ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

トレイシー・ハイドについて、いくつかのことが判明する

2008-10-08 22:52:41 | 映画


トレイシー・ハイド(Tracy Hyde)と聞いてすぐピンとくるのは、1970年代に映画が好きだった人か、映画マニアでしょう。彼女は、1971年の「小さな恋のメロディ」に出演して、日本で高い人気を得ました。しかしその後あまりぱっとせず、今では「あの人は今」なんて番組にも登場したりしているくらいです。

先日の日曜日(10月5日)、ちょっと彼女について調べたいと思い、いくつかのサイトをチェックしていたら、いろいろ興味深いことを知ることができました。というわけで、このブログの読者の皆様にも知ってほしいと思って、今日の記事を書こうと考えたわけです。

まず面白く思ったのが、日本のwikipediaには、彼女の記事がないということです。英語の記事はなくても日本語のはあるんじゃないかと考えていたのですが、そうでもなかったみたいです。英語の記事が意外と充実していたのでとても参考になりました。

トレイシー・ハイドは、1959年3月16日にロンドン郊外のフラム(フルハムよりも「フラム」という発音のほうが正しいそうです)に生まれました。4歳からバレエを始めて、少女モデルなどもやっていました。

で、彼女の写真を映画関係の仕事をしていたアンドリュー・バーキンが見て、 「小さな恋のメロディ」(以下、「小さな恋・・・」と略)のオーディションに出ることを彼女の家族にすすめて、さらに制作のデヴィッド・パットナムや監督のワリス・フセイン(彼はインド出身でした)、脚本のアラン・パーカーに彼女を推薦しました。おそらくそのために、彼女は「小さな恋のメロディ」のメロディ役にばってきされたわけです。これが1970年の初旬です。

バーキンは、ジェーン・バーキンの兄で、1945年生まれですからこのとき25歳の若さでした。映画ではsecond assistant directer とクレジットされているバーキンですが、wikipediaの英語版の「小さな恋・・・」の記事によると、脚本もアラン・パーカーと執筆していたそうです。つまり、この映画の基本的なコンセプトや制作実務は、かなりの部分バーキンが担当していたということです。この映画での最重要人物は、このアンドリュー・バーキンかもしれません。

さてそれを知って考えると、これは賛成を得られないかもしれませんが、トレイシー・ハイドって、ジェーン・バーキンとちょっと雰囲気似ていない?! 少しぽわーんとしたところなんか近いところがあるかも。すいません、そうは思わんと言われれば仕方ありません。

  

「小さな恋・・・」の出演後、彼女は何本か英国のテレビドラマに出演しますが、1973年のドラマを最後に出演が途絶えます。しかし「小さな恋・・・」が日本で大ヒットしたせいもあり、彼女は日本に呼ばれて、彼女の主演映画すら企画されますが、実現はしませんでした。あまり出来のいい映画にはならなかったでしょうが、製作されればおもしろかっただろうなあと勝手に考えます。こちらのサイトによると、沖雅也との共演映画まで企画されたそうです。いやあ、実現していたらどんな映画になったことか、興味が尽きることはありません。沖とトレイシーの顔合わせもあったそうです。



その後彼女は、秘書になる勉強をして法律事務所などに勤務したりします。芸能活動からは遠ざかりましたが、日本の映画雑誌「ロードショー」(この雑誌も休刊ですね)の1977年5月号での「シネマ大賞」で彼女が1位になったために、わざわざ日本まで足を運んでいます。ほんまかどうかはいざ知らずですが、彼女は日本を去る際、

>読者の皆さん、私にまた投票してくれるかしら・・・?
そしたら、貯金しなくてもまた日本に来れるのに。

と言ったとか。もし事実なら、いろいろ考えさせられるセリフです。



1980年代になって彼女は、突然映画界に復帰しますが、あまり成功したとは言えません。1988年で彼女はその世界を去っています。30を目前にしていたこともあったのでしょう。正直、80年の写真を見ると、さほど魅力があるようにも見えません。

90年代は彼女はフランスに在住していました。お子さんも3人いるそうです。94年、99年に日本のテレビの取材を受けています。99年だったかにはマーク・レスターとも顔を合わせていました。

さて、私がこのような記事をくどくど書いていたのは、じつはこれからの情報を伝えたかったのです。彼女は現在、英国のロンドン郊外のサリーのペットショップで仕事をしています。そのサイトには、彼女の写真も写っています。

黒い髪の女性がトレイシーです。80年の写真よりも、今のほうが魅力的かも。

この店は、彼女の実家で経営しているもののようで、トレイシーは
>Tracy(Manager)

