ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

官邸主導で拉致問題に対応するって、具体的にどういうことをするつもりなのか(過去全然できていなかったじゃん)

2019-09-18 00:00:00 | 北朝鮮・拉致問題

ちょっと前の記事ですが、なかなか興味深い記事を。

>安倍首相、拉致解決へ官邸主導強化=北村氏抜てき、菅氏担当続投で調整
2019年09月08日07時08分

 北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向け、安倍晋三首相は11日の内閣改造を機に、首相官邸主導の態勢を強める構えだ。拉致問題担当相は内閣の要の菅義偉官房長官に引き続き兼務させる見通し。さらに、官邸外交を支える国家安全保障局長に、北朝鮮側との極秘接触が伝えられてきた北村滋内閣情報官の抜てきを調整している。
 首相は先月26日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)後の記者会見の冒頭、G7全首脳から拉致問題で支持を取り付けたとアピール。その上で「あらゆるチャンスを逃さず、果敢に行動していく」と強調した。
 首相が拉致問題に前のめりになる背景には、北方領土交渉の停滞がある。首相は昨年9月の自民党総裁選で「戦後日本外交の総決算」を掲げて3選を果たしたが、ロシア側の態度硬化で領土交渉の進展は見通せなくなった。手掛かりがつかめないのは拉致問題も同じだが、「安倍外交で何らかの成果を残すには拉致問題に懸けるしかない」(政府関係者)との事情がある。
 改造内閣で留任する方向の菅官房長官は拉致問題の経緯を把握しており、この局面での拉致担当相の兼務の変更は「ないだろう」(政府高官)との見方が大勢。これに加え、官邸主導強化の象徴と目されているのが、警察省出身の北村氏の国家安保局長への起用だ。
 初代局長の谷内正太郎氏は元外務事務次官。後任も外務省出身者が就くとみられていただけに、北村氏を充てることには波紋が広がっている。
 北村氏は第1次安倍内閣で首相秘書官を務め、首相側近として知られる。外務省による「表ルート」で日朝交渉の突破口が開けない中、北朝鮮統一戦線策略室長とベトナムで昨年7月に極秘接触したと報じられるなど、かねて水面下での交渉の可能性が取り沙汰されている。
 首相は改造後の16日、東京都内で開かれる拉致問題の国民大集会に出席し、新態勢で解決を目指す決意を示すとみられる。ただ、政府内では「北朝鮮は米国しか見ていない。この状況が変わらない限り、拉致問題を動かすのは難しい」(外務省関係者)との声も強い。

個人的な意見を言いますと、時事通信は拉致問題でわりと意欲的な記事を書きますね。こちらの記事でご紹介した記事などもそうです。この記事も、他紙、他通信社、放送局などではなかなか書きにくい記事ではないか。

で、この記事の内容を私なりに要約すると、北方領土問題の解決が望めないと判断したので、安倍晋三は拉致問題解決にまたシフトしたということですよね。

しかしですよ。安倍が2島返還で北方領土問題を決着し、日露平和条約を締結したいとしたのは昨年11月じゃないですか。1年にもたたずこの始末ですか(苦笑)。予想通りといえば予想通りですが、しかしその際は確か「これで参議院選挙に大勝し、改憲に弾みをつける」なんて話がけっこうまことしやかに流れていましたが、事実上の断念ですね、これ。

さてさて、この記事が正しければの話ですが、今のところ安倍ほかから特に抗議もないみたいですし、だいたいの内容は正しいんでしょうね、たぶん。でもそうとなると、いろいろなことを考えざるを得ません。

それでこういう記事を読んで、巣食う会の連中はともかく、拉致被害者家族会の面々はどう反応するんですかね。本来ならこれ、安倍に対して「拉致問題を自分の政治の道具にするのもいいかげんにしてほしい」くらいの苦情を申し入れるべきでしょうに。でもまあそんなことはしないんでしょうね。で、なんでそういう態度なのかといえば、安倍に期待しているからだとか遠慮しているとかという話でなく、いまさら安倍批判もできない、安倍絶賛の引っ込みがつかないというものでしかないんでしょうね。

