ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

安倍晋三や巣食う会が自分たちに何をしてくれたのか拉致被害者家族会は考えたらどうか(家族会が安倍の足を引っ張っている事例もある)(追記あり)

2020-06-07 00:00:00 | 北朝鮮・拉致問題

2日続けて拉致問題の記事を。横田滋さんの死について、首相である安倍晋三の発言について徳光和夫がこのように発言したとのこと。

>徳光和夫さん、横田滋さんの訃報に「断腸の思い」の安倍首相に「全力は尽くしているでしょうけど何の答えが出てこないことが残念」

2020年6月6日 9時52分スポーツ報知 # 社会

 6日放送のニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・前5時)で、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父・横田滋(よこた・しげる)さんが5日午後2時57分、老衰のため川崎市内の病院で死去したことを報じた。87歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで営む。

(略)

 番組では、安倍晋三首相が「滋さんが、早紀江さんとともにその手でめぐみさんを抱きしめることができる日が来るようにという思いで今日まで全力を尽くしてまいりましたが、そのことを総理大臣としていまだに実現できなかったことは、断腸の思いでありますし、本当に申し訳ない思いでいっぱいであります」と述べた事を伝えた。

 フリーアナウンサーでパーソナリティーの徳光和夫さんは、スタジオで横田滋さんの訃報に「横田滋さんと早紀江さんご夫妻の頑張りがあったからこそ私たちは広く北朝鮮拉致被害者の実態を知ることができた」と明かした。

 その上で安倍首相の言葉に「安倍さんは、全力は尽くしているでしょうけど、何の答えが出てこないことが残念です。そうしてしまいますと本当に力を尽くしてくれているんだろうかと思えてならない」と指摘した。

 続けて「残された私たちがなすべき事は、拉致被害者の方々の1日も早い帰国と、ご家族のみなさんとの再会を実現させることだと思いました」と明かしていた。

徳光がとくに安倍晋三に批判的だという情報は私は知らないし、しかも発言をした番組の放送局がフジサンケイグループの(元)総本山みたいなところであるニッポン放送の番組での発言というのもいろいろ興味深いですね。思い切った発言というべきだし、またこれは、徳光という売れっ子だからできるという側面は認めるとしても、安倍べったりのメディアであるニッポン放送ですらこれくらいの発言は可能だということでもあります。

でもここでの徳光の発言自体は当然ですよね。安倍は2006年~2007年、2012年末から今日まで首相です。で、彼は拉致問題、北朝鮮問題について、「成果」「実績」とでもいうべきものはないですよね。安倍が、まだ生きている拉致被害者(という人はいないのかもしれませんが、話の都合上いると仮定します)を北朝鮮から日本に帰すことができれば、ほかはともかくその点では私は安倍を大いに評価します。別に小泉純一郎なんて好きな政治家ではありませんが、彼の成し遂げた拉致被害者帰国というのは、これはもうまさに戦後日本外交の金字塔といっていいくらいの成果だと私は思います。当然な話です。でも安倍に、小泉氏レベルとまではいわずとも、北朝鮮関係でなんか自慢できる実績、成果なんてありますかね。ないでしょ、そんなもの。

これも何回も書いている話ですが、昨年の参議院選挙の際、拉致被害者有本恵子さんの父親である有本明弘氏は次のように語ったとのこと。

>この6年半、拉致問題は進んでいないが…、北朝鮮にモノが言える政治家は安倍首相しかいない

言っていることの前半と後半が、全然内容がそぐわないじゃないですか(苦笑)。有本氏も、記者によれば

>自らに言い聞かせるように語る。

だそうですから(記者も、こんなことを書くなんてよっぽど見るに見かねたのでしょう)、本心での語りじゃないのでしょうが、それはともかく、そこまで安倍を擁護するのなら、具体的な安倍による成果を口にしたらどうか。モノが言えるなんてそんな抽象的なことを持ち出してもしょうがないでしょうに。

それにしても部外者でしかも自民党や安倍晋三にそんなに敵対的なわけでもないであろう徳光和夫がニッポン放送(苦笑)の番組ですら述べることのできる程度のごくごくやんわりとした(穏やかな)安倍への苦言すら拉致被害者家族はできないんですかね(呆れ)。できないんでしょうが、小泉氏や福田康夫氏らへには相当な罵倒や批判をしていたはずのこの人たちが安倍に対してはなにをここまで腰が低い態度のチキンなのか(苦笑)。いや、それで拉致被害者のためになるのなら別にいいけどさ、そうですらない。

