ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

今年の年末年始の旅は、けっきょく韓国になった(ソウルにはいかない方針、関空⇔釜山の航空券を購入)

2019-11-01 00:00:00 | 旅(韓国)

今年の年末年始の旅は、昨年が福岡県の旅だったので、海外に行くことに決めていました。

それで、オーストラリアかバングラデシュに行くつもりだったのですが、遺憾ながら予算ほかの問題があるので、LCCで関空⇔釜山の航空券を買いました。これなら格安で渡航できます。

というわけで、南半球デビューは、2020年以降になりそうです。来年の夏休みはオリンピックを見たいと考えていますので、となると大がかりな旅行は難しいので、台湾か中国あたりに2泊3日の旅行になるかな。南半球にチャレンジするとしたらたぶん年末年始ですね。

そしてタイトルにも書きましたように、今回はあえてソウルには立ち寄らないことにしました。11月の韓国紀行でソウルに行く予定なので、ショッピングほかソウルでやりたいことはその時に済ませたいと思います。

今まで何回も韓国に行っていますが、ソウルにまったく足を踏み入れなかったのは2000年に福岡からジェットフォイルで釜山まで往復した時です。この際は、釜山と慶州にそれぞれ1泊しただけでした。その後慶州には行っていませんので、これは今回約20年ぶりくらいに行ってみようかな。

韓国だから勝手は知っています。今回は初日の出を釜山で迎えることになりそうです。2000年以来初日の出は観ていないので、今回20年ぶりに経験しようか。起きられるかもわかりませんが、ただ釜山ですので韓国の東ですが、日本よりは観るのは有利ではあります。時差がなくて西だから、朝日が昇るのは遅い。いずれにせよカウントダウンは、釜山で経験することになります。

どうも行くところのスケールがここ数年小さくなっているような気が無きにしも非ずですが、でも韓国を旅するのは楽しいことです。読者の皆さまも、年末年始を自宅以外のどこかで過ごされてはいかがでしょうか。

コメント (4)