と紹介されています。地味といえば地味ですが、彼女にとっては今はとても幸せなのかもしれません。

私は知らなかったのですが、日本以外でも彼女はカルト的な人気があるようですね。なかなか興味深いサイトもあります。もう彼女が芸能界の一線で活躍することはないでしょうが、マーク・レスターは最近芸能界に復帰したようです。彼女も、特別出演くらいはしてもいいかも。

なお、この記事を書くにあたって、英語版のwikipediaIMDbを参考にしました。どちらも本当に役に立つサイトです。

最後に。彼女も来年(2009年)50歳です・・・・。

2010年3月9日追記:記事にも書いたトレイシーの日本のテレビ番組出演時の動画をこちらの記事にはりつけましたので、興味のある方はご参照ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 格闘家になること | トップ | メグ・ライアンのインタビュ... »
最近の画像もっと見る

54 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすがの追跡ですな (anupam)
2008-10-09 20:05:46
トレーシーのような顔は子供のころに可愛さの頂点で、あとは凡庸になってしまう典型的な顔ですかね。
(髪形も関係しているかと思いますが・・)

でもよく見ると、確かにジェーンに似ている・・

子役で爆発した人って、その後の人生が結構イタイ感じがしますが、トレーシーの「今」は幸せそうで何より・・



>anupamさん (Bill McCreary)
2008-10-09 20:30:25
トレイシーは、アニセー・アルヴィナさんよりも6歳ほど年下ですが、日本で人気があったのはほぼ同じ時代ですね。

ほんと、彼女あんまり成人後は美人ではありませんでしたね。でも、今の彼女はけっこう人生が充実しているようで私もうれしかったです。

それにしても、トレイシー・ハイドとジェーン・バーキンが似ているなんて指摘をした人ってあんまりいないような気がするんですけど、正直ジェーンの兄貴の好みって、おもいっきりジェーンなのかもしれませんね。
ありですw (ファン)
2008-10-19 18:00:00
私が小学生の頃の小さな恋のメロディ、あの頃からトレーシーに憧れ、英国にも憧れ、僕も来年49歳を迎えます。僕の心は今でもあの頃のトレーシーを追いかけているようです・・・・
でも彼女も大変お元気そうで安心しました。ジャックワイルドはとてもお気の毒です。
自分の人生に後悔のない生き方をしていきたいとつくづく感じておる次第です。
遠い存在でありながら、こうして近況をお知らせ下さい、大変身近に感じ、心より喜んでおります。
ありがとう御座いました。
忘れられないです (smcguitar)
2008-10-20 22:29:42
もう皆忘れたのかと思う頃に、こんなHPを見つけるとうれしくてつい寄ってしまいます。
まさに同時代です。中2にあがる春休み?この映画を見て、こんなに可愛い女の子が世の中にいるんだと信じられない思いでした。
こんな恋をすることがあるのかなと思ったな。

今、一番うれしいのは、一生で一番好きな映画だよと言って16歳の娘にDVDをプレゼント。すごく素敵な映画で大好きだと言ってくれたことです。
>ファンさん (Bill McCreary)
2008-10-21 06:49:58
はじめまして。ファンさんは、トレイシーとほぼ同じ年齢でいらっしゃるんですね。

残念ながらトレイシーは、この映画以外でこれといった活躍をするにいたりませんでしたが、でも今の彼女はそれなりに幸せそうで、私もうれしく思います。

彼女も一度芸能界に復帰したのは、それなりにこの世界に未練があったと思うんですよね。でも30を目前にして去ったのは、やはり自分には違う道があると考えたのかもしれません。結果的にはそれでよかったかと。やや厳しい言い方かもしれませんが・・・。

>心より喜んでおります。

ありがとうございます。ogatさんがこの記事を取り上げてくださったおかげで、けっこういろんな方にこの記事が目にとまっているみたいです。ありがたいことです。これからもよろしくお願いします。



>smcguitarさん (Bill McCreary)
2008-10-21 06:59:02
はじめまして。コメントありがとうございます。ogatさん経由でいらっしゃったと思います。時には70年代の映画の話を書くこともありますので、たまには遊びに来ていただければ幸いです。

>こんなに可愛い女の子が世の中にいるんだと信じられない思いでした。

そうですね。この記事にはったトレイシーの写真を見ても、とても魅力的ですよね。残念ながら成人してからはいまいちなような…。記事にも書きましたとおり、むしろ現在の彼女のほうがいい顔しているなという気すらします。

