ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

絶句するほどひどい(拉致問題って、ここまでネタがないのかと思う)

2013-07-05 00:00:00 | 北朝鮮・拉致問題

荒木和博が書いていることやその活動にまともに対応するのもどうかですが、しかしこれはかなりひどいと思います。荒木というか、「特定失踪者問題調査会」なる組織が行ったという記者会見についての荒木のブログ記事です。

> 平成25年7月2日
       「反物事案」について
                 特定失踪者問題調査会

 横田早紀江さんがめぐみさんの拉致された翌昭和53(1978)年、拉致未遂に遭っていた可能性がある。

 偶然ではあるが、ほぼ同時に和服の反物を売ろうとする不審な人物を過去に目撃したとの三つの情報が入ってきた。その一つは横田めぐみさんの母、早紀江さんである。もう一つは千葉県在住の男性とその母親である。これは拉致の手口の一つである可能性がある。詳細は以下の通り。

1、横田早紀江さんに関わる「反物事案」

 昭和53(1978)年3月以降(3月~5月あるいは11月?)頃、午前中(もしくは夕方の時間帯?)に、所用(PTAないし買い物?)で早紀江さんが新潟市水道町の当時自宅から大通りに出て出かけた際に、めぐみさんが拉致されたと思われる交差点付近より少し南側、当時あったホテル前付近で、海岸の方を向いて左に寄せた乗用車(色不明)が駐車している事に直前で気付く。

 その車の側から1人の男が反物を2本手に持って「奥さん、反物の良い物が安く展示してあるので、見に来ませんか」と声を掛けて来た。近くにはもう一人の男がいた。

 男達は、背広を着用し、30代前後、身長はそれほど高くなく、どちらかと言えば きゃしゃな感じ、髪型は普通の七三分け、メガネはかけていない。日本語に不審な点は無く、気さくな感じだった。

 当時はめぐみさん失踪からまだ日も浅く、早紀江さんの心はどん底の状態でそれどころではなかった。また、早紀江さんは以前に呉服店に勤めた経験があり、展示会などを路上にて声をかけ誘う事はあり得ない、顧客には招待状を出すのが普通だという認識があり、非常に不審な感触を抱いた。めぐみさんがいなくなった直後から不審な電話などもあり、日常的に警戒心を持っていた。

 早紀江さんは怖くなり、すぐに申し出を断って、新潟大学の交差点方向へ向かった。後を付けられていないか不安であったが、後ろを振り返る事は出来なかった。用事を後回しにし、そのまま新潟中央警察へ直行。不審な人物に声を掛けられた事について通報した。車のナンバーは記憶しておらず、警察は調べておきますと対応したと言う。その後、警察からは「あれ以来そのような不審者は現れず、何でも無いですよ」と告げられた。

(後略)

横田の奥さんの話がどれくらい正確なのかどうかすら怪しい気がしますが(故意にではなくても、だいぶ以前の話でそうとう事実と記憶とが違っているんじゃないのという気がします)、こんな話のどこが北朝鮮拉致なんでしょうか。ふざけるのもいいかげんにしてほしいと思います。私が拉致被害者家族なら、「馬鹿ほざくのもいいかげんしろ」と激怒しています。なにをこんなでまかせの与太を記者会見などするのでしょうか。

それで、さらにこちらの記事もひどい。「特定失踪者」の親類の女性の体験談です。

>「反物事案」その3 

【調査会NEWS1369】(25.7.3)

 前号のニュースをご覧になった永本憲子さん(昭和56年高知県で失踪)の従姉妹、牧野由美さんから次のようなメールをいただきました。正直なところちょっとぞっとしました。 
-------------------------------------------------------------
 1985年(昭和60)年から1992(平成4)年の間のことと記憶しています。当時、私は20代から30代になる年齢でした。

 当時住んでいたアパートから最寄りの東急東横線 日吉駅に向かう途中で車から声をかけられました。男性でした。勤めていた呉服店が倒産し、呉服の在庫を抱えて困っている、安くするので見てみないかというのです。

