ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

スウェーデンの王室の決定について、日本人も日本の皇室と対比して考えてもいいかもしれない

2019-10-21 00:00:00 | 社会時評

明日が、皇室がらみのイベントがある日で国民の祝日ということで、ちょっとそれに関係する記事を発表したいと思います。

今月、スウェーデン王室が興味深いことを発表しました。記事を。

>スウェーデン王室、国王の孫5人を王族から除外

2019.10.08 Tue posted at 12:23 JST

(CNN) スウェーデン王室は7日、カール・グスタフ国王の孫のうち5人について、殿下や妃殿下の称号を使わないことになったと発表した。これにより、国民の税金を受け取る王族一家の人数は縮小する。

対象となる5人については今後も王子や王女、公爵や公爵夫人などの称号は維持するが、王族としての公務を行うことは期待しないとしている。

カール・グスタフ国王夫妻の子どもは、長女のビクトリア皇太子と長男のカール・フィリップ王子、二女のマデレーン王女の3人。

このうち王族に残る国王の孫は、ビクトリア皇太子の2人の子ども、エステル王女と弟のオスカル王子のみとなる。

一方、カール・フィリップ王子夫妻の2人の子どもと、マデレーン王女夫妻の3人の子どもは王族から外れる。

マデレーン王女は7日、インスタグラムへの投稿で今回の措置を歓迎し、自身の子どもたちにとっては「一個人として自らの人生を築くチャンスが広がる」と書き込んだ。

兄のカール・フィリップ王子も、2人の息子にとって「人生の選択がもっと自由になる」と歓迎を表明している。

スウェーデン王室は1980年にいち早く王位継承に関する規定を改訂し、性別を問わず、国王夫妻に誕生した第1子を王位継承者と定めた。

もう1つ。こちらは、BBCです。

>スウェーデン国王、孫5人を王室から除名 「増え過ぎ」の声うけ

2019年10月8日
スウェーデンのカール16世グスタフ国王が、5人の孫を正式な王室から除名すると決めた。7日に発表した。王位継承順位の高い孫2人はそのまま残る。

5人の孫には殿下の称号が与えられない。一方で、王室の家族に義務付けられている行為をする必要もなくなる。

王室の一員ではあり続ける。公爵(女性公爵)の称号は持ち続けるという。

スウェーデンでは、王室の人数が多く公務に費用がかかり過ぎとの見方が広がっており、それを受けた措置とみられる。

誰が抜ける?
王室の発表によると、カール・フィリップ王子の息子2人と、マデレーン王女の子ども3人が、王室から外れる。

5人は現在1~5歳。今後、税金を財源とした1年ごとの王室の手当を受け取れなくなる。

王室に詳しいロジャー・ラングレン氏は、同国で王室の人数の増加に厳しい目が向けられていることが関係しているとみる。

「議会は数年前、王室の基本原則を見直すと表明していた。見直し対象の1つが王室の規模だった」

ラングレン氏によると、グスタフ国王は自らの考えで今回の決断をした。イギリスのチャールズ皇太子が「王室を整理」したいと考えているとされることも意識したと思われるという。

また、5人の孫について、独自のキャリアを追求している英王室のベアトリス、ユージェニーの両王女になぞらえた。

過去100年で最多
スウェーデンの歴史家ディック・ハリソン氏によると、同国の王室は過去100年で最も人数が多くなっている。王室を抜けることで、5人は「ふつうの生活を送る」ことが可能になるという。

「5人は束縛から逃れられる。ふつうの人になれる一方で、王室の一員でもあり続けられる」

ハリソン氏はまた、5人は「理論上の王位継承権」は持ち続け、公的行事には今後も姿を見せる見込みだと説明する。

同氏によると、スウェーデンでは王室の財源に関する議論が続いているが、幼い子どもたちについては検討されていなかった。「国王がそれを防いでいた」という。

ヨーロッパで王室を維持しているのは、スウェーデン、イギリス、ノルウェー、デンマーク、スペイン、オランダ、ベルギーの各国。王室の制度や人数は国によって異なる。

(英語記事 Swedish king drops grandchildren from royal house)

