ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

ポメラは、私のような人間にはかなり有効なガジェットだと思う

2019-09-12 00:00:00 | Weblog

私はITとかパソコンとかネットとかスマートフォンその他についてあまり知識がないので、ガジェットとかにも詳しくないのですが、7月末にこのようなものを買いました。写真は、発売している会社のHPより。

キングジムが発売している「ポメラDM30」です。テキスト入力に特化したマシンです。ネットには接続できません。

大きさもさほどでなく、重さは電池挿入(そう、充電式でなく単三乾電池2個をいれます)で500gを超えるくらい。これは以前の機種と比べるとだいぶ重くなったようですが、私個人としてはさほどでもありません。

ポメラというのは、2008年に発売されましてその後製品の改良やチェンジが進んでいます。キーボードが折り畳み式のものとストレートキーボードタイプがあって、前者が最後の数字が2桁、後者が3桁です。DM30は、昨年発売された最新型です。

それで私がこれを買った理由は、主に2つです。最大の理由は、これが安かったからです(苦笑)。

2018年5月発売の際の希望小売価格は、こちらによると税抜き43,000円、価格comの最安値が5月24日時点で41,696円(たぶん税込み)だそうで、これではちょっと手を出す気がしません。が、これを買った7月下旬は、17,980円でした。買うと決めた日に価格comで一番安かった店舗です。

私が買ったのは上野近辺にある某店舗でした。つまり一般の量販店ほかよりはいろいろな手法で安いのはわかりますが、現在Amazonですらかなり安く買えます。つまりは相当に値崩れしているということです。ってことは、ユーザーからあまり評判がよくない、売れ行き不振ということでしょう(苦笑)。

それで次なる理由は、これは旅先でのメモ他への活用です。私は、2012年から毎日日記をつけていまして、2014年からは2日前日記というのを書いています。それで今日までだいたい毎日書いていますが、やはり旅行の際は書く道具がないのでなかなか面倒でした。タブレットあるいはスマートフォンにブルートゥースのキーボードで書くのもいいですが、それは旅先では荷物になる。ノートPCも荷物になりすぎる。もちろんスマートフォンに直接書き込んでもいいのですが、私はけっこう長い文章で日記をつけるので(基本私は記録魔です)、これはあまりにわずらわしいにもほどがあるというものです。

そうこう考えて、どういう方法が一番自分のストレスが少なくて日記を書けるかなと考えていたら、このポメラを購入するのがいいという結論に至りました。上にも書いたように、私はこの種のガジェットについては全くの情報弱者ですのでポメラなんてものもよく知らなかったのですが、昨年執筆した記事で引用したのですが、山本弘のこちらの記事を読んで、ちょっと興味を感じたのです。

> 妻に頼んで愛用のポメラ(キングジムの小型文章作成機械)を持ってきてもらった。いつも持ち歩き、喫茶店などで小説の下書きをするのに重宝しているマシンだ。

これを旅先にもっていけば、電車の中、飛行機の中、高速バスの中、その他さまざまなところでいろいろな執筆ができると考えたわけです。これを読んだのが昨年の10月ですから、ほぼ9か月後にようやく購入にいたりました。山本の持っているポメラの型がどれかは不明ですが、さすがに中古を買う気はしなかったので、最新型を書くことにしました。今新品で売っているのはDM200とDM30ですが、安いのとコンパクトだということで、後者にしました。安いというのがやはり最大のポイントかな(苦笑)。

それでポメラ自体は、購入後すぐに使い始めましたが、最初の旅先としてミャンマー旅行の際ではいろいろ便利でした。飛行機のなかやホテル、カフェで書ける。これはほんといいですね。かさばらないし、非常にいい。先日行った、京都アニメーションほかでの旅でもたいへん活躍してくれました。

私個人は、この機種に大変満足したのですが、値崩れしていることからわかるように、DM30はあまり人気があるとは言えないようです。乾電池の使用による電源というのはやはり賛否があろうかと思います。今どき充電式が当然だろうと。乾電池でも、今の時代コンビニですぐ買えますが、このあたりは評価が分かれそうです。

あと誤変換は「どうもなあ」ですね。なぜか「この」と入力すると「庫の」と変換されたり(なぜ? 私は誤変換した記憶はないですが)、ちょっとひどい変換が散見されます。私は通常文章をわりあいこまめに変換するようにしていますので、そういう点ではまだいいですが、長い文章を書いて変換するとかなり「おいおい」という事態になりそうです。

またキーボードがそんなに大きくないので、やはり誤入力が多いところはあります。これはコンパクトさとトレードオフの部分があるので仕方ないかもです。下に参考動画をはりつけておきます。

デジタルメモ「ポメラ」DM30を使ってみた

ただこのような道具があれば、通勤時にもカバンに入れて荷物にならないし、職場の休み時間でもいいし、また帰りにファミリーレストランとかカフェでそれを書くのも容易です。私のように、日記からブログの記事など大量のテキストを書く人間にはありがたいものだと思います。現在の機種はあまりよくないのかもですが、故障したら今後もまたこれ(あるいは似たような他機種)を購入するのだろうなと思います。自宅にいるのならPCのメモ帳で書いてWordの日記(私の日記は、日記ソフトとかでなくWordにひたすら書くだけのものです)にコピペするのが一番面倒がないですが、ポメラで日記を書いてそれを移すのもいいものです。なおDM30は、データを移動するのは、WiFIとかで直接は移せませんので、iPhoneのアプリでQRコードに変換(アンドロイドのアプリは現在ないとのこと)するとか、USBコードを接続する(私はこれを使っています)、SDカードを使うといった方法があります。またFlash Airを使うこともできます。自分に都合のいい方法でやればいいでしょう。

またポメラは、ケースが別売りでありまして、純正品でなくまがいものを購入したのですが、現状ついていた袋に入れています。個人的にはこれで十分です。いや、セキュリティの面ではよくないのかな?

ポメラでなくてもクロームブックがいいという人もいるし、いずれにせよ人間自分に都合のいいものを持つことがいいのだと思います。これからはこれを活用して旅記事ほかを充実させたいと思いますので乞うご期待。

コメント