◆PROVE◆

移転しました。(06/09/05)  →http://prove07.blog48.fc2.com/ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

移転のお知らせ

2006-09-05 | 日記
◆PROVE◆は本日、移転しました。

こちら→ http://prove07.blog48.fc2.com/ 


移転先でも、どうぞよろしくお願いします。
こちらのブログも当分そのままにするつもりです。

相互リンクさせて頂いている方のところへは、これからご挨拶に向かいます!


06/09/05 蓮水沙綾@管理人

この記事をはてなブックマークに追加

読了本リスト 8月

2006-09-02 | 本・漫画・アニメ

早いものでもう9月ですね。
さて、8月の間に読んだ本を、読み終えた順で以下に羅列。タイトル、作者名、一言感想となってます。感想が「済」となっている本は、すでにこのブログ上でレビューしたものです。興味がありましたら今月の過去ログを覗いてみてくださいませ。では、どうぞ~

『100万回生きたねこ』佐野洋子:いわずとしれた名作絵本。でも実は初めて読みました。ストレートにぐっときました。
『薔薇の灰は雪に』響野夏菜:済
『三四郎はそれから門を出た』三浦しをん:済
『アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』西尾維新:済
『DIVE!! 上』森絵都:再読。相当好きな本。
『DIVE!! 下』森絵都:同上。完全に計算され尽くしたような構成が圧巻。とにかく面白い!
『アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』西尾維新:済
『デュラララ!!×3』成田良悟:謎を残しつつも気持ちのいい決着が(一応)ついています。好き。そして、シズちゃんラブ!
『はやわかり!ライトノベル・ファンタジー』榎本秋:うーむ。はやわからないかも(汗)
『八月の路上に捨てる』伊藤たかみ:済
『BLOOD+ ロシアン・ローズⅠ』漲月かりの:小夜とハジの関係にやきもき。話にはあまり乗り切れず。
『ドリームバスター3』宮部みゆき:済
『オリエント急行とパンドラのケース』はやみねかおる:済
『氷菓』米澤穂信:済
『哲ねこ七つの冒険』飯野真澄:済
『愚者のエンドロール』米澤穂信:氷菓に続く古典部シリーズ第二弾。そつなく面白い。米澤さんの本は中身は勿論、タイトルもとても魅力的だと思います。
『MewMew!』成田良悟:シリーズの2冊目から読むのはやはりマズかったか…(おい)。
『伊佐と雪~やさしいよる~』友谷蒼:思いがけず当たりでした!玄太郎の可愛さに和みます。伊佐も雪も好き。…薬屋探偵好きな方ならツボにくるのでは?(デジャブるかもしれませんが)

以上18冊。
…18。数字にも表れてますが、久々に「読んだ!」って感じのする月でした。夏休み万歳。

えーと。これから以前からお知らせしていたブログ移転準備に取り掛かります。次の更新時に正式告知予定です。よろしくお願いいたします。


この記事をはてなブックマークに追加

『哲ねこ 七つの冒険』

2006-09-01 | 本・漫画・アニメ
飯野真澄/NHK出版


読みたい買いたいとずっと言っていた本。やっと購入のち読了です。
青を基調にした素敵な表紙が目印。

哲学ファンタジー、という一風変わったジャンル。
哲学と書くとなにやら難しそうな印象がありますが、この物語ではまったくそんなことはありません。むしろ、心の中にストンと気持ちよく入ってきました。
親(ママ)と子(ミルル・小2)と不思議で魅力的な猫たちが織り成すストーリーは色鮮やかで、まさに七色のきらめきを感じました。彼らがそれぞれ<冒険>しながらそれぞれの真理を見つけ出していきます。

主観ですが、親と子の関係や自分自身や生きる意味を見つめ直し考えさせられた思いがします。
私は「親」ではありません。かといって「子ども」とかというと、そうでもないような年頃です。今こうして読んで感じたことを忘れずに、いつか「親」になるときがきたら、「子」と一緒にまた読めたら素敵だなと思いました。

心が綺麗になれそうな温かく、奥深い物語。年齢問わず、お薦めしたい一冊です。

この記事をはてなブックマークに追加

雑記

2006-08-29 | 日記
こんばんは。ハンカチ王子ってネーミングはどうかと思っている管理人です。
プロ野球に関しては、日本ハムの底力と勢いに期待中。…巨人?…来シーズンの展望を占いましょうかね(苦笑)

そういえば、携帯から更新すると記事カテゴリが全部「日記」に なってしまうんでした。後でこっそり直します(汗)。トラバ返しやスパムトラバ削除もしたいんですが、しばしお待ちを。
ブログ移動も、しばしお待ちを。
…ひぃ。もう9月間近!

この記事をはてなブックマークに追加

本×2

2006-08-28 | 本・漫画・アニメ
またまた読了本レビュー。

『オリエント急行とパンドラのケース』はやみねかおる‥難しい箱の字(函ではなく)を書いてケースと読みます。<タイトル
名探偵な教授と怪盗クイーンの共演!わくわくドキドキの赤い夢の世界にどっぷり浸れました。

『氷菓』米澤穂信‥この間の電車旅のお供だった一冊。相当に面白かったです!古典部という奇妙(?)な部活の仲間たちが織りなす青春ミステリー。ほんのりビターな味付けがポイント。「氷菓」の謎解きには痺れました…!ミスリード誘われまくりでした。

この記事をはてなブックマークに追加