ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

北京・天津紀行(2014年12月~2015年1月)(17)(10月14日発表)

2019-10-16 00:00:00 | 旅(中国本土ー広州・深圳以外)

さらに歩きます。

目的の店が近くになりました。

このあたりが、目的地のはずです。

こちらのレストランです。

おいしくいただきます。

 

歴史のある店なので、写真もあります。

 

店を出ます。

目的地は・・・

こちらです。そう、円明園です。

なかなか面白い意匠です。さすが円明園の駅ということですかね。

チケットを買います。

あまり人は多くなく閑散としています。

 では中に入ってみましょう。

(つづく)

コメント   この記事についてブログを書く
«  北京・天津紀行(2014年12月... | トップ | 北京・天津紀行(2014年12月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。