ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

大学院を修了したらやってみたいこと(より具体的に)

2010-10-21 02:24:07 | 大学院

このブログではほとんど記事を書いていませんし、またこのブログは最近お客さんがだいぶ増えたのでここであらためて書きますと、私はいま働きながら大学院に通っています。働きながら大学院にいって来年に修士論文を書かなければなりません。そのときは多忙になるので、毎日の更新は難しくなるかもしれません。しかし大学院を修了すれば、来年はすこしは余裕もできると思います。

以前このブログで、「大学院を修了したらやってみたいこと」なる記事を書きました。

そこではいくつか希望を書いていますが、もうすこし細かく具体的に考えてみました。実現性なども考慮して。旅行と映画の話は当然すぎてつまらないので略します。

1:フランス語を勉強する。

最近、顔だけ知っているフランス人にフランス語で話しかけたのですが、やはり私のフランス語の実力では話が続きませんでした。それは仕方ありませんが、このブログでもフランス語のインタビュー翻訳をしていますし、いまの私のフランス語の実力では翻訳も大変ですから、これはもっと勉強しなければいけません。どこかのフランス語の学校に行くことになるでしょうね。とりあえずは、フランソワーズ・サガンの小説をすらすら読めるようにはなりたいなと思います。いまだって辞書と文法書を駆使すれば何とか読めますが、もっとかんたんに読めるようになりたいですね。

なんでしたら彼女の小説を翻訳してこのブログで発表しようかな? 私は彼女のことを好きですから。金もうけの道具にしなきゃ別にいいんでしょ?


2:バイクの免許をとる。

私は車の免許は持っていますが(ただしめったに運転はしません)、バイクは原付しか乗れません。でもバイクはやはり大きいのを乗ってみたいので、ぜひ免許をとりたいなと思います。そうしたら、新潟のえちごっぺさんのところにもバイクで遊びに行けるかもしれません。いまは新幹線など鉄道で行くしかないので。

バイクは車ほど大量生産のコストダウンがきかず、かなりお高めですが、でも外国なんかに行った時もバイクで周遊できればそれは楽しそうです。デニス・ホッパーみたいにバイクを乗り回したいですね。

以上の2つが絶対の基本です。これはかならずやりたい。

以下は、この2つの次の優先順位です。

3:なにか楽器を習う

ギターにしようか、ベースにしようか、キーボードにしようか別の何かにしようか迷います(笑)。

このブログもなにかとお世話になっているogatさんとinti-solさんがお2人とも楽器に強い(ogatさんはプロのミュージシャンです)ので私も影響を受けました。

実は私の親戚(義理の叔母)がピアノの教師をやっていたので(いまは廃業しましたが)、教えてもらおうかと以前声をかけたのですが、断られていまったというちょっと苦い想い出があります。彼女が断った理由は知りませんが、あるいは親戚(義理の甥)を教えるのがちょっと気が進まなかったのかな。もちろんお金はちゃんと払う気でいたんですけどね。

ほかにもドイツ語とスウェーデン語とロシア語、オランダ語を勉強したいとか、いろいろやりたいことはあるのですが、やはりフランス語とバイクの免許が絶対ですかね。

それにしても人間こんなことで悩むのがいちばん幸せです。

ただ、個人的には博士課程へ行って博士号取得も視野に入れたいなという気もします。人生とはチャレンジの連続ですというのは、私が受験生だったころの某大手予備校の講師の方が言っていた(私はこの人には習いませんでしたが)セリフです。あんまり私は、いままでその言葉にそう行動はとってこなかったような気がしますが、もし博士号取得まで考えるのなら、それはそれなりのチャレンジかもしれません。

しかしまずは修士です。修士号を取得したらこのブログで報告させていただきます。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 2010夏 香港・広州・深セン... | トップ | 2010夏 香港・広州・深セン... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バイクはいいですよ! (えちごっぺ)
2010-10-21 22:22:21
私の細君も「大学院」を出てますが、全くその片鱗を感じさせないところが凄いです。
結婚してから院に行ったので、なかなか大変だった記憶がありますし、二年次には妊娠してさらに大変でした!(笑)
なんか、お情けで卒業しましたにもかかわらず、教授からいい就職の話もあったのですが、断念し、責任を感じております(苦笑)

片岡義男の小説じゃないですが、「風になる!」というのが、バイクの魅力です。

同じところに行っても車で行くのとは充実感が全然違います。

自由な乗り物、それがモーターサイクルです。

と、偉そうに言いましたが、現在乗っていない私が言うのも説得力ないですね(苦笑)
新潟来訪、楽しみにしています!
>えちごっぺさん (Bill McCreary)
2010-10-22 00:09:58
>二年次には妊娠してさらに大変でした!