長い引用になりましたが、これも貴重な資料になるかと思いますので、乞うご容赦。

いろいろ興味深い記事です。まず、

>「増え過ぎ」の声うけ

というのがすごいですよね。スウェーデン国民が「そのようなことに金を使うより、もっと違うことに使え」「関係予算が高すぎる」(という趣旨でしょう)と主張したら、それに王室がそれなりにこたえて対応したというのも、やはりスウェーデンの王室は日本の皇室よりいろいろな点で民主化が進んでいると思います。もちろん王室というのは、民主主義にとってはパラドックスであり、存在自体が「どうよ」というものではありますが、スウェーデンやデンマーク、ノルウェーといった北欧諸国は、昨今いろいろな調査でも「住みやすい」「国民の権利が尊重されている」など様々な点で世界的にも高評価です。そういった国々では、王室も、いろいろと現代にそぐう形で対応していく必要があるということでしょう。

だいたいいまの日本では、皇室予算はどうあるべきかという議論も、ろくにされていないんじゃないんですかね。されているのかもしれませんが、表立って、しかもいろいろな意見が交わされているということもないでしょう。国会でそのような論戦が与野党で行われているということもなさそうです。もちろん皇室予算にしてもさまざまな祭祀にしても、政教分離の件とかあって一筋縄ではいきませんが、このあたりは国民一般もよりいろいろ考える必要があるでしょう。以上の拙意見は、もし私の誤解、錯誤でしたら訂正しますので、ご指摘がございましたら論拠をそえてご教示ください。

それで、私がさらに興味を持ったのはこちら。

>マデレーン王女は7日、インスタグラムへの投稿で今回の措置を歓迎し、自身の子どもたちにとっては「一個人として自らの人生を築くチャンスが広がる」と書き込んだ。

のカール・フィリップ王子も、2人の息子にとって「人生の選択がもっと自由になる」と歓迎を表明している。

>「5人は束縛から逃れられる。ふつうの人になれる一方で、王室の一員でもあり続けられる」

もちろんこんなことは誰でもわかっている話ですが、それはなかなか言い難いことでもあります。たとえば「ローマの休日」なんて映画も、この件が1つの大きなテーマであることは言うまでもないでしょう。映画では、オードリー・ヘプバーンは役目に戻りますが、彼女は王位継承者という設定でしたっけ? そうなると王位継承の可能性が低い人たちとはまた話は違いますが、しかし王室のメンバーがずばり、王室のメンバーには人生の選択肢がない、束縛が強いと公言しちゃうのもなかなかです。日本の場合、故三笠宮寛仁が皇籍を離脱したいという趣旨のことを述べたことがありますが、ほかにはいますかね? あんまり皇室とかのことに詳しくないのでよくわかりませんが、たぶんそんなにはいないはず。皇室なんて息苦しくていやだ、一般人になりたいと考えていても(多くの皇室構成員がそういうことを考えなかったといったら うそでしょう)、公言はしないでしょうが、皇室として生まれた女性は結婚すれば皇室を出るわけですが、男性はそうもいきません。そしてあらたに皇室のメンバーになりたがる人というのもなかなかいないわけです。現天皇など、結婚する際は、候補となった女性がみんな結婚して逃げちゃいました。

それでマデレーン王女とカール・フィリップ王子が、それを歓迎する意見を公表しているのがやはり「王室の自由」なんでしょうね。政治とか経済政策、社会政策ほかに口は出さなくても、このようなことには自分の意見を言うということが、スウェーデン王室では可能なわけです。そういった発言も皇室はしないしできません。となると、前天皇(現上皇)の、米長某の愚劣な発言に対する苦言は、彼なりに可能な線で述べたのだなと改めて思います。

いずれにせよ、王室は自由でなく自分で人生を築くチャンスがない、人生の選択肢がない、ということを公言することが、日本では「言ってはいけないこと」であっても、スウェーデンでは大要「自分はいまさらそうはできないが、子どもはそうであってほしい」といえるわけです。そうなると、スウェーデンの王室のメンバーのほうが、日本の皇室より「開かれた」「自由だ」「いろいろな権利がある」というものなのでしょう。

そしてもう1つ、こちらはどうでしょうか。

>同国で王室の人数の増加

>同国の王室は過去100年で最も人数が多くなっている。

スウェーデン王室は、人数が増えているわけです。それで日本の皇室は、人数的にかなり厳しくなっています。ていうか今のままでは、将来がありませんね。女帝を導入しなければ遠からず天皇制は維持できなくなります。いや、私は別にそれでかまいませんけど、天皇・皇室をやたら尊重したりありがたがっていると自称する連中が女性天皇絶対拒否という態度なのも、まったく拉致問題での拉致被害者家族同様、支離滅裂、合理性や妥当性のかけらもないというものです。欧州がそういう流れ、日本も昔は女帝がいた、男女平等なんていうこと以前の話じゃないですか。「不都合な真実」を無視するのにもほどがあるというものです。