 バンタイプの車で、中は確認しなかったと思いますが、後ろに何か荷物を載せているような雰囲気はありました。声をかけられた場所は角を曲がれば駅まで一直線。人通りもずいぶんと違います。なぜ、この場所なんだろう。ふと思ったのは駅前には交番(当時)があるからかという疑いでした。

 加えて、いくら横浜とはいえ、車で道端で声をかけて呉服を売るというのは、あまりにずさんな売り方ではないかとすぐに断りました。

 人ごみをあるけばうさんくさい勧誘を受ける都会で、数多くそんな疑いを持つ機会はありましたが、なぜか日吉でのそのシーンはよく覚えています。いただいたメールの中、自分の記憶と重なる部分がありました。警察関係者の方のご意見も読みまして、念のためにお知らせしようと思いました。

1985年から92年の7年間のうちのいつかって何よそれ、と思いますが(つまりはそんなに強く記憶に残る話ではなかったということでしょう)、こんな体験を話されたところで何の価値もありません。こんな話に「ぞっとしました」とまで書く荒木という男には絶句します。

さすがにこんな与太は産経新聞ですら記事にはしかねるでしょうし(確認した限りでは、産経その他記事にはしていません。漁船を襲って若者を拉致して中高年は船ごと沈めたとかいう話も、産経以外は記事にしませんでした)、拉致被害者家族支援者ですらどうかと思うくらいのものでしょうが、警察関係者からのメール(これだってほんとかどうかわかったもんじゃありません)を紹介した記事がこれまたひどい。その一部を。

>(前略)
反物は朝鮮半島でも歴史がある産業です。また、国内において、目をつける必要がある歴史的背景も事実存在します。それは、反物製造における在日朝鮮、在日韓国人の稼動実態です。

 戦前から全国的に在日の方に対する職業差別などがあり稼動できる職種は限られていたようです。そのなかに主たる彼らの職業として、反物製造業があります。

(中略)

もちろん、拉致未遂の被疑者が在日朝鮮、韓国人か日本人かその他外国人かはわかりません。ただ、反物製造の歴史的背景からも、また北朝鮮拉致という観点からも反物事件が拉致に密接であるならば本件被疑者が、在日朝鮮、韓国人の可能性が充分に考えられます。


>戦前から全国的に在日の方に対する職業差別などがあり稼動できる職種は限られていたようです。そのなかに主たる彼らの職業として、反物製造業があります。

というのが事実かどうか知りませんが、事実だからといって、北朝鮮工作員がそんなものに偽装して日本人拉致をするとは考えにくいでしょう。といいますかこの記述は、反物業界に対する重大な名誉毀損じゃないんですか。業界団体は抗議したっていいんじゃないの。いや、するべきでしょう。あまりに馬鹿馬鹿しすぎて相手にする気もしないでしょうが、荒木とか巣食う会系の連中はそういったことにつけあがって非常識きわまりない活動をするのですから、迷惑にもほどがあるというものです。

それにしても、こんな話を記者会見までするというのはこの連中はまともじゃないですね。そんなことははじめからわかっていますが、なおさらです。拉致問題って、こんなことまで記者会見するほどネタがないのと思います。そうとうな末期状態にありませんかね。安倍晋三が首相に復帰しておいてすらこの様ですから、お話にもならないとはこのことです。どうにもならないですね。なんとも惨憺たる無残きわまりない光景です。

なおこの記事を執筆するに当たって、bogus-simotukareさんの記事を参考にしました。感謝を申し上げます。

 

コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 奇妙な経験 | トップ | 2012-13 ベネルックス(オラ... »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Rawan)
2013-07-05 05:25:18
本当に困った連中ですね。

>反物は朝鮮半島でも歴史がある産業です。

何言ってるんでしょうね。
衣服に産業として歴史のない国ってどこを指すつもりでしょうか?

