ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

デニス・ホッパーの幻の監督・出演作品がしばらくぶりに公開される(ラストムービー)

2019-09-10 00:00:00 | 映画

いくつかの映画サイトで昨日(9月9日)記事になっていますように、デニス・ホッパーが1970年に監督した幻の映画(といって過言でないはず)が日本では31年ぶりに公開されるとのことですね。

デニス・ホッパー監督の『ラストムービー』31年ぶりに劇場公開!

デニス・ホッパーの監督第2作目『ラストムービー』(原題:THE LAST MOVIE)が、1988年以来31年ぶりに公開決定。

映画 洋画ニュース2019.9.9 Mon 18:30

デニス・ホッパーの監督第2作目、“呪われた映画”や“革命的な傑作”とも言われる『ラストムービー』(原題:THE LAST MOVIE)が、1988年以来31年ぶりに公開決定。12月20日(金)、オリジナルネガから4Kスキャン/4K修復が施された最新素材で上映する。

映画撮影のために南米ペルーの村に赴いたスタントマンのカンザスは、撮影後ドラッグに溺れ、放蕩にふけるうち、映画作りを模した村での奇妙な儀式に巻き込まれる。やがて虚構と現実の境目を飛び越えためくるめく世界へと突入するが――。

インディペンデント映画史上空前の興行収入を叩き出した初監督作『イージー★ライダー』(’69)でカンヌ映画祭新人監督賞受賞、アカデミー賞の脚本賞にもノミネートされ、一躍時代の寵児となったホッパー監督。本作は、最終編集権を含む完全なクリエイティヴの自由を得て、念願の企画を映画化した渾身の監督第2作。

脚本は、ホッパー監督が兄貴と慕ったジェームズ・ディーン主演の名作『理由なき反抗』(’55)を書いたスチュワート・スターン。次第に正気を失い狂気に陥る主人公カンザスをホッパー監督自ら演じ、ベテラン女優ジュリー・アダムス、サミュエル・フラー監督、先日惜しくも他界した盟友ピーター・フォンダ、「ママス&パパス」のミシェル・フィリップス、音楽も手掛けたシンガーソングライターのクリス・クリストファーソンなど、錚々たる面々が共演している。

 しかし、本作は編集作業が1年にわたり、1971年のヴェネチア国際映画祭で好評を博すものの、難解な内容と前衛的な構成に困惑したユニヴァーサルのトップの再編集指示をホッパーが断固拒絶、映画は短期間での公開後、ほぼお蔵入りに。また、この騒動でハリウッドから干されたホッパー監督。映画監督としてはその後約10年間の空白期間を迎える。

1971年当時は、ニューヨーク・ロサンゼルス・サンフランシスコの3都市で小規模公開となり、昨年のリバイバル公開まで全米で公開されることはなかった。日本では1988年当時アメリカ国外で初めて劇場公開されるもその後のVHS発売以降、DVDやブルーレイ化、テレビ放送もなされていない。そんな幻の映画が、『イージー★ライダー』製作50周年にあたる今年、ついにスクリーンに蘇る。

『ラストムービー』は12月20日(金)より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

紹介を読むだけでお腹いっぱいですが、下に、この4Kリストア版の予告編を。米国バージョンです。

THE LAST MOVIE - Official Trailer (4K Restoration)

予告編を見ただけでも一筋縄ではいかなそうな映画だと推察されます。面白いかどうかと聞かれたら、あんまり面白くないのかもですが、でもやっぱり観にいかないわけにはいかないよね(苦笑)。

それにしてもホッパーが亡くなった2010年からさらに8年後にようやく米国で再公開、そして翌年日本でも再公開ですか。よっぽど呪われた映画だったということですかね。ホッパー自身は80年にふたたび映画を監督する機会に恵まれますが、それでもこの映画は大っぴらな再公開は難しかったわけです。

引用した記事にもありますように、この映画でも共演しているピーター・フォンダも先ごろ亡くなりました。「イージー・ライダー」も、主だったスタッフ、キャストもそれこそジャック・ニコルソンなど存命者も少なくなりましたが、しかし映画は永遠に私たちにその時代その瞬間をみせてくれます。この「ラストムービー」を楽しみに鑑賞したいと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« マカオ・香港紀行(2019年6月... | トップ | たぶん右翼の連中には、より... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。