ライプツィヒの夏(別題:怠け者の美学)

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

紺野美沙子も、昔ほどの美人ではもはやない

2019-08-07 00:00:00 | 美女探求

先日JR某駅で見かけたポスターを。

残念ながら紺野美沙子も、昔ほどの美人じゃすでにないですね。来年60歳だから、しょうがありませんが。

昔、理想とする女性はどんな女性かと考えて、美人で背が高くて髪の毛が長くて色白で頭がよくてやせている人という結論を出しました。そんな女性いるかなあと考えていたら、いました、彼女です。

美人だし(すごい美人だと思います)、背は高いし(167㎝)、髪の毛は長いし(ショートほりロングが似合う人です)、色白だし、頭はいいし(慶応義塾大学文学部をご卒業)、やせています。いやあまさに理想の女性です。

余談ですが、彼女は、しばらく前に残念な事件のあったカリタス小学校のご出身のようですね。相当心を痛めたことでしょう。

ただ彼女も、女優としてはいま一つ突き抜けられなかったように思います。現在も活動していないわけではありませんが、ややパンチに欠けるところがあったのでしょう。大学(学部は違う)の先輩である檀ふみに近いところがあるかも。なお彼女も、身長170㎝の長身です。

檀ふみについては、最近「青春の蹉跌」を観て、お、彼女もなかなかいいじゃんと思ったわけです。もっともあの映画では桃井かおりのほうが印象は強烈でした。これも仕方ないところではあります。

だいぶ話が飛びましたが、実は紺野美沙子は、セクシー系の写真もありますので、近いうちにご紹介しますから乞うご期待。

コメント (4)