たとえば先日記事にした有本明弘氏にしたところで

>この6年半、拉致問題は進んでいないが…、北朝鮮にモノが言える政治家は安倍首相しかいない

ですからねえ。そんなん何の意味もないじゃん、具体的に安倍が何をしてくれたんですかかと聞かれて、有本氏(横田さん、増元照明氏ほかでも構いません)は何か具体的な回答ができるんですかね。とてもできそうにありません。

前私こういう記事を発表しました。

安倍政権の外交というのも、ほぼ失敗に終わっているといっていいのではないか

で、この時事通信の記事を読むと、私の意見もあながち的外れではなかったのかなと思います。正直現在の安倍政権で、佐藤栄作の日韓国交回復、沖縄返還、田中角栄の日中国交正常化、福田政権での日中平和友好条約締結、小泉純一郎の拉致被害者帰国の実現などの偉業に匹敵する実績なんてものはないわけです。これはたぶん強固な安倍支持者でも多くは認めざるを得ないのではないでしょうか。

それにしたって、拉致問題は難しいから北方領土、でやっぱりこれもだめだったからまた拉致問題ですか(苦笑)。何をいまさらながら安倍も場当たり的なだめな野郎です。そんな落ち着かない態度で、拉致問題にしても北方領土にしても、長期の外交懸念が解決できるわけもない。

だいたい上の記事にしたところで

>首相官邸主導の態勢を強める構え

なんて書いてありますけど、

>北村滋内閣情報官

を抜てきしたところで北朝鮮側とうまく交渉できますかねえ。具体的に対価を出さなければ北朝鮮だって話を聞いてはくれないでしょう。米国その他のG7(日本んは別と考えれば6か国ですか)が

>G7全首脳から拉致問題で支持を取り付け

なんてしたところで、安倍は「北朝鮮側が対話に応じれば、日本としてはこれこれこういう対価を出す用意がある」なんていう話を各国首脳にしているんですかね。していないんじゃないんですかねえ。あ、すみません。もししていてそれが明らかになればこのくだりは撤回します。でもしていない可能性が非常に強いと私は思います。おまけに昨今の韓国との関係悪化ですからねえ。前にも書いたように、2002年の拉致被害者帰国については、韓国の金大中大統領(当時)やその側近である林東源統一相(当時)その他による北朝鮮側への働きかけがありました。それが日本人拉致被害者帰国につながる大きな助けになったわけです。そういった恩人を荒木和博は殺されていればよかったんだと平然と書くくらいで、世の中ここまでの人間のクズ、忘恩の徒、非常識、馬鹿、最低、最悪、失礼な人間は、古今東西にも珍しいと私は思いますが、こういったクズどもの妄言はともかく、具体的に当時の韓国に匹敵する協力国ってあるんですかね? 拉致被害者家族ほかは、中国とはかかわりあいたくないとか主張しているようですが、そんな贅沢を言える立場か。まったくもってどうしようもないとしかいいようがない。これもたとえば拉致被害者家族に、韓国や中国に話を取り持ってもらえなくて拉致問題ってのはどうにかなるんですかねえとか聞いても、やっぱりまともな答えは返ってこないんでしょうね。あるいは「有本さん(横田さん、増元さんでも可)は、何がどうなれば拉致問題は動くと思いますか」という基本的な質問をして、どういう答えが返ってくるのか。大いに疑問なところです。

なおこの記事は、bogus-simotukareさんの記事を参考にしました。感謝を申し上げます。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« WTO提訴されたら受けて立つし... | トップ | エンテベ空港を題材とした映... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (bogus-simotukare)
2019-09-18 04:46:27
>なおこの記事は、bogus-simotukareさんの記事を参考にしました。

