ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

クイズ(回答編)

2021-04-12 00:00:00 | 映画

みなさんおわかりかもですが、答えを。なおドラマは、1973年6月18日放送の、『刑事くん』第2部第10話です。

はい、竹下景子です。彼女は1953年9月15日生まれですから、撮影当時19歳ですかね。出演作品を見てみますと、彼女は73年頃にはすでに売れっ子でしたね。同じドラマの他の写真を。なお上の写真は、1975年1月号の雑誌ですので、撮影は74年でしょう。

彼女のスカートの短さは時代ですかね。顔のアップが多いのは、多分ですが、彼女の美しさを強調しようという監督の狙いではないかと思います。

なおこの『刑事くん』は、当時主演の桜木健一(最後の写真の後ろのスーツ姿が桜木氏です。念のため)が一世を風靡した人気者だったこともあってゲストが豪華で、第2部だけでも第3話に郷ひろみ、第4話に森昌子山口百恵、第6話に松坂慶子、第25話に西城秀樹、第27話に岡崎友紀など大物(あるいは、後に国民的な人気者になった人)が出演しています。同僚で、三浦友和がでているのもポイントです。またTBS側(東映の制作)のプロデューサーに、並行して放送していたウルトラシリーズのプロデュースをしていた橋本洋二氏が担当しているせいもあって、ウルトラシリーズに関係する人たちが目立って出演しています。たとえばオープニングクレジットと第17話のゲストとして、篠田三郎氏が登場しています。彼は、同じ1973年に『ウルトラマンタロウ』の主演でした。そういったことも、今後追って記事にしていきたいと思います。

これからも「お」と思った人を取り上げます。なお写真は、(たぶん)2020年の彼女。でどころは、こちら。あ、今回は、「映画」より「美女探求」のほうがいいのでしょうが、「映画」のカテゴリーの記事を増やしたいので、「映画」の記事とします。


コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« この女優は誰? | トップ | 生活保護受給者の闇の部分を... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Rawan)
2021-04-12 14:52:39
ドラマは『刑事くん』でしたか!懐かしいなぁ。
竹下景子さんが出ていたとは知りませんでした。
というか『刑事くん』に、そんな売れっ子たちが出ていたのですね。見ていたはずですが、大昔なのでまったく覚えていません(笑
『刑事くん』の第一部は、「かあさん、辞令だ!刑事になったよ」と桜木健一が家へ駆け込んで来るのがドラマのオープニングで、そこから主題歌が始まります。
第二部も、何かセリフを言って始まるのですがちょっと忘れました(「かあさん、行ってきます」とかなんかだったか…)。

>当時主演の桜木健一(最後の写真の後ろのスーツ姿が桜木氏です。念のため)が一世を風靡した人気者だったこともあって

ちなみに、桜木健一が名を馳せたのは、当時はやりだした所謂スポコン漫画のドラマ化『柔道一直線』だったはずで、ここでのライバル近藤正臣がピアノの鍵盤に立って、足の指でピアノを弾くという離れ業はオールドファンには有名なシーンです(笑。
「地獄車」「二段投げ」など、梶原一騎らしい必殺技のオンパレードにわくわく楽しんだものです(というか、スポコン物はジャンルに関係なく「必殺技」が当時も今も定番ですね)。

それから、竹下景子さんですが、私は3度マドンナとして出演したうちの1作目の『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』の彼女が印象に残っています(作品も好きなので)。
>Rawanさん (Bill McCreary)
2021-04-12 22:20:56
実はこの番組を観ていて、彼女の名前をクレジットで見つけて、「お!」と思ったのでさっそく記事にしたしだいです。『刑事くん』は、ちょっと私は、見ることができない年齢でしたので、新鮮な目で見ることができます。

>当時はやりだした所謂スポコン漫画のドラマ化『柔道一直線』だったはずで

この間取り上げた『ミラーマン』に主演した石田信之氏も『柔道一直線』で名をあげたわけで、けっこう桜木氏がらみで人気の出た俳優は当時多かったと思います。

>竹下景子さんですが、私は3度マドンナとして出演したうちの1作目の『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』の彼女が印象に残っています(作品も好きなので)。

年がわかっちゃいますが、私には『クイズダービー』のお姉さんです。
Unknown (Rawan)
2021-04-13 01:16:47
確か『刑事くん』は、殉職した警察官だった父親の跡を継いだ、母親思いの刑事でしたよね。
『柔道一直線』も『刑事くん』も桜木氏が主題歌を歌っていましたし、本当に一世を風靡した人気俳優でしたが、小柄でキャラが強いこともあり、いわゆるイケメン俳優としての役柄に恵まれず、個人的には以降、数年間の単発作品や脇役でしか見なくなってしまいましたね。

>私には『クイズダービー』のお姉さんです。

『口笛を吹く…』は、劇場でリアルタイムに見たわけではないので、そこは私もそうです(笑
>Rawanさん (Bill McCreary)
2021-04-13 19:30:52
>小柄でキャラが強いこともあり、いわゆるイケメン俳優としての役柄に恵まれず、個人的には以降、数年間の単発作品や脇役でしか見なくなってしまいましたね。

そうですね。本来なら脇役俳優としてもっと活躍してほしかったのですが、個性の強さがこの件では災いしましたかね。

竹下さんもヌードにもなったようですから、彼女くらいの年齢(70年代~80年代に20代だった人)の女優さんは、ヌードになった人が多いですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。