それはほんとに大変でしたね。修士論文を書くのも容易ではなかったでしょう。

>教授からいい就職の話もあったのですが、断念し、責任を感じております

それはもったいなかったですね。仕方ない事情があったんでしょうが。

>新潟来訪、楽しみにしています!

記事にはバイクなんて書きましたが、たぶん電車で行くと思います。高速道路をバイクで走るのこわいですから。
フランス語もいい (shizukata)
2010-10-22 00:12:39
若いっていいですね。夢も希望もある。なんちゃって歌の文句
じゃないけれど若いって何でも挑戦できますものね。60も
半ばになると覚える事より忘れていくスピードが速い。
フランス語ぜひ習得してください。私も
若いときに
習っておけば良かった。私の勤めていた会社には年2回ほど
フランス人が来て1ヶ月ほど滞在(本当は大相撲見たかった)
フランス語習うチャンスいくらでもあったのに遊んでばかり
今は何でも使える便利な言葉「シルヴプレ」と
「ウソンレトワレット」(便所何処」で
フランス旅行しちゃう。
でもおしゃべり大好きなフランス人と喋れたら面白いだろうな
と昔を悔やみます。

バイクの免許、これもぜひ取ってください。我家の父ちゃんは
大型を持っています。私は時々後ろに乗せてもらいます。
スペインバイク旅行した時は楽しかったです。素敵な女性を
後ろに乗せて走る。お洒落と思いませんか。私は「素敵」には
程遠かったですが、風を感じるのはやはりバイクでしょう。
>shizukataさん (Bill McCreary)
2010-10-23 02:18:55
>若いっていいですね。

(苦笑)いや、ぜんぜん若くありませんよ。

>私の勤めていた会社には年2回ほど
フランス人が来て1ヶ月ほど滞在(本当は大相撲見たかった)
フランス語習うチャンスいくらでもあったのに遊んでばかり


ほう、そのような機会があったんですか。それは貴重でしたね。フランス語習うって、好きでなければなかなか勉強できませんよね。

>バイクの免許、これもぜひ取ってください。我家の父ちゃんは
大型を持っています。私は時々後ろに乗せてもらいます。
スペインバイク旅行した時は楽しかったです。

どうもありがとうございます。いつの日かshizukataさんとお会いする日もあるかもしれません。そのときは私もバイクに乗っているかも…。なんとも言えませんが。
Unknown (きらら@シドニー)
2010-10-25 19:59:35
こんばんは~
香港紀行、ワクワク楽しませてもらっていますよ!

フランソワーズ・サガン、私が一番好きなフランス人の作家です!!
ぜひ翻訳して下さい~☆
Bonjour Tristesseとか良いですよね。
でも私はもう今は翻訳できないレベルまで
フラ語忘れてしまいました…。
話さないと語学って忘れますよね。
韓国語もこのままどんどん忘れていくのかと思うとちょっとさみしいですが
今度は広東語に挑戦してみようかなと考えています(笑)
>きららさん (Bill McCreary)
2010-10-26 07:16:04
サガンの小説は、むかし読んでけっこう衝撃を覚えたのでそれいらい忘れられないんです。カトリーヌ・ドヌーヴの朗読したCD(悲しみよこんにちは)があるので、それをちょいちょい聞いています。個人的には「異邦人」「悲しみよこんにちは」「星の王子様」は原文でよんで可能なら翻訳したいですね。

>フラ語

おお、懐かしい響き。

>広東語

配偶者の方とは、英語で会話をされているのでしょうか。きららさんも数か国語に通じていてすごいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。