>漁船を襲って若者を拉致して中高年は船ごと沈めたとかいう話も、産経以外は記事にしませんでした

でもこれ、テレビでは各局ガンガンやっていましたね。(池上彰とかも)こちらの方が影響力は大きいでしょう。


呉服や反物なんて、百貨店やホテルなんかで「○○市」「××展」とかいくらでもやってます(呆
選挙対策でしょう (hatsu)
2013-07-06 13:37:02
>安倍晋三が首相に復帰しておいてすらこの様

むしろ、安倍晋三が復帰したからこそ、無理を承知でネタ切れを避けなければならなくなったんではないか?と(笑)

これなんて、どこまで本気なんでしょうか↓
http://www.asahi.com/politics/update/0622/TKY201306220221.html



>Rawanさん (Bill McCreary)
2013-07-07 08:53:44
>衣服に産業として歴史のない国ってどこを指すつもりでしょうか?

ですよねえ、ほんとに。

>でもこれ、テレビでは各局ガンガンやっていましたね。(池上彰とかも)こちらの方が影響力は大きいでしょう。

そういえば「報道特集」でもやっていましたね。私は録画はしたけど見ていないので、見てみて面白そうなら記事にします。

>呉服や反物なんて、百貨店やホテルなんかで「○○市」「××展」とかいくらでもやってます(呆

こんな話をするほうもするほうなら、記事や記者会見したりする方もするほうだと思います。
>hatsuさん (Bill McCreary)
2013-07-07 08:56:39
>むしろ、安倍晋三が復帰したからこそ、無理を承知でネタ切れを避けなければならなくなったんではないか?と(笑)

なるほどね、むりやり騒いでいるという部分が大きいのでしょうね。

>これなんて、どこまで本気なんでしょうか

http://megalodon.jp/2013-0707-0855-57/www.asahi.com/politics/update/0622/TKY201306220221.html

まあかっこうづけでしょうね。
いやはやなんとも・・・ (凡人69号)
2013-07-07 12:05:14
そのうち「声を掛けられたら、北朝鮮の工作員だと思え」とか言い出すんですかねぇ、この御仁たちは。
そもそも、バンに反物を積んで回っているなら、せいぜい後部座席に1人か2人乗せるのが精一杯だと思うんですが。麻袋かなんかに詰めて反物の山に隠すなんていう映画かドラマのような行為はリスクが大だと思うし、そこまで非効率なことまでして拉致なんてするもんですかね?こういうシチュエーションでせいぜい思いつくのは、安物を高値で売る悪徳商法くらいのもんですけど。
(ものすごく穿った見方ですが、実は荒木・西岡といった人たちと通ずるところのある統一協会絡みなのかな?と思ったりして)
>凡人69号さん (Bill McCreary)
2013-07-07 16:16:55
>そのうち「声を掛けられたら、北朝鮮の工作員だと思え」とか言い出すんですかねぇ、この御仁たちは。

いや、これなんかまさにそのレベルの言説でしょう。どうしようもないとはこのことだというレベルです。

>そこまで非効率なことまでして拉致なんてするもんですかね?

拉致より悪徳商法の可能性の方が無限大に高いでしょうね。

>統一協会絡みなのかな?

その可能性はマジであり得ますね。彼らは、ワゴン車で営業していますから。
ネタさがしの目的 (hatsu)
2013-07-08 20:22:42
これかもしれません↓
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2013062902100014.html

拉致認定の幅を広げて、高齢化が進む「家族会」の若返り・裾野の拡大を狙ってるようですが、かんじんの拉致問題がそれでいささかでも進展するのかどうか?
Unknown (デュオ・マックスウェル)
2013-07-08 21:18:33
拉致問題に関心を持ってもらおうと津川を担ぎ出し
ましたね。

>hatsuさん (Bill McCreary)
2013-07-09 07:18:37
>県内で拉致国民集会を 来年度 県議連が誘致方針

北朝鮮による日本人拉致問題の解決に取り組む石川県議会拉致議連は、政府に対し、二〇一四年度に県内で国民集会を開くよう要望する方針を決めた。拉致被害者の救出を目指す「救う会石川」などと連携し、内閣官房拉致問題対策本部に申し入れる。今夏にも県を通じて手続きに入る。二十八日に県議会庁舎で開いた理事会で示した。(前口憲幸)