なおこの記事は、最後の段落は、bogus-simotukareさんの記事 新刊紹介:「歴史評論」11月号に投稿したコメントを少し改変したものであることをお断りしておきます。紹介した記事は、『天皇代替わりの歴史学』で非常に興味深いので、ぜひお読みになってください。また、上の写真は、BBCの記事より。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« そろそろTwitterやInstagram... | トップ |  北京・天津紀行(2014年12月... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (bogus-simotukare)
2019-10-21 18:38:43
>非常に興味深いので、ぜひお読みになってください。

 いつもご紹介ありがとうございます。
 ただ小生の記事は
・原武史・放送大教授(原氏の主張には賛同するところが多いのですが、彼など一部の人間ばかりが天皇制批判者としてメディアに登場する状況は望ましいとは思いません)
などのコメントの紹介でお茶を濁してる部分が多いので(苦笑)、この機会に元ネタである
・原武史『平成の終焉:退位と天皇・皇后』(2019年、岩波新書)などを読んでもらえると幸いとは思います。
 なおhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO44336120Y9A420C1CZ8000/に書かれてる対話集会イベント(原『平成の終焉』でも紹介されてるそうです)などは昭和天皇にはない発想でしょうし、こうした「親しまれる天皇像」に皇太子時代から取り組んできた前天皇は(ブレーンの協力もあるでしょうが)それなりに賢明ではあると言えるでしょう。
 彼に対する好意も「そうした彼の努力に寄るところ」が大きい(自然に生まれたわけではない)わけです。やはり
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h21-gosokui20.html
「平成の象徴像というものを特に考えたことはありません。」
というのは右派の批判をかわすための言い訳であり、本心とはいえないでしょうね。
>bogus-simotukareさん (Bill McCreary)
2019-10-22 10:02:07
こちらの方こそ参考になる記事をいろいろありがとうございます。

>原氏の主張には賛同するところが多いのですが、彼など一部の人間ばかりが天皇制批判者としてメディアに登場する状況は望ましいとは思いません

原氏は左翼というより保守リベラルとでもいうべき人だと思いますが、このあたりは心意気でしょうね。要は批判的精神の有無とでもいうべきか。

>原武史『平成の終焉:退位と天皇・皇后』(2019年、岩波新書)

是非読んでみたいと思います。

それでご指摘のように、天皇個人、ブレーン、宮内庁ともども、やはり昭和天皇のようなやり方を踏襲していてはだめだという考えで一致しているのでしょうね。そのあたりは当然だし、また天皇制が存続するためにはそういう方向しかないだろうと思います。
Unknown (Rawan)
2019-10-22 23:41:15
日本国の側といえば、こんな幼稚なネタを消費するレベルですからねぇ…

https://togetter.com/li/1420140

国民の意識も、王室(皇室)における自由度や人権に対する理解度にも、隔世の感を抱かずにいられません。

>Rawanさん (Bill McCreary)
2019-10-23 23:40:11
どうもコメントありがとうございます。ご紹介いただいたサイト閲覧しました。いやー、冗談もいいかげんにしろですね。こういうことをほざく連中が、よく北朝鮮とかの個人カリスマを批判できるものです(苦笑)。

それでこれは、宮崎市の観光親善大使のサイトより。

https://ja-jp.facebook.com/miyazaki.sunshine/posts/2547649275279673?__xts__[0]=68.ARBgRIdM2K2b8rFImSave9JuyOEOXAyaOYMbWlzYnjBBMJbIyB_r7gnUFPcA4DAc7N81IJRdpQEc40UtC-bJETlhAf82RU0mzt5m52SVpFdlhlqihQdeNUOZyaegYWNxozU5YiqBdQtoNhoGJ1KTG98sGTmd-HaSm13QKBpe6pnsKZf7VsnwEEsPDCue-pthplkyeX8o7FLmIf9aKVWfsnRAigUPIBPyp2c7Ebvp6yrDHlL8GqrFEGv6yesWTh1fAMol7eFL6tIrfhjJOFVvam9IZFvgV2eHjdkrkTGoLEwylFJ_EbL1og2N0mqEW28vfNom7Xu6RoudjySsJFiU7jmwzw&__tn__=-R

>「会ってみたい人は?」との質問に他の都市のレディがスポーツ選手などを挙げる中、私たち3人が選んだのは「天照大御神」様でした😆✨だって、どうしても晴れて欲しかったんです…!