しかしこれは、安倍晋三ばかりを悪くも言っていられません。たとえばこちらの記事でご紹介した件はどうか。2018年10月の発表です。

もし実現するのなら大変いいことだ(平壌に、日本の連絡事務所を開設する動きがある)(あともう一つ、荒木和博の真意を見きわめたい)

この記事で引用したように、日本政府は北朝鮮側に平壌に日本の連絡事務所開設することを打診したという報道が流れました(理由はわかりませんが、なぜか一般紙は、共同通信配信のこの記事をほぼ無視した模様)。その後この件が進展したという情報を耳にしていないのですが、どうなんですかね。沙汰やみになったのは、北朝鮮側が一方的に拒否したのかもですが、理由はともかく平壌に日本の連絡事務所ができれば、これも理由はともかく(自分の意志で行ったのか、何らかの欺罔があって行ったのか、出入国の自由があるのかといったことは問わず)北朝鮮に滞在する日本国籍者の人権を保護するためにないよりはずっといいでしょう。いろいろと役に立ちます。

でも現実には、たとえば某極右政治活動家

>拉致犯罪や国際テロを行い、国内で人権弾圧という言葉ではとても語れない収容所体制・密告体制を敷き、しかも麻薬から偽札まであらゆる犯罪に手を染めてきた国の大使館が、国交正常化したら治外法権の場として東京のど真ん中に置かれるのですよ。

などと訳の分からぬことをほざく始末です。日本だって平壌に治外法権の場を持てるじゃないですか(笑)。これは大変な強みです。だいたい「国交」なんてものは、その国の体制を支持することを前提としているわけではない。国同士の付き合いは、そういったことを超越してなされるべきです。

それで家族会もこのようなことをほざく始末だから話になりません。

>拉致被害者達を帰国させず、双方の国に事件究明の為と称する連絡事務所の設置や調査委員会の立ち上げと言う「聞こえの良い隠蔽工作」には絶対反対する立場を私達は貫きます。

そういうことを言っていたもどうしようもないでしょう。何とかなるのならいいですよ。何ともならないから、あなた(横田拓也さん)のお父さんが亡くなるまでけっきょく何もどうともならなかったのです。

それで横田拓也氏の同じ時のこの発言も、今となっては無残にもほどがありますね。

>私の父は昨年4月から体調を崩し、入院を強いられています。救出活動の先頭に立っていた頃とは違い、驚くほど弱っています。

横田拓也さんにお伺いしたいのですが、あなたは、お父さんが仮に娘さんとは再会できなくても、お孫さんやひ孫さんには再会、定期的に会えるようにしてあげたいとお考えだったんですかね。たぶん1度会ったからいいだろとか考えていたんじゃないんですかね。積極的には会ってほしくないとは考えていないとしても、会えないのはしょうがないとか考えていなかったか。他人の内面の問題ですから「そんなことはない」と言われればそれでおしまいですが、けっきょく安倍に対する態度といい、親に対する態度といい、みーんな巣食う会の言いなりじゃないですか。荒木和博や西岡力ほからに、「あんたたちの言っていること、全然当てにならないじゃないか」とでも言ったらどうか。これも何度でも書きますが、荒木も西岡も、家族会から見捨てられればすぐ力を失います。現実は、それどころか家族会の仲間である蓮池透氏を会から追い出す有様です。それ家族会のプラスになりましたか? 荒木や西岡らには、まさに政治的大勝利ですよ。しかし世間は、あれに好意的でしたかね。とてもそうは思えません。いいかげん、家族会独自のHPすら持っていないらしい(巣食う会との共同HP)現状を何とかしたらどうか。家族会の全員が全員私がここで書いているくらいのことを理解できないほど頑迷な人たちでもないでしょうに。

この記事は、bogus-simotukareさんの記事(記事発表日の追記と訂正:コメント欄でご指摘があったように、リンクをはり間違えてしまいました。正しくはこちらの記事です。bogus-simotukareさん大変失礼しました)からヒントをいただきました。感謝を申し上げます。またこの記事を書いている時点’(6月6日22時ちょっと前)では、当然6日のアクセス状況は確定していませんが、拉致被害者家族関係の記事のアクセスが良いようです。横田滋氏が亡くなったのだから当然といえば当然ですが、こういう時に関係する記事を読んでいただけるのなら、私も「北朝鮮・拉致問題」の記事を書いていてよかったなと思います。いろいろありましたが、やはりそう感じます。