 ご紹介いただきありがとうございます。

>そういった恩人を荒木和博は殺されていればよかったんだと平然と書く

 リンク先の記事(https://bogus-simotukare.hatenadiary.jp/entry/2019/09/08/223627)ですが「荒木の例の暴言」については出てこないのでリンクの張り間違いではないかと思います。恐縮ですがご確認いただければと思います。
Unknown (jazirat_sina)
2019-09-18 18:57:56
官邸主導とほざく暇あるなら、さっさと北朝鮮に行って来い!と思うのは私だけですかね。

しかし、この拉致問題。

私はそれなりの関心を持っていますが、世間一般で関心のある人は、もはやほとんどいないに等しいでしょう。そんな“票”に結びつかない件に安倍が食いつくのも不思議ですが、結局は世論向けパフォーマンスなのでしょうね。何はともあれ、「家族会」の集会に出席し、声明なり、寝言なりをほざいとけば、「何かをしている」振りはできますし、ことに詳細を知らない人から見ると、安倍が「頑張っている」ようにも見える。事実、私もある人に「安倍がいなけりゃ解決できない」と言われたことがあります。結局、世間はそういう認識であり、もっと酷なことを言えば、「家族会」は安倍の支持率アップの為の道具なのでしょう。

しかし、「家族会」も本当に軌道修正を考えないと。あと、巣食う会や櫻井など、自称“保守”の放逐もね。既に小泉の訪朝から17年以上の月日が流れています。17年間も何の進展もないというのは、全く尋常ならざることです。さすがに「家族会」のメンバーも現実を理解していると思いますが、あの肥溜めのような連中に引っ張られ、もはやずぶずぶとなり、手を切ることなどできない。そして更には世論の関心も低く、結局、金と権力の動きだけは目聡いコウモリのようなゴミ連中しか頼る奴がいないというところでしょうか?

全く散々ですね。

せめてメディアや野党が突っ込みまくればいいのですがね。しかし、昨今の日韓関係であの無残な有様ですから、期待するだけ無駄というものです。拉致問題は全てが行き詰まり、全てがどうしようもない状態に陥ってると思います。誰の責任かとなれば難しいですが、「家族会」の責任が重いことは否定のしようがありません。もっとも、蓮池透さんを「追放」した時点で、その結果は見えていたのかもしれませんけどね。
>bogus-simotukareさん (Bill McCreary)
2019-09-18 21:16:59
ご指摘ありがとうございます。リンクを修正しました。

それにしてもこの荒木の暴言は何回読んでも腹が立ちますね。てめえらの仲間の誰が、金大中氏以上の成果を上げているんだです。で、この荒木の暴言を読むのを嫌がった野原さんも、荒木の同類なんでしょうね。まったくどうしようもない。
>jazirat_sinaさん (Bill McCreary)
2019-09-18 21:23:46
>私はそれなりの関心を持っていますが、世間一般で関心のある人は、もはやほとんどいないに等しいでしょう。そんな“票”に結びつかない件に安倍が食いつくのも不思議ですが、結局は世論向けパフォーマンスなのでしょうね。

