のFacebookからの写真。彼は本来ピアニストですが、ギターも好きな楽器なようです。

これは、映画の撮影で、『ベニスに死す』のホテル(現在権利問題が発生して休業中)を再訪した時のもの。

 Bjorn Andresen Alla ricerca di Tadzio Death in Venice

 こちらはオーディション風景。

EARCHING FOR TADZIO (1970) [Eng subs]

こちらは完全版。ほかの候補者もいますが、やはりビョルンは格が違います。

ところでヴィスコンティ自身は、タッジオのイメージとしてもっと小柄で年齢も幼い少年を考えていたようです。が、やはりビョルンに勝る少年はいなかったということでしょう。

それでは最後の写真が、今年の4月でしょう、たぶん東京で撮影された写真。こちらです。

こちらの写真の出典は、こちら

>ベニスに死すに出てくるタージオ役のビョルン・アンドレセンがたまたま通りかかって、12-13歳の頃に彼の出ている数少ない映画を見たことやヴィスコンティが好きなこともあって話しかけてみたらドキュメンタリーフィルム用に会話を録画された。使われるかはわからないけど、単純にどんなものになるのか気になるのでそのドキュメンタリーを英語か日本語で見れる日が来たらいいな。 . . . . 

とあります。

それにしてもビョルン・アンドレセンさん、かっこいいじゃないですか。サングラスかけるよりこっちのほうがいいと思いますが、それにしても、なんか写真からも、氏の自信が伝わってきますね。この写真を見たから、私はこの記事を書くことにしたのだといっても過言でありません。

うーん、彼のドキュメタンリー映画観たいですね。日本でも何らかの形で観ることはできると思いますが、これは読者の皆様も楽しみでしょう。公開の日を楽しみにしたいと思います。

もちろん拙ブログは、ビョルン・アンドレセン氏にはこれからも徹底的にこだわっていきます。お楽しみに!

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 人間落ちぶれれば落ちぶれる... | トップ | オリヴィア・ニュートン=ジョ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
茶の間のビョルン (anupam)
2018-06-23 11:50:57
すごい写真ですね!よく見つけられた!

日本の茶の間にあんな風貌の人が存在してるなんて、不思議。
彼はこのヘアスタイルも良かったなー。
原作のタジオの描写通りなんですよね。
真正面ご開帳 (fugahelix)
2018-06-24 11:45:54

ビョルン・アンドレセンについて、薄氷を踏む思いで、検索して参りましたが、東京・真正面のご開帳
写真を拝見して、「時間による浄化」を感じました。
御紹介記事、有難うございました。

アナグラムでは、誤解を招きがち。
narcissism ♻︎ man's crisis
御本人はナルシストの対極にある方。


>anupamさん (Bill McCreary)
2018-06-24 18:16:36
すき焼きの写真は、写真もすごいですが、どういう事情でこのような場になったのかがすごい興味深いですね。彼が宣伝に登場した明治製菓の幹部の家とかよくわかりませんけど。今より、この写真が撮られた時代は、まだまだ外国人が一般の家に行くような時代ではないでしょうから。

>彼はこのヘアスタイルも良かったなー。

オーディションの時より永くなっていますね。
>fugahelixさん (Bill McCreary)
2018-06-24 18:19:09
この写真は本当にいい写真でしょ。私も彼の挑発やサングラスを見たときは結構本気で驚きましたが、しかしこの写真での彼は、すごい自分に自信があるようで、私もうれしく思いました。

>narcissism ♻︎ man's crisis

すばらしい!

>御本人はナルシストの対極にある方。

だいぶいろいろ苦労されたようですから。
びっくり!! (shizukata)
2018-06-24 22:50:35
ビョルン・アンドレセン、トップの写真に東洋人が映っていて、
「ベニスに死す」にこんな場面あったっけ?と思ってしまいました。
それにしても年寄り爺さんを狂わせてしまったビョルン・アンドレセン
爺さんじゃなくても今風に言ったらイケメンでいい男
原作者トーマス・マンの自伝的要素が入っている?映画との事で
原作者の惚れた少年は少々女っぽいところがあったのでしょう。
それが年月が経つと美少年に狂った映画の中の爺さんのようになる。
なかなかいい年の取り方をしている。
>shizukataさん (Bill McCreary)
2018-06-25 23:29:05
上の2枚は、発表された後すごい話題になったものです。今回勝手に引用してしまいましたが、ほんと、彼がこんな感じで一般家庭で食事するなんて、なかなか非現実的な光景です。

>それにしても年寄り爺さんを狂わせてしまったビョルン・アンドレセン

上にも書きましたように、ヴィスコンティ自身は、もっと年少な少年をイメージしていたようですね。しかしたぶんほかのだれがやってもビョルンほどのインパクトはなかったはず。

>原作者の惚れた少年は少々女っぽいところがあったのでしょう。

>それが年月が経つと美少年に狂った映画の中の爺さんのようになる。
なかなかいい年の取り方をしている。

ビョルン自身はまったく同性愛者ではないので、その件でも相当嫌な思いをしたみたいです。でも最後の写真は、すごく自分に自信があることを感じさせますよね。いい写真です。
ショパン9月号他 (オリーブ)
2018-09-16 19:49:43
はじめてコメントさせていただきます。
30年ぶりにベニスに死すをNHKでみてビョルンについて検索しているオリーブと申します。
ご存知かもしれませんが、ショパン9月号で戸倉みゆきさんが「朝ドラで話題の「タジオ」って誰!?」映画『ベニスに死す』のタジオとビョルン・アンドレセンというタイトルで記事をお書きになっています。ビョルンの今回日本来日時のレアな写真など今まで見たことのないものが発表されおり、興味深い内容となっています。
また、株式会社タンクという会社のホームページにもビョルンのドキュメンタリーに関する詳細企画書と今回来日時の写真が掲載されています。
ビョルンに関する記事、楽しみにしております。
>オリーブさん (Bill McCreary)
2018-09-16 20:52:26
はじめまして。どうもコメントありがとうございます。

>30年ぶりにベニスに死すをNHKでみてビョルンについて検索しているオリーブと申します。

そうですか。すると前にご覧になったのが、1988年ですかね。ビョルンも当時はまだ30ちょっとすぎでしたが、今は63歳ですからね。当時の彼は、『ベニスに死す』のことは「なかったこと」にしている時代でしたね。

>ショパン9月号で戸倉みゆきさんが「朝ドラで話題の「タジオ」って誰!?」映画『ベニスに死す』のタジオとビョルン・アンドレセンというタイトルで記事をお書きになっています。ビョルンの今回日本来日時のレアな写真など今まで見たことのないものが発表されおり、興味深い内容となっています。

ご教示ありがとうございます。これは私も至急その関係の記事を書かねばなりませんね。戸倉さんは、ほんと彼についての貴重な情報を提起してくださる方です。

>株式会社タンクという会社のホームページにもビョルンのドキュメンタリーに関する詳細企画書と今回来日時の写真が掲載されています。

こちらもご教示ありがとうございます。こちらですかね。

http://www.max-tank.co.jp/bjorn_proposal.html

http://www.max-tank.co.jp/bjorn.html

これは至急読者の皆様にお伝えしないとですね。本当にありがとうございます。

いずれにせよ、彼のドキュメンタリーが日本で観られるのも、できない相談ではなさそうです。これは本当に楽しみです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。