私たちの切なる願いと皆さんの想いが通じたのか、市民総踊りが始まる前は光が射してきましたよね😆☀️そして踊りが終わった途端雨が降りました☔️すごいですよね!
さすが神々の国、宮崎ですね✨

まあご当人が本気でそう考えているのではなくて、観光協会だかのシナリオ通りのことを書いているだけなのでしょうが、それにしたっていいかげんにしてほしいですね。観光だからといって、程度の問題でしょう。
Unknown (Rawan)
2019-10-24 00:26:34
いやあ、酷いもんですね。
なんでしたっけ。「にっぽんよい国、きよい国。世界に一つの神の国 。」でしたかね。
こと天皇・皇室に関しては、カルト信仰でしかない戦前の国家神道ベースの児童洗脳教育並みに思考停止した知的レベルでそれを消費することが、少なくともマスメディア、報道も含めた日本の「伝統と文化」の継承なのでしょうね。

ああ、おぞましや。くわばらくわばら……
>Rawanさん (Bill McCreary)
2019-10-24 22:38:49
ほんと、ひどいでしょ。奈良県橿原市なども、神武神話をやたら観光に利用しています。

神道式の結婚式の会場ならいざ知らず、「天照大神」なんて、さすがにまともな教養の持ち主だったら、公の場では口にするのもそれなりの理由を必要とするのではないかと思いますが、晴れてほしいなんてのでは、本心でなくても「いいかげんにしろ」という気にはなります。
Unknown (nordhausen)
2019-10-25 21:04:49
私が興味深いと感じたのは、

>スウェーデン王室は1980年にいち早く王位継承に関する規定を改訂し、性別を問わず、国王夫妻に誕生した第1子を王位継承者と定めた。

というところですね。現在では、欧州のほぼすべての王室がこの継承法を定めています。英国もかつては女王を認めながら男子優先でしたが、2013年に継承法が改正されて性別を問わず第一子を継承者と定めています。なお、現在ではスペインとモナコが女性君主を認めながら男子優先ですが、リヒテンシュタインは男子相続制を採用しています。

>女帝を導入しなければ遠からず天皇制は維持できなくなります。

戦前はかなりの数の皇族がいましたが、戦後に伏見宮系の皇族が皇籍離脱してしまいましたからね。また、戦前はその系統に男性皇族が数多くいたということもあり、女帝を認めなくても別に支障はないという事情もあったのでしょう。昨今において、右派・保守系の人たちが女帝を認めないというのは、それ自体が「女系天皇への道を作ってしまう」ということなのでしょう。とはいえ、女帝が即女系に繋がるというのはあまりにも早計ですし、女帝に賛成だが女系天皇に反対という人も少なからずいると思いますね。

ところで、こんな報道もあります。

https://www.sankei.com/life/news/191021/lif1910210004-n1.html

旧皇族とその子孫の皇族復帰も話題になっていますが、仮にそれが実現したとしても、女帝を認めることを視野に入れるべきだと思います。
>nordhausenさん (Bill McCreary)
2019-10-27 10:39:27
>現在では、欧州のほぼすべての王室がこの継承法を定めています。英国もかつては女王を認めながら男子優先でしたが、2013年に継承法が改正されて性別を問わず第一子を継承者と定めています。

基本的にそういった男女平等を認めないと王室への国民の支持も受けられないという思惑があるのでしょうね。エリザベス女王などの成功もその一因かもです。

>また、戦前はその系統に男性皇族が数多くいたということもあり、女帝を認めなくても別に支障はないという事情もあったのでしょう。

側室とワンセットというところがありましたからね。今はさすがにそんなことをする時代ではないし、していたら日本国民の皇室への支持も低くなるでしょう。

>ところで、こんな報道もあります。

https://www.sankei.com/life/news/191021/lif1910210004-n1.html

旧皇族とその子孫の皇族復帰も話題になっていますが、仮にそれが実現したとしても、女帝を認めることを視野に入れるべきだと思います。

はい、私もその件には注目しておりまして、また記事を書こうと考えています。それでご紹介いただいた記事にもありますように

>男系維持のため、旧宮家の男子が現在の皇族の養子か女性皇族の婿養子となるか、国民の理解に基づく立法措置後、了承の意思があれば皇族に復帰できるようにする。

というのは、はたして婿になる旧皇族がいるか(婿OKでも、はたして結婚が成立するか)、自分の子どもを皇族への養子にする旧皇族がいるか、皇族に復帰したがる旧皇族がいるか、いたとしてそれが国民の支持を集めるか、相当に疑問ですね。それより女性天皇を認めたほうが話も早いし国民の支持を集めやすい、というほうが現実的なアイディアですが、 それを絶対拒否ですから、話がなかなか進みません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。