同感ですね。前は、北朝鮮関係の記事を書くと、レイシズム的な誹謗中傷も受けましたが、今はそんなもの皆無ですね。

>「家族会」の責任が重いことは否定のしようがありません。もっとも、蓮池透さんを「追放」した時点で、その結果は見えていたのかもしれませんけどね。

私もそう思います。蓮池透氏を会から追い出した時点で戻れない一線を越えましたね。もう巣食う会との関係を断ち切ることはできないでしょう。まさに致命的でした。
Unknown (ミント)
2019-09-20 18:37:59
いつも楽しく拝見しております。
トランプのカモの安倍さん、強硬派のボルトンさんが退任する事になったので焦ってるんですかね。
オウムのように毎回同じことばかり言って何の進展も無し。
巣食う会メンバーも意味不明です。
国から助成金でも貰ってるんですかね。
ちなみに「拉致された可能性のある特定失踪者」の中には日本国内で見つかったというケース多々ありますよね。
こういう都合の悪い情報はメディアではあまり報じないのですね。
隠蔽、改ざん、不正、忖度・・・何でもありのこの国がよその国やそのメディアを面白おかしく報じ叩く。
嫌なご時世になりましたね。
話を戻しますが、もし自分の家族が確実に北朝鮮にいると判ったら、寺越武さんの母親のように何十回、何百回と足運びますよ。
死亡認定されてても行きますって。
どのように生きて来たのか自分の目で確認したいですから。
それが肉親の情というものではないでしょうか。
それを「北朝鮮に利用されるだけ」だの「帰って来られなくなる」だの屁理屈ばかりこねて反北キャンペーンに勤しんでるこの国と巣食う会には疑問しか湧いてきません。
Unknown (nordhausen)
2019-09-20 20:40:35
安倍首相が官邸主導でというのなら、圧力一辺倒路線を本気で改めないと永久に進展しないと思いますけどね。救う会の主張はあまりにも非現実的だと感じますが、その一方で、中国や韓国と関わったら本当にろくなことがないと思っている人は少なからずいるのでしょう。石平氏に至っては、「結論!朝鮮半島に関わってはいけない」という本を飛鳥新社から出していますからね。
>ミントさん (Bill McCreary)
2019-09-21 06:41:17
はじめまして。コメントありがとうございます。

>トランプのカモの安倍さん、強硬派のボルトンさんが退任する事になったので焦ってるんですかね。

安倍の建前からすれば強硬派でなく対話はのほうが都合がいいはずですが、安倍も確固たる方針があるわけでもなさそうですからねえ(苦笑)。対米追従ということになるでしょうが、巣食う会あたりは明らかに不満でしょうね。

>ちなみに「拉致された可能性のある特定失踪者」の中には日本国内で見つかったというケース多々ありますよね。
こういう都合の悪い情報はメディアではあまり報じないのですね。

私の知る限り、発見されたときに報じてそれでおしまいですね。まかり間違っても現在の段階では、「特定失踪者なんて北朝鮮と関係ないじゃん」なんて報道はされません。

>話を戻しますが、もし自分の家族が確実に北朝鮮にいると判ったら、寺越武さんの母親のように何十回、何百回と足運びますよ。
死亡認定されてても行きますって。
どのように生きて来たのか自分の目で確認したいですから。

おっしゃる通りだと私も思います。北朝鮮当局と交渉を外務省にしもらえば、拉致被害者の働いていたところ、指導員、同僚、近所の人、有人、仲間ほかとも訪問したり面談できるかもしれない。行ってプラスにはなってもマイナスにはなりません。寺越さんのお母さんだって、定期的に北朝鮮訪問をしていることによって、息子さんの身柄を守っているところもあるわけです。

>それを「北朝鮮に利用されるだけ」だの「帰って来られなくなる」だの屁理屈ばかりこねて反北キャンペーンに勤しんでるこの国と巣食う会には疑問しか湧いてきません。

ですよねえ。たとえば家族会は、日本政府が北朝鮮に連絡事務所を置くことすら反対します。それ別に、北朝鮮の体制に好意的とかそういう話ではないのですが、ともかく反対する。あらゆる北朝鮮との接近に反対するということなのでしょうが、そういうことを言ってどうして拉致被害者が生存じているとして帰国できるかです。お話にもなりません。
>nordhausenさん (Bill McCreary)
2019-09-21 06:44:20
>その一方で、中国や韓国と関わったら本当にろくなことがないと思っている人は少なからずいるのでしょう。石平氏に至っては、「結論!朝鮮半島に関わってはいけない」という本を飛鳥新社から出していますからね。

安倍政権がそういう連中をブレーンにしたり絶対的な支持を受けていますからね。もちろん安倍は現役の政治家で首相という立場ですからそういう連中の行っていることをそのままうけいれるわけにはいきませんが、安倍の心の中は、やはり連中と同類なんでしょうねえ(苦笑)。でなければ、さすがに韓国に対していまどきこういう措置は取らないでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。