>今、一番うれしいのは、一生で一番好きな映画だよと言って16歳の娘にDVDをプレゼント。すごく素敵な映画で大好きだと言ってくれたことです。

いやあ、それは私もとてもうれしい話です。娘さんの感性はすばらしいですね。この映画、英国ではあまり評判がよくありませんでした。たぶん英国社会への皮肉がけっこう強烈だったところが一因ではないかと思いますが、むしろ日本人のほうがこの映画を素直に楽しめたと思います。映画の中では遠方に消えた二人ですが、現実の二人もそれなりに華やかではありませんが、人生を頑張っています。私はとてもそれを嬉しく思います。
ついついw (ファン)
2008-10-27 18:05:50
早々にお返事ありがとう御座います。感謝です。
ひとえに今の人生を振り返り約50年、本当に自分の人生に悔いも後悔もないのか・??って考えるとそのときそのときを楽しく過ごす事に色々と時間を費やした様に思えます。
僕は以外と感傷的な性格でもあり、人を身近に感じたいってよく考えて生きてきたつもりです。スクリーンで出会ったトレーシーには得に思い入れが強く、鮮烈な印象を心に刻んだと思っております。
先日も18歳になる息子に、自分の人生に悔いのない生き方をする様にと、簡単に話しをしたのですが、悔いのない人生って以外と難しいのですね・・・
自分でも感じておるのですが、いよいよ自分の子供達の世代となり、残された自分の人生のこれからの生き方がどれ程大切なのかを最近痛烈に感じております。
当然仕事も大切なのですが、それよりも如何に自分の
生き方に後悔しない生き方をしていくかを今後の自分の課題として、遠い地でがんばって生きているトレーシーを思いながら、今後もがんばって生きていきたいと思います。
彼女も50年の人生色々とあったんだなぁーって、本当に身近に感じる事も出来ました。
こうして異国の地で、今も彼女の事を思っている親父が居る事を少しでも感じてくれるとうれしいですね。
又今後、機会があり、彼女の近況等がお判りになる事があれば教えて下さいね。
本当にありがとう御座いました。
>ファンさん (Bill McCreary)
2008-10-27 22:07:19
ご丁寧なコメントありがとうございます。

そうですね、正直この前のコメントでも書きました通り、トレイシーも芸能界に復活したこと、そしてあまり活躍できなかったことってほんと悔しいし、いまでも残念で仕方ないと思うんです。ある意味家族が経営している会社で働いているのだって、決して満足できないところもあるのではないかと。

正直私も人生後悔の連続ですけど、ただ不思議とあのサイトでのトレイシーの姿は幸せそうに見えました。むろんあのようなサイトで不幸な姿なんか見せるわけもありませんが、ある意味彼女は自分の好きなことをして生きているわけで、厳しい芸能界と比べるとはるかに地味ですが、そのような穏やかな人生が彼女の感性に合っていたのではないかと思います。後悔は後悔として、いかに自分がそこから納得できる道を見出すかということも大切ですね。

>女も50年の人生色々とあったんだなぁーって、本当に身近に感じる事も出来ました。

結婚、出産、離婚、その他。けっして波風の立たない人生ではなかったと思います。彼女も、たぶん日本での人気は人生の大きな誇りだと思いますよ。

>又今後、機会があり、彼女の近況等がお判りになる事があれば教えて下さいね。

そうですね。決して彼女について豊富な情報があるわけでもありませんが、折にふれて彼女には注目していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

よかったー♪ (☆)
2008-11-03 05:02:31
私は高校生なんですけど、
この前小さな恋のメロディを見ました♪
こんないい映画があるんだーと思って
すっごく感動しました!!!

メロディ役の人が
他の映画に出てないのかなあと思って探したら、
このサイトを見つけて
トレイシーさんが幸せそうに暮らしてるとわかって
とてもうれしいです(≧∀≦)

教えてくださってありがとうございます★
>☆さん (Bill McCreary)
2008-11-03 10:17:12
はじめまして。コメントありがとうございます。

いまどきの高校生の方って、なかなか
「小さな恋のメロディ」みたいな映画
を見る機会ってないと思うんですけど、
☆さんはだれか大人にすすめられたん
ですかね。そうすると、その方と☆さん
は見る目をお持ちですね。

トレイシーはけっきょくこの映画以外に
成功した映画には出演していません。そう
いう意味では残念ですが、いまの彼女は
それなりに幸せな人生を送っているようです。

彼女はお子さんも3人いるようで、☆さんと
同じくらいかも。彼女もがんばっています。

たまには気が向いたら、旅行の記事とかも
ありますので遊びに来てください。

それではまた。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事