コメント (24)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« けっきょく反北朝鮮の道具と... | トップ | いよいよ金曜日の夕刊に新作... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
徳光も思いきったこと言ったと改めて思う (bogus-simotukare)
2020-06-07 04:56:42
 いつもご紹介ありがとうございます。
 ただし、リンク先は
https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/4d2501dbe7ac058ee4e3423227faf142
でご紹介いただいた
https://bogus-simotukare.hatenadiary.jp/entry/2020/06/05/200914
ですので張り直しをお願いします。
 しかし改めて思いますが、徳光も思いきったこと言ったとは思います。この番組は「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」という名前で分かるように「視聴者リクエストで歌謡曲を流す番組」ですからね(まあ、この種の番組にありがちなことですがニュースコーナーや、時事問題について徳光なり、ニッポン放送解説委員なりが語るコーナーなりがありそこでの発言でしょうが)。
 安倍に苦言を呈する必要は何もない。しかしこの程度の発言すら家族会はできないのでしょう(それどころか本心はともかく、救う会などに忖度して表向きは『徳光は頑張っている安倍首相に無礼だ』などと言い出す可能性すらあると思います。もはや家族会がどれほど安倍を万歳しようが俺は驚きません)。
 そして、この程度の発言(蓮池透著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』、和田春樹著書『安倍首相は拉致問題を解決できない』に比べたら、安倍に対する批判としてはかなりぬるいものです)ですら安倍は「徳光の言うとおり、具体策が出せなくて恥ずかしい」などとは思わず不愉快に思うのでしょうね。つまりは奴の言う「断腸の思い」なんてのは明らかに嘘でしょう。
>bogus-simotukareさん (Bill McCreary)
2020-06-07 12:10:01
リンクの件大変失礼しました。訂正しておきました。

>徳光も思いきったこと言ったとは思います。

私もそう思いますね。久米宏ならまだしも徳光はあまり社会的な発言をする人ではないと思うので、彼なりに見るに見かねるものがあったのではないかと思います。そしておっしゃるように、家族会も安倍も、「徳光さんよく言った」「それは図星だ」なんて思わず、徳逸に不快感を持つ以外のことはないのでしょう。
Unknown (救われない会)
2020-06-07 22:25:44
2002年から18年、政府も巣食う会も何やってたんでしょうね。
金を出すところは出す、締めるところは締めるとやっておけば全然違った結果になっていたと思うんですけど。
経済制裁をしたって何も変わらないどころか、代替わりしてますます悪化しているだけじゃないですか。
金正恩みたいな若造だったら、交渉次第じゃ丸め込ませる事だってできるかも知れないのに。
案外、巣食う会が崩壊したら北も崩壊したりして。
Unknown (ゆう)
2020-06-08 18:16:40
関係者から聞いた話です。日本と北朝鮮による秘密交渉の後に、横田夫妻と金ウンギョン夫妻がモンゴルで面会しましたが、一部の政治家や救う会の活動家たちは、この面会を批判していたそうです。

もし、彼らがこの面会を知っていたならば、絶対に阻止していたはずです。
Unknown (q)
2020-06-09 09:12:58
尽力してくれた。
「何もやってない方が政権批判をするのは卑怯だ」 (Alberich)
2020-06-10 22:15:21
ご無沙汰しています。

ご家族が記者会見を行いましたが、横田拓也氏は、
「本当にずっと長い間、そばにいて支援してくださった安倍総理。『本当に無念だ』とおっしゃっていただいております。私たちはこれからは安倍総理とともにですね、この問題解決を図っていきたいと思っております」
と述べたそうです。
また、横田哲也氏は、
「安倍総理・安倍政権が問題なのではなくって、40年以上も何もしてこなかった政治家や『北朝鮮なんて拉致なんかするはずないでしょ』と言ってきたメディアがあったから、ここまで安倍総理・安倍政権が苦しんでいるんです」
と述べたそうです。
記者会見自体は多くのTVで、早紀江さんが滋さんとの最期の別れを述べている部分が放映されましたが、息子さんの発言は放送されませんでした。TV局は、多くの国民にとって、早紀江さんの話(夫との個人的なエピソード)は共感を呼ぶが、息子さんの(安倍総理を支持するという)話は共感を呼ばないと判断したのかもしれません。
>「何もやってない方が政権批判をするのは卑怯だ」 (横から失礼)
2020-06-11 18:24:32

これが本当に横田拓也さんの発言なら、、

間違いなく「40年以上何もしてこなかった政治家」が『本当に無念だ』などと言ってのけたことへの痛烈な皮肉

そう思うのは私だけ?
Unknown (nordhausen)
2020-06-11 21:25:53
ところで、話題が逸れますが、横田一家の苦悩を描いた映画「めぐみへの誓い」が上映される予定とのことです。

https://mainichi.jp/articles/20200610/k00/00m/040/318000c
Unknown (Albafica)
2020-06-11 21:44:18
はじめまして

横田哲也氏の発言については思うところがありましたので、横からコメントを失礼させて頂きます。

横田哲也氏の発言を生放送で聞きましたが、まず北朝鮮拉致問題が表面化してからも、一貫して拉致問題というものが存在しない、と言い続けているマスコミや政治家がどれだけいるのだろうと思ってしまいました。
また、安倍政権の拉致問題の結果の有り様を批判する方々が皆、拉致問題等存在しないと言い続け、拉致問題解決に何ら寄与するどころか邪魔をしていると印象付ける事こそ、卑怯なのではないかと思ってしまいました。

安倍晋三氏については、官房長官時代、実際の経緯はよく分からなくとも、最終的に蓮池薫さん達を日本に残す事を決定した内の一人であることは間違いのない事でありますし、評価の程度はあれ、外交的な成果があった方とは言えます。

ですが、第一次安倍政権時から行った外交遮断政策が、拉致問題解決に寄与した様子はないですよね。
政治は結果で語れませんので、拉致問題解決について安倍政権は批判の誹りを受けるのはしょうがない事です。
それは批判者が拉致問題解決に関わっていようといまいと、批判する事に何ら問題はありません。
もし同じことが自分の身に起こったら、同じ様に対応されるのだな、という事に他ならないからです。
安倍総理の政策結果を批判することが、拉致問題解決を遠ざけるのであれば憤るのも仕方がありませんが、普通は指摘を受ければ新たな道筋が生まれ、それが問題解決に寄与する可能性だって生まれる訳です。
本件に関して何もしていない人が、政権を批判する事が卑怯であれば、新型コロナ対策についても、問題解決に奔走している人以外は何も指摘できなくなってしまいます。それこそ卑怯ではないでしょうか。
何の為の民主主義政治における代議士制度なのか、批判を受けない政権がどうなるのか、何もわかっていない発言に聞こえました。

もし、横田哲也氏が家族会の方針以外は、拉致問題解決に寄与しない、という考え方であれば、拉致問題については部外者は何も言えません。
ただし、家族会の方針が、拉致被害者家族以外の日本国民にも影響を及ぼす様であれば、批判の誹りを免れないですよ、となる上で仰った発言なのか、個人的には非常に疑問が残りました。
冷戦という状況で発生した外交問題ですので、解決には彼ら家族だけの問題では終わらない可能性も視野に入れないといけない話なのは当然な訳ですから。

最後に、拉致問題はただのお涙頂戴的な問題でもないですし、ただ単純に安倍政権批判だけに繋がるだけの問題でもないので、横田哲也氏の発言自体は個人的に疑問を持ちましたが、マスコミとしてはこの発言を横田哲也氏からの問題提起として、カットせずに報道はしてほしかったと思います。
意図はなかったとしても、カットしたこと自体が何がしか恣意的に取られるであろう発言ではありましたし。

長々とお目汚し失礼致しました。
Unknown (green)
2020-06-12 22:13:55
横田滋さんの息子さん達の記者会見を見ながら、こんなに煽るとまた在特会みたいなヘイターに餌を与えてしまうんじゃないかと憂慮してしまったほどです。
ビートたけしが自身の情報番組で「こうなる事は分かってたはず」と言ってましたが、この先高齢者のメンバーが亡くなるたびヘイトムード一色になるのでしょうか。

2000年、北朝鮮が拉致を認めたとの第一報のニュースをうちの主人はサウナで観てたのですが、隣にいた年輩の客が驚きを隠せないながらも「でもな~日本も悪い事いっぱいやったもんな~、朝鮮の女なんか可哀想だったよ」と仲間らしき人達と話してたそうです。
安倍さんも米朝会談で世界が湧いてる時、「不幸な過去を清算したい」「最終的には私と金正恩氏が直接向き合って」云々意気込んでましたが結局どうなったんでしょうか。
日本と北朝鮮の間での不幸な過去…
拉致事件が起こった背景…
知りたいことが一杯です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。