 政府が主催する国民集会は、〇八年度に「拉致問題を考える国民の集い」の名称で始まった。拉致被害者横田めぐみさんの両親が暮らす神奈川では一〇~一一年に続けて開くなど、過去に十八道府県で計二十六回開催。本年度は五月に岐阜で開いた。北陸では富山と福井で実績があるが、石川では例がない。

 拉致問題をめぐっては、安倍政権が解決に意欲を示し、警察庁も本腰を入れる。二十八日には、拉致の疑いがある失踪者の一部リストを各都道府県の警察のホームページで初めて公開。積極的な情報収集に乗り出した。

 石川県内でも二十二日に救う会や家族会などの全国組織が主催した集会が、約七年半ぶりに開かれた。出席した古屋圭司拉致問題担当相は「拉致事件は絶対に許さない覚悟だ」と強調している。

 県内外で拉致問題への関心が高まる中、拉致議連では政府主催の集会を誘致し、さらに世論を喚起したい考え。山田憲昭会長は「政府の公式な集会を石川で開き、国民的な議論として盛り上げたい」と述べ、遅くとも八月には県を通じて政府に申し入れる意向を示した。

 理事会では、県内の市町議会に対しても、拉致議連の設立を働き掛けることで一致。一九六三(昭和三十八)年に出漁中の日本海で失踪した同県志賀町出身の寺越昭二さん=当時(36)=の長男昭男さん(63)、八一年に同県白山市で消息を絶った特定失踪者安達俊之さん=当時(18)=の母親道子さん(79)らも出席し、協力を求めた。昭男さんは「政府主催の集会が実現するなら、ぜひ安倍(晋三)首相にも出席をお願いしたい」と期待した。

県警HPに7人の情報 2人は初公表
竹中純七さん(上)、浜井絵理さん


 石川県警は二十八日、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者として、ホームページ(HP)上で七人の氏名などを公表した。

 公表されたのは、石川県志賀町(旧高浜町)出身で一九六三年に日本海で行方不明となった寺越昭二さん=当時(36)=と寺越外雄さん=同(24)、八一年に行方不明となった白山市(旧鶴来町)出身の安達俊之さん=同(18)、六三年に行方不明となった七尾市出身の坂下喜美夫さん=同(30)、七二年に行方不明となった小松市出身の竹中純七さん=同(21)、九七年に行方不明となった金沢市出身の浜井絵理さん=同(18)、六六年に行方不明となった加賀市出身の丸山善昭さん=同(22)。

 県内に二十八人いる失踪者のうち、親族の同意が得られた七人を公表。「寺越事件」の二人のほか、安達さんと坂下さん、丸山さんは民間団体「特定失踪者問題調査会」のリストで公表されていたが、竹中さんと浜井さんは今回、初めて公表された。

 竹中さんは京都の予備校生で、七二年九月十日ごろ、実家に帰省中に外出して行方が分からなくなった。浜井さんは九七年三月十四日、勤務していた野々市町(現野々市市)の飲食店を出た後、行方不明となった。

 浜井さんの母順子さん(62)=石川県津幡町=は「何でもいいから情報がほしい」と公表に踏み切った。その日は財布や手帳も持たず家を出ており「家出のはずがない。事件に巻き込まれたのでは」との思いがぬぐえない。

たしかにリクルートとかそういう意味あいがあるんでしょうね。この記事の件は、さすがにそれも成功しないでしょうが。

しかしこんなことに引っ張り出されるご家族は無残ですね。まさに藁をもすがるというものなのでしょうが。
>デュオ・マックスウェルさん (Bill McCreary)
2013-07-09 07:19:53
津川氏もねえ、彼の娘さんの誘拐と北朝鮮の拉致とは性質もなにもぜんぜん違うと思うんですけどね。右